さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

戦争・平和

憎しみを乗り越えて-ヒロシマを語り継ぐ近藤紘子


憎しみを乗り越えて-ヒロシマを語り継ぐ近藤紘子
佐藤 真澄

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生後8か月で被爆した紘子は、惨禍で顔にやけどを負った乙女たちと接する中で、原爆を落とした米軍兵士への憎悪を募らせる。しかし、B29戦闘機のパイロットに出会い…。世界平和を訴えて講演活動を続ける近藤紘子の物語。

戦場の秘密図書館-シリアに残された希望


戦場の秘密図書館-シリアに残された希望
マイク・トムソン 小国 綾子

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
政府軍により完全封鎖され、日々空爆される。それでも人々は「本」を糧に絶望的な状況を生きぬいた! シリア内戦下、ダラヤの町の地下にできた秘密図書館を守った若者たちのノンフィクション。

となりの難民-日本が認めない99%の人たちのSOS


となりの難民-日本が認めない99%の人たちのSOS
織田 朝日

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自国で起きた戦争や迫害、差別からのがれるため、他国へ避難する「難民」たち。彼らはどんな思いで日本へ来て、どんな境遇で、どんな生活をしているのか。外国人支援団体の主宰者が日本にいる難民の姿を紹介する。

PEACE AND MEわたしの平和-ノーベル平和賞12人の生きかた


PEACE AND MEわたしの平和-ノーベル平和賞12人の生きかた
アリ・ウィンター ミカエル・エル・ファティ 中井 はるの

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自由で平等な社会、個人の尊厳が尊重される社会を実現するために-。ジャン・アンリ・デュナン、キング牧師など、ノーベル平和賞受賞者12人を取り上げ、それぞれの生き方や平和への思いを紹介する。

義足と歩む-ルワンダに生きる日本人義肢装具士


義足と歩む-ルワンダに生きる日本人義肢装具士
松島 恵利子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ルワンダ大虐殺によって手や足を奪われた人たちの願いをかなえ、未来へと歩む手助けをするため、義足を配付する活動を20年以上続けている日本人の義肢装具士、ルダシングワ真美。その活動を紹介する。

かくれ家のアンネ・フランク(岩波少年文庫 620)


かくれ家のアンネ・フランク(岩波少年文庫 620)
ヤニー・ファン・デル・モーレン 西村 由美
岩波少年文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
外は戦争、でも心のなかは自由-。13歳のアンネは、ある日、家族と一緒に隠れて暮らすことになり…。「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクについて、幼いころから悲しい最期まで、日記や資料、事実に基づいて描く。

一郎くんの写真-日章旗の持ち主をさがして(月刊たくさんのふしぎ 第414号)


一郎くんの写真-日章旗の持ち主をさがして(月刊たくさんのふしぎ 第414号)

木原 育子 沢野 ひとし
月刊たくさんのふしぎ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から

じいじが迷子になっちゃった-あなたへと続く家族と戦争の物語


じいじが迷子になっちゃった-あなたへと続く家族と戦争の物語
城戸 久枝 羽尻 利門

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
敗戦直後、3歳でたったひとり中国に残された城戸幹(中国名・孫玉福)は、25年を経て自力での帰国を果たし…。中国残留孤児の父の半生を綴った「あの戦争から遠く離れて」の著者が母となり、子へと家族の歴史を語りつぐ。

平和のバトン-広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶


平和のバトン-広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶
弓狩 匡純

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
被爆体験証言者の記憶を、1年をかけて油絵に描いて記録する、広島の高校のプロジェクト。今を生きる高校生たちが、証言者と密に接することで、戦争や原爆を見つめなおしていくさまを綿密に取材して描いたノンフィクション。

名もなき花たちと-戦争混血孤児の家「エリザベス・サンダース・ホーム」


名もなき花たちと-戦争混血孤児の家「エリザベス・サンダース・ホーム」
小手鞠 るい

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
肌や目の色が違うから、敵国の子だから-。敗戦後の日本で見捨てられた「混血孤児」たちと、その母となる道を選んだ澤田美喜。差別と闘い、懸命に生きた二千人の「家族の物語」。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ