さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

建築

木のぬくもりが生きるマテリアル-廃プラスチック+住宅廃材で資源循環型社会をつくる


木のぬくもりが生きるマテリアル-廃プラスチック+住宅廃材で資源循環型社会をつくる
鈴木 淳

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
未利用廃木材と資源回収に出された廃プラスチックで生産される再生木材「ハンディウッド」が誕生した背景、建材としての強みや特徴、工業製品として優れている理由を紹介。持続可能な社会を実現するためにできることを伝える。

思想家と建築デリダ


思想家と建築デリダ
Richard Coyne 松井 健太

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
デリダはデコンストラクティヴィズム(脱構築)の概念で広く知られている。実作品や建築家の名を挙げながら、どのように建築家に受け入れられ、デザインとして昇華されていったのかを、わかりやすく解説する。

昇降機工学


昇降機工学
藤田 聡 釜池 宏 下秋 元雄 皆川 佳祐 日本建築設備・昇降機センター 日本エレベーター協会

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昇降機の基礎的な事項をまとめた専門書。昇降機に欠かせない機械や電気、制御、情報といった基盤工学や、耐震設計などの建築に関する知識を体系的に解説する。諸問題の解決や新たな開発に役立つ。

図説精読日本美の再発見-タウトの見た日本


図説精読日本美の再発見-タウトの見た日本
ブルーノ・タウト 篠田 英雄 沢 良子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
タウトが日本に発見したものとは何だったのか。その思想と美学に迫る6篇を新たな角度から読み解く。ドイツの建築家ブルーノ・タウトが著した「日本美の再発見(増補改訳版)」の本文に注釈を施し、図版、解題、解説等を付す。

首里城-歴史をひもとき写真で解説する「首里城のすべて」 報道写真集


首里城-歴史をひもとき写真で解説する「首里城のすべて」 報道写真集

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2019年10月31日、正殿はじめ主要棟が全焼した那覇市の首里城。その様子のほか、首里城がたどった歴史、首里城でよみがえる王朝文化、ありし日の姿などをオールカラー写真で収録。

建築構造の「なぜ」がわかる一問一答-「意匠↔構造」の連携をスムーズにする珠玉のQ&A全54題! 最新版


建築構造の「なぜ」がわかる一問一答-「意匠↔構造」の連携をスムーズにする珠玉のQ&A全54題! 最新版
建築構造用語研究会

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日常の設計業務で見落としがちな注意事項や、判断に迷う場面での決断の拠りどころになるポイントについて、基本的な内容から新しい技術までをベテランの構造設計者たちが一問一答形式で解説。新構法や技術などを加えた最新版。

昭和モダン建築巡礼 1965-75 完全版


昭和モダン建築巡礼 1965-75 完全版
磯 達雄 宮沢 洋 日経アーキテクチュア

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東京五輪翌年の1965年から沖縄海洋博が開催された1975年までに国内に竣工した名建築55件を、カラー写真、イラストとともに紹介する。橋爪紳也と磯達雄の対談も収録。『日経アーキテクチュア』連載を加筆し書籍化。

建築法規 第4版(初学者の建築講座)


建築法規 第4版(初学者の建築講座)
河村 春美 鈴木 洋子 杉田 宣生 長澤 泰
初学者の建築講座

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
建築士試験の出題範囲を網羅した、初学者向けの建築法規の教科書。建築基準関係法令を読みこなすことができるよう、図・表を豊富に使い丁寧に説明する。各単元末に2級建築士試験の過去問題を掲載。

茶室学講義-日本の極小空間の謎(角川ソフィア文庫 F141-1)


茶室学講義-日本の極小空間の謎(角川ソフィア文庫 F141-1)
藤森 照信
角川ソフィア文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
利休はなぜ二畳にこだわったのか? 建築史家にして建築家の藤森照信が、縦横無尽に日本の極小空間=茶室に迫る。また、藤森照信と磯崎新がそれぞれ手掛けた茶室を例にとり、さまざまな角度から語り合った対談も収録。

負ける建築(岩波現代文庫 社会 316)


負ける建築(岩波現代文庫 社会 316)
隈 研吾
岩波現代文庫 社会

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
都心の摩天楼や郊外の住宅群…。流動する生活を凍結し周囲の環境を圧倒する「勝つ建築」は疎まれ始めた。建築はもっと弱く柔らかくなれないのか。様々な外力を受けいれる「負ける建築」の道を探る受動性の建築論。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ