さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

平和安全法制

自衛隊の存在をどう受けとめるか -元陸上自衛官の思いから憲法を考える-


自衛隊の存在をどう受けとめるか -元陸上自衛官の思いから憲法を考える-
末延 隆成 飯島 滋明 清末 愛砂

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
元陸上自衛官が、書かされた遺書、捕虜の扱いや治安出動訓練、災害救助などの実態を明らかにして、安保法制反対を訴えた。この発言を収録し、一自衛官の思いから自衛隊の存在と憲法との関係を考える。

私たちは戦争を許さない -安保法制の憲法違反を訴える-


私たちは戦争を許さない -安保法制の憲法違反を訴える-
安保法制違憲訴訟の会

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自らの戦争体験、あるいは職業経験・信条、知見から発せられる、安保法制に対する批判の声…。安倍政権が強行に成立させた安保法制の憲法違反を訴え、立ち上がったさまざまな立場の市民たちの強い意志を伝える。

南スーダン、南シナ海、北朝鮮 -新安保法制発動の焦点-


南スーダン、南シナ海、北朝鮮 -新安保法制発動の焦点-
自衛隊を活かす会 柳澤 協二 伊勢崎 賢治 渡邊 隆 モハメド・オマル・アブディン 泥 憲和 谷山 博史 加藤 朗 太田 文雄 津上 俊哉 石山 永一郎 蓮池 透

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新安保法制は日本と世界の平和に寄与するのか。南スーダン、南シナ海、北朝鮮という、新安保法制が発動される焦点となる事例を取りあげ、防衛省幹部や研究者、紛争処理を手がけてきた実務家らがそれぞれの立場から論じる。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ