さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

戯曲・シナリオ

須賀敦子の本棚 9 地球は破壊されはしない


須賀敦子の本棚 9 地球は破壊されはしない
池澤 夏樹

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
須賀敦子の没後20年を記念した海外文学コレクション。9は、若き日の須賀が心をこめて訳した、レジスタンスの闘士ダヴィデ・マリア・トゥロルドの戯曲「地球は破壊されはしない」を収録。池澤夏樹のエッセイも掲載。

山山


山山
松原 俊太郎

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
純粋劇作家・松原俊太郎のデビュー作品集。美しい山の麓で暮らしていたはずの家族が、「せずにすめばありがたいこと」に曝されてゆく表題作など全2篇の戯曲と、「戯曲の読み書きについて」を収録する。

獣になれない私たちシナリオブック


獣になれない私たちシナリオブック
野木 亜紀子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
深海晶と根元恒星。人生うまくいっているようでままならない2人は、ある日偶然、クラフトビールバーで出会い-。日本テレビ系の人気ドラマのシナリオ本。現場の裏話や各話の詳細な解説を書き下ろした著者あとがきも収録。

井上靖未発表初期短篇集


井上靖未発表初期短篇集
井上 靖 高木 伸幸

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ユーモア小説から、探偵小説、時代小説まで、昭和の文豪・井上靖の知られざる20代の軌跡をたどる、未発表初期短篇集。長くしまわれていた戦後唯一の未発表戯曲「夜霧」も併録。

葛飾土産(中公文庫 な73-2)


葛飾土産(中公文庫 な73-2)
永井 荷風 久保田 万太郎 石川 淳 石川 美子
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
“戦後はただこの一篇”と石川淳が評した表題作をはじめ、「東京風俗ばなし」「にぎり飯」「畦道」「停電の夜の出来事」など、敗戦後の4年間に書かれた小説・随筆・戯曲全19編を収めた、戦後最初の作品集。

桂千穂のシナリオはイタダキで書け!-「ふたり」「廃市」「幻魔大戦」の脚本家


桂千穂のシナリオはイタダキで書け!-「ふたり」「廃市」「幻魔大戦」の脚本家
桂 千穂

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
脚本家の著者が、どのシナリオが何の映画や小説をモトネタにして書いたものなのかを詳しく解説。著者の実際の作品を使って、シナリオの技術を伝える実践的なシナリオ入門書。お勧めの映画700本以上も掲載。

カルデロンの劇芸術 -聖と俗の諸相-


カルデロンの劇芸術 -聖と俗の諸相-
佐竹 謙一
南山大学学術叢書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

あさのあつこ特別授業『マクベス』


あさのあつこ特別授業『マクベス』
あさの あつこ
教養・文化シリーズ 読書の学校

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古典、外国文学、戯曲。近寄り難い作品が、五感をはたらかせて読めば、未知との出会いになる-。あさのあつこが桜修館中等教育学校で行った特別授業をもとに加筆・構成。おすすめブック・ガイド+10も掲載。

ストーリー -ロバート・マッキーが教える物語の基本と原則-


ストーリー -ロバート・マッキーが教える物語の基本と原則-
ロバート・マッキー 越前 敏弥

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
著名な脚本講師による物語創作術のテキスト。ストーリー、すなわち物語を語るに際してどのようにすれば観客の心がつかめるのかについて、過去の様々な優れた作品を手本として、最も成功してきた手法を分析、解説する。

脚本家という仕事 -ヒットドラマはこうして作られる-


脚本家という仕事 -ヒットドラマはこうして作られる-
ペリー荻野 大石 静 岡田 惠和 井上 由美子 古沢 良太 バカリズム 訓覇 圭 内山 聖子 加藤 正人 河毛 俊作 西坂 瑞城
TOKYO NEWS BOOKS

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
大石静、岡田恵和、バカリズムら第一線で活躍する現役脚本家が、自身のヒットドラマの創作過程を明かす。プロデューサーが語るドラマ制作における脚本家とのタッグマッチ、シナリオスクールの有効な活用法なども掲載。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ