さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

感染症-歴史

図解感染症の世界史


図解感染症の世界史
石 弘之


予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人類と微生物の格闘、共生を30億年の地球環境史から読み解いた「感染症の世界史」の図解版。感染症にまつわるさまざまな話題を100点超の図版を使って紹介する。新型コロナウイルスの最新の知見も満載。

人類は感染症とともに生きていく-学校では教えてくれないパンデミックとワクチンの現代史(PEAK books PB07)


人類は感染症とともに生きていく-学校では教えてくれないパンデミックとワクチンの現代史(PEAK books PB07)
ミーラ・センティリンガム 石黒 千秋
PEAK books

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
CNNのジャーナリストであり公衆衛生の研究者でもある著者が、綿密な調査のもと綴った感染症の入門書。近年注目された感染症を広く解説すると共に、諸外国の驚くべき実情も紹介。未来につながる教訓と勇気を歴史から学べる。

感染症と日本人


感染症と日本人
長野 浩典

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天然痘、コレラ、スペインかぜ、ハンセン病…。過去の感染症の流行が、社会や人間の行動にどのように影響を与えたかを読み解く。コロナ危機からみえてきた、社会が抱える矛盾や問題群についても述べる。

パンデミックvs.江戸幕府(日経プレミアシリーズ 448)


パンデミックvs.江戸幕府(日経プレミアシリーズ 448)
鈴木 浩三
日経プレミアシリーズ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人口過密な大都市江戸でパンデミック発生。「緊急事態」に江戸幕府はどう対応したのか? 困窮者への銭や米の直接給付、問屋を通じた経済活性化から、将軍のお世継を守る方法まで、現代にも通じる手法の数々を紹介する。

10の「感染症」からよむ世界史(日経ビジネス人文庫 わ4-1)


10の「感染症」からよむ世界史(日経ビジネス人文庫 わ4-1)
脇村 孝平 造事務所
日経ビジネス人文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天然痘は南アメリカ大陸征服の武器となった? 人類と感染症との闘いは、多くの犠牲者を出しながら歴史を大きく変容させてきた。世界史を変えた10の感染症について、その蔓延から収束、社会経済にもたらした影響までを解説。

移動・交易・疫病-命と経済の人類全史(星海社新書 171)


移動・交易・疫病-命と経済の人類全史(星海社新書 171)
玉木 俊明
星海社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
コロナ禍でロックダウンや外出制限が日常となり、人の移動が激減した世界。アフターコロナの世界はどう変わるのか? 経済の大転換点を、人類7万年の歴史から予見する。『JBpress』連載に書き下ろしを加えて書籍化。

感染症と隔離の社会史-避病院の日本近代を読む


感染症と隔離の社会史-避病院の日本近代を読む
金川 英雄

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治期に作られた伝染病・感染症を専門にする「避病院」に光を当てるとともに、尾崎紅葉や正宗白鳥の文学作品、避病院の勤務医の当直日誌などを現代語訳・要約して紹介し、感染症と隔離の日本近代を描く。

ポスト・コロナの文明論-感染症の歴史と近未来の社会


ポスト・コロナの文明論-感染症の歴史と近未来の社会
浜本 隆志

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
私たちの生活の基盤は、薄く、脆い。可視化された文明の急所、その先にある未来とは? コロナによって暴かれた現代文明の弱点を分析し、世界史における感染症の役割を示すとともに、ポスト・コロナの社会のあり方を提言する。

疫病vs神(中公新書ラクレ 700)


疫病vs神(中公新書ラクレ 700)
島田 裕巳
中公新書ラクレ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本人はくり返し流行する疫病を神として祀ることで、その災厄から逃れようとしてきた。また、ある種の疫病は、怨霊として人々から恐れられてきた。長い歴史の中で、日本人はどのように病と闘ってきたのかを考察する。

感染症の日本史(文春新書 1279)


感染症の日本史(文春新書 1279)
磯田 道史
文春新書

予約数: 15
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史上、最も多くの命を奪ってきた脅威、パンデミック。一級の歴史家が、平安の史書、江戸の随筆、百年前の政治家や文豪の日記などから、日本人がいかにパンデミックと対峙してきたかを明らかにする。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ