さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

憲法改正

ここが変だよ日本国憲法!


ここが変だよ日本国憲法!
田村 重信

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本国憲法の問題点を知り、次の時代にあるべき日本国憲法の姿を考えるための一助となる本。自民党の新憲法草案、冷戦後の国際平和協力法制、憲法と武器輸出三原則などについて語る。

憲法と日本人-1949-64年改憲をめぐる「15年」の攻防


憲法と日本人-1949-64年改憲をめぐる「15年」の攻防
NHKスペシャル取材班

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
憲法改正をめぐる国民的議論が交わされた時代が、かつて一度だけ存在した。知られざる1949年から1964年までの「15年」の足跡を、新たに発掘された歴史的資料からたどる。NHKスペシャルをもとにした取材記録。

自衛隊加憲論の展開と構造-その憲法学的分析


自衛隊加憲論の展開と構造-その憲法学的分析
浦田 一郎

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
安倍政権のもとでの憲法改正論の中心をなす自衛隊加憲論。自衛隊加憲論の展開と自衛隊の任務・活動・指揮監督や、自衛隊加憲論の構造を政府解釈を基礎に分析し、憲法学的考察を加える。

憲法の正論


憲法の正論
西 修

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
西修の憲法論のエッセンスがつまった一冊。間違いだらけの憲法論議を指摘し、9条への正論、憲法改正を阻むもの等を提示する。雑誌『正論』と『産経新聞』正論欄に寄稿した論稿を単行本化。

亡国の憲法九条-保守派憲法学者の自衛隊違憲論


亡国の憲法九条-保守派憲法学者の自衛隊違憲論
慶野 義雄 高乗 正臣

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
安倍自民党が憲法九条一項二項はそのままに、自衛隊を明記すると言い出した。一・二項維持は、戦後体制と東京裁判史観の固定化を意味する。保守派憲法学者が、欺瞞的な憲法改正案を徹底論駁する。

脱属国論


脱属国論
田原 総一朗 井上 達夫 伊勢崎 賢治

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
9条も日米地位協定も改定できる! 反骨のジャーナリスト・田原総一朗、怒りの法哲学者・井上達夫、紛争解決人・伊勢崎賢治の3人が、憲法9条問題に焦点を当て、憲法改正問題、日米安保、日米関係などについて議論する。

憲法改正論の焦点 -平和・人権・家族を考える-


憲法改正論の焦点 -平和・人権・家族を考える-
辻村 みよ子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

平和憲法の破壊は許さない -なぜいま、憲法に自衛隊を明記してはならないのか-


平和憲法の破壊は許さない -なぜいま、憲法に自衛隊を明記してはならないのか-
寺井 一弘 伊藤 真 小西 洋之

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自衛隊明記の改憲で憲法9条の解釈は何も変わらないという安倍総理の説明は本当なのか? 「自衛隊明記」改憲の実態や危険性について解説する。世界に誇るべき平和憲法を守るための実践的手引書。

自衛隊の存在をどう受けとめるか -元陸上自衛官の思いから憲法を考える-


自衛隊の存在をどう受けとめるか -元陸上自衛官の思いから憲法を考える-
末延 隆成 飯島 滋明 清末 愛砂

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
元陸上自衛官が、書かされた遺書、捕虜の扱いや治安出動訓練、災害救助などの実態を明らかにして、安保法制反対を訴えた。この発言を収録し、一自衛官の思いから自衛隊の存在と憲法との関係を考える。

9条改正論でいま考えておくべきこと


9条改正論でいま考えておくべきこと
法学セミナー編集部 本 秀紀 森 英樹 青井 未帆 城野 一憲 布施 祐仁 桐山 孝信 山田 寿則 南部 義典
別冊法学セミナー 新・総合特集シリーズ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現在、国内で議論されている憲法9条改憲論は、一見わかりやすそうで実はわかりにくい。どこが議論の分かれ目で、どのような価値観の対立なのかを、有識者らが解説する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ