さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

戦争体験記

孫たちへの証言 第32集 文字化することで体験や伝承は生き続ける


孫たちへの証言 第32集 文字化することで体験や伝承は生き続ける
福山 琢磨 上野 真悟

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦争の記憶を若者に伝えるために-。全国公募の中から選び抜かれた戦争体験者たちの証言集。第32集は、「十四歳の戦争体験、機銃掃射に遭う」「旧満州で迎えた終戦という地獄」などを収録。

戦場における34の意外な出来事-極限の状況に生きた人間の真実(光人社NF文庫 と1135)


戦場における34の意外な出来事-極限の状況に生きた人間の真実(光人社NF文庫 と1135)
土井 全二郎
光人社NF文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生き残ったからこそ言い遺しておかねばならないことがある-。ユダヤ難民を運んだ交通公社職員、日本各地に落ちた米軍の訓練用模擬原子爆弾、サメに食われかけた兵隊たち…。特異な戦争体験をインタビューをもとに再現する。

潜行三千里-幻の原稿「我等は何故敗けたか」初公開! 完全版


潜行三千里-幻の原稿「我等は何故敗けたか」初公開! 完全版
辻 政信

予約数: 23
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
エリート軍人として輝かしいスタートを切り、戦時中は多くの作戦でその能力を発揮した辻政信。敗戦後、国会議員選挙で当選を果たすが、最後はラオスのジャングルで消息を絶ち…。元大本営参謀の波乱万丈な生涯を綴る。

特攻-最後のインタビュー(文春文庫 と27-2)


特攻-最後のインタビュー(文春文庫 と27-2)
「特攻最後のインタビュー」制作委員会 前村 弘 中村 真 皆本 義博 江名 武彦 久貫 兼資 海老澤 善佐雄 野口 剛 田中 三郎 岡本 鐵郎 堀山 久生 粕井 貫次
文春文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
多くの“神話”を生み、多くの“誤解”を生んだ特攻。だが、その真実の姿は、当事者にしか分からない。戦後を生き抜き、日本の“いま”を見つめてきた元特攻隊員が、日本人のために語った最後のメッセージ。

私の八月十五日 7 戦後七十四年目の証言


私の八月十五日 7 戦後七十四年目の証言

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和二十年八月十五日。第二次世界大戦は日本の敗戦で幕を下ろした。澤地久枝、曽野綾子、井出孫六、山本富士子ら戦争体験者の終戦の日の記憶を、絵と文で描く。子どもによる聞き取り証言も収録。

抗命-インパール 2(文春文庫 た2-12)


抗命-インパール 2(文春文庫 た2-12)
高木 俊朗
文春文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
無謀なインパール作戦において、烈31師団長・佐藤幸徳中将は、将兵の生命こそ至上であると、補給なき最前線コヒマから独断で撤退し…。戦後著された2人の回顧録と将兵たちの証言を通し、軍上層部の迷走と無責任を糺明する。

なんにもなかった-戦中・戦後の暮しの記録 拾遺集戦後編


なんにもなかった-戦中・戦後の暮しの記録 拾遺集戦後編

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1945年8月15日「玉音放送」の前後に、何があったか? 何を思ったか? あの日を生きた人々が、その体験を綴る。「戦中・戦後の暮しの記録」で選外となった投稿から全49編を収録する。

私の沖縄ノート-戦前・戦中・戦後


私の沖縄ノート-戦前・戦中・戦後
照屋 佳男

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
空襲が始まったテニアン島からの脱出、対馬丸の沈没、疎開先熊本での壮絶な飢え、米軍の容赦ない土地接収、アメリカ体験…。沖縄で生まれ育った著者が戦前・戦中・戦後の体験を語る。母の手記なども収録。

アメリカと戦いながら日本映画を観た(朝日文庫 こ22-3)


アメリカと戦いながら日本映画を観た(朝日文庫 こ22-3)
小林 信彦
朝日文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「ハワイ・マレー沖海戦」に始まる<山本嘉次郎の戦争三部作>、不世出の名優・阪東妻三郎演じる「無法松の一生」。1940〜47年、著者8歳から15歳までの日々を、戦時下の数々の映画とともに描いた私的ドキュメント。

平和の栖(すみか)-広島から続く道の先に


平和の栖(すみか)-広島から続く道の先に
弓狩 匡純

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
第1回広島平和記念式典、平和記念都市建設法成立、オバマ大統領広島訪問…。その裏には「生きる」ために闘った有名無名の人びとがいた。文献と証言、現場取材を織り交ぜながら、広島の復興と未来を臨場感豊かに描く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ