さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

建築

ロゴスの建築家 清家清の「私の家」 -そして家族愛-


ロゴスの建築家 清家清の「私の家」 -そして家族愛-
松野 高久

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
建築家・清家清の評伝。戦後の最小限住宅として注目された自邸「私の家」を題材に、彼の言説、本や映像、記録を通して、建築に対する考え方から宗教、死生観、食事の好み、ライフスタイル、家族への思いまでを明らかにする。

極秘諸国城図図版集 -松江歴史館蔵-


極秘諸国城図図版集 -松江歴史館蔵-
松江歴史館

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

ゴシックの匠 -ウィトルウィウス建築書とルネサンス-


ゴシックの匠 -ウィトルウィウス建築書とルネサンス-
アンドレアス・グローテ 柳井 浩 岩谷 秋美

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ヨーロッパ各地の華麗な大聖堂や壮大な城、堅固な要塞は、いかに建設されたか。ウィトルウィウスの再発見から、中世・ルネサンスにおける棟梁の修業課程や建築術、社会システム、軍事・測量術まで、豊富な図面と共に解説する。

ヤバいビル -1960-70年代の街場の愛すべき建物たち-


ヤバいビル -1960-70年代の街場の愛すべき建物たち-
三浦 展

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自由で破天荒な1960〜70年代のビル。船のデッキを思わせる屋上、階段室に丸窓など、欧米のデザインの影響を受け独自発展した、高度経済成長期における東京のオフィスビル、商業ビル、マンションなどを中心に紹介する。

構造用教材


構造用教材
日本建築学会

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
木質、鉄骨、鉄筋コンクリート、PC、合成、組積・プレキャスト組立床、シェル・空間など、各種構造の形式から代表的な構造の全貌図、各部詳細図、派生的な構造までを掲載したテキスト。

石垣の名城完全ガイド


石垣の名城完全ガイド
千田 嘉博
The New Fifties

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
巨石を多用した天下人の城「江戸城」、最初期の石垣が見られる「観音寺城」…。日本の城の石垣に注目し、代表的な石垣の城や、その見方などを紹介。石垣の構造の最新の調査方法や研究成果も、写真や図と共に掲載する。

ソニーは銀座でSONYになった -銀座ソニービル物語 盛田が挑んだ日本企業初の“ブランド戦略”-


ソニーは銀座でSONYになった -銀座ソニービル物語 盛田が挑んだ日本企業初の“ブランド戦略”-
宮本 喜一

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ビルの大半にショールームの機能を持たせた、当時の日本としては前例のない試み。建築費32億円。ソニーにとっては失敗の許されない一大プロジェクトだった…。ソニービルの開業と、日本企業初のブランド戦略を辿る。

ル・コルビュジエがめざしたもの -近代建築の理論と展開-


ル・コルビュジエがめざしたもの -近代建築の理論と展開-
五十嵐 太郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界文化遺産登録のル・コルビュジエ作品群は、絢爛としてわれわれを挑発しつづける-。建築史・建築批評の第一人者が、ル・コルビュジエを中心に、近代の建築家とその作品、並びに歴史と理論について執筆した論考を収録する。

白井晟一の原爆堂 四つの対話


白井晟一の原爆堂 四つの対話
岡崎 乾二郎 五十嵐 太郎 鈴木 了二 加藤 典洋 白井 昱磨 白井 晟一

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1955年に立案されながら実現されなかった白井晟一の「原爆堂」は、3.11以後の世界に何を問うのか。白井の思想や言葉を手がかりに、「原爆堂」の今日的な意味を4人の識者との対話から探る。

欧米の建築家 日本の建築士 -Architect≠Kenchikushi-


欧米の建築家 日本の建築士 -Architect≠Kenchikushi-
戸谷 英世

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の住宅建築がスクラップ・アンド・ビルドを繰り返してきたのは、人文科学的な知識を無視した明治・大正期の建築教育にあることを多角的に考察。わが国が取り組むべき建築教育、住宅建築設計、都市計画のあり方を詳述する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ