さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

幻冬舎時代小説文庫

標的(幻冬舎時代小説文庫 か-48-3 追われもの 3)


標的(幻冬舎時代小説文庫 か-48-3 追われもの 3)
金子 成人
幻冬舎時代小説文庫 追われもの

予約数: 7
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
嫁と情夫に家業をつぶされて以来、行方知れずとなった兄・佐市郎を救うため、島抜けを果たした丹次。懐かしい兄の絵に似た忘れ草の刷り物を見つけ丹次に光明が差す。一方で兄嫁・お滝の居所について思わぬ話が舞い込み…。

恋女房-飛猿彦次人情噺(幻冬舎時代小説文庫 と-2-41)


恋女房-飛猿彦次人情噺(幻冬舎時代小説文庫 と-2-41)
鳥羽 亮
幻冬舎時代小説文庫

予約数: 16
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
妻子持ちのしがない屋根葺き・彦次の正体は、少しの金を頂く代わりに縁起物の絵を残す手口が市中で話題の怪盗「飛猿」。彦次の正体をただ一人知る老剣客・玄沢と、濡れ衣を着せられた残虐な強盗殺人の下手人を捜し始めるが…。

墨の香(幻冬舎時代小説文庫 か-50-1)


墨の香(幻冬舎時代小説文庫 か-50-1)
梶 よう子
幻冬舎時代小説文庫

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸時代後期。嫁ぎ先から理由もなく離縁され、心機一転、筆法指南所(書道教室)を始めた女流書家・岡島雪江。ある日、元夫の森高章一郎が「ある事件」に巻き込まれたことを知り…。

若旦那隠密 4(幻冬舎時代小説文庫 さ-34-6) 門出


若旦那隠密 4(幻冬舎時代小説文庫 さ-34-6) 門出
佐々木 裕一
幻冬舎時代小説文庫

予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
表の顔は大店の若旦那。裏の顔は公儀隠密。塩の買付のため四国高松に向け出帆した藤次郎だったが、将軍の密命を察した刺客が幾度も現れ、更に身内の裏切りも発覚し…。伝来の必殺剣で窮地を脱せるか? シリーズ完結。

詭計の理


詭計の理
上田 秀人
幻冬舎時代小説文庫 町奉行内与力奮闘記

予約数: 59
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
政争に敗れた元筆頭与力の凶行から甲斐守を救った内与力・城見亨。だが、南町奉行がこの醜聞を利用して甲斐守を蹴落とそうとしていた。怒りに駆られた甲斐守は幕政改革にも通ずる秘策を実行に移すが…。

居酒屋お夏 9


居酒屋お夏 9
岡本 さとる
幻冬舎時代小説文庫

予約数: 30
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いぶし銀の働きでお夏を支える料理人の清次が、哀しき母子との交流を人知れず深めていた。女の亭主は理由あって旅に出ているのだという。やがて旅帰りした亭主と対面した清次は、その男に好感を抱くが…。

ぬりかべ同心判じ控


ぬりかべ同心判じ控
倉阪 鬼一郎
幻冬舎時代小説文庫

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
身の丈六尺(約180cm)、横幅も充分。ぬりかべの如き北町奉行所の定廻り同心・甘沼大八郎が、怪事件のからくりを名推理で解く。「仏罰の鳥を追え」「最後の大奇術」など全5話を収録。

成就


成就
鳥羽 亮
幻冬舎時代小説文庫 孫連れ侍裏稼業

予約数: 18
予想待ち時間: 9か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仇の一人を討ち取った伊丹茂兵衛と松之助は残る男の行方を追う。だが、茂兵衛に与する亀沢藩下目付の同僚が何者かに斬殺された。事件の裏には国元で暗躍する黒幕の影が。藩内抗争はやがて思わぬ展開を見せ…。シリーズ完結篇。

孤狼


孤狼
金子 成人
幻冬舎時代小説文庫 追われもの

予約数: 8
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
丹次は、自分にいつも優しかった兄の窮状を知り、八丈島から決死の覚悟で島抜けした。ようやく着いた江戸で、兄や、家業を潰した兄嫁らを捜すが、追われ者の身ではままならない。そんな折、ふと懐かしい悪友の顔が浮かび…。

怪盗鼠推参 3


怪盗鼠推参 3
稲葉 稔
幻冬舎時代小説文庫

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
表の顔は米問屋の居候、裏の顔は二代目鼠小僧の百地市郎太。旗本屋敷に忍び込んだ時分に残忍な殺しが発生し、町方の大谷木から下手人の疑いをかけられてしまう。そもそも大谷木は市郎太を鼠小僧ではないかと怪しんでいて…。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ