さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

感染症-歴史

世界史を変えたパンデミック(幻冬舎新書 こ-24-2)


世界史を変えたパンデミック(幻冬舎新書 こ-24-2)
小長谷 正明
幻冬舎新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
黒死病対策で編み出された都市封鎖、アメリカ先住民を激減させた天然痘、ナポレオンの45万人軍隊を壊滅させたチフス…。医学的・歴史的資料をもとに、人類がウィルスといかに闘い、打ち勝ったかを明らかにする。

人類は「パンデミック」をどう生き延びたか(青春文庫 し-18)


人類は「パンデミック」をどう生き延びたか(青春文庫 し-18)

島崎 晋
青春文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
見えない何かに襲われる-。栄華を極めた国家も、トップに君臨した権力者もあらがえない不安と恐怖に支配される「感染症」。パンデミックの前と後で何が変わったか。時代をさかのぼり「パンデミック」が変えた歴史秘話を紹介。

感染症対人類の世界史(ポプラ新書 193)


感染症対人類の世界史(ポプラ新書 193)
池上 彰 増田 ユリヤ
ポプラ新書

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天然痘、ペスト、スペイン風邪…。幾度となく繰り返されてきた感染症と人類はどう向き合い、克服してきたか。新型コロナウイルス感染拡大との戦いの中で、生きる希望を歴史に学ぶ。テレビ朝日系列の番組企画をもとに書籍化。

ビジュアルパンデミック・マップ-伝染病の起源・拡大・根絶の歴史(NATIONAL GEOGRAPHIC)


ビジュアルパンデミック・マップ-伝染病の起源・拡大・根絶の歴史(NATIONAL GEOGRAPHIC)
サンドラ・ヘンペル 竹田 誠 竹田 美文 関谷 冬華
NATIONAL GEOGRAPHIC

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ペスト、インフルエンザ、エイズ、ジカ熱…。20の感染症を取り上げ、データをもとに感染経路や終息の例、感染地域などをわかりやすく地図化。感染のきっかけ、病原体発見の感動等をストーリーでやさしく紹介する。

世界史を変えた13の病


世界史を変えた13の病
ジェニファー・ライト 鈴木 涼子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人類は長い歴史を通じて、予防法も治療法もわからない疫病に苦しめられてきた。迷信による不条理な迫害、患者の救済に尽くした人々の闘い、病のイメージが作り出した文化まで、知られざる歴史をときあかす。

人類と感染症の歴史 続


人類と感染症の歴史 続
加藤 茂孝

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人類はどのように感染症と戦ってきたのか。HIV/AIDS、コレラ、SARS等の感染症が社会に対していかに大きな影響を与え、いかに歴史を動かして来たかを明らかにする。『モダンメディア』連載を追加・修正し単行本化。

感染症の世界史


感染症の世界史
石 弘之
角川ソフィア文庫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
最強の感染症=エボラ出血熱を人類は押さえ込めるのか!? 微生物(ウイルス・細菌・寄生虫)の最新遺伝子情報、40億年の地球環境史の視点から、人類を苦しめる感染症の正体を暴く。

感染源 -防御不能のパンデミックを追う-


感染源 -防御不能のパンデミックを追う-
ソニア・シャー 上原 ゆうこ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
10億人規模、世界的不況を誘発するパンデミックがいつ起きてもおかしくない! 気鋭の科学ジャーナリストが、コレラの歴史的道筋を辿り、病原体が感染してパンデミックを起こすメカニズムを解説。感染症時代に警鐘を鳴らす。

コロンブスの不平等交換 -作物・奴隷・疫病の世界史-


コロンブスの不平等交換 -作物・奴隷・疫病の世界史-
山本 紀夫
角川選書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アメリカとヨーロッパの新旧両大陸で行われた、作物や家畜の交換は「コロンブスの交換」と呼ばれるが、この関係はきわめて一方的なものだった-。コロンブスの功罪を作物・家畜・疫病の観点から掘り下げる。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ