さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

手記・ルポルタージュ

レンタルなんもしない人の“もっと”なんもしなかった話


レンタルなんもしない人の“もっと”なんもしなかった話

レンタルなんもしない人

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
今回も引き続きなんもしてません-。2019年2月から2020年1月のTVドラマ化決定までに起こった出来事を時系列で紹介。「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」の続編。4月スタートの同名TVドラマの原作。

兄の終い


兄の終い
村井 理子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
警察署からの電話で兄の死を知った。周りに迷惑ばかりかける人だった。体を壊し、職を失い、貧困から這いあがることなく死んだ兄を弔うために、元妻、息子、妹である私が集まり…。怒り、泣き、ちょっと笑った5日間の実話。

24人のビリー・ミリガン 上 新版(ハヤカワ文庫 NF 430)


24人のビリー・ミリガン 上 新版(ハヤカワ文庫 NF 430)
ダニエル・キイス 堀内 静子
ハヤカワ文庫 NF

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1977年、連続レイプ犯として逮捕されたビリー・ミリガン。精神鑑定の結果、彼の中に複数の別人格が存在し、犯行はその内の一人によるものという驚愕の事実が明らかに…。多重人格者の内面世界を描く傑作ノンフィクション。

その犬の名を誰も知らない(ShoPro Books)


その犬の名を誰も知らない(ShoPro Books)
嘉悦 洋 北村 泰一
ShoPro Books

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
奇跡の生還を果たしたタロ、ジロとともに昭和基地で生き延びていた、知られざる“第三の犬”がいた-。なぜ歴史に埋もれてしまったのか? はたして犬の正体は? 封印された“第三の犬”の正体をめぐる真実の南極物語。

パンツははいておけ-中卒フリーターが大学進学した話


パンツははいておけ-中卒フリーターが大学進学した話
早乙女 かな子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
高偏差値の中高一貫校に通っていたのにうつになり中退。自殺未遂、援助交際、自己否定のスパイラルにおちいるも、大学に進学し…。不器用すぎる「居場所探し」の記録。ブログ連載をベースにしたキンドル版を加筆し書籍化。

少女の記-戦争を挟んだ家庭文化の記憶


少女の記-戦争を挟んだ家庭文化の記憶

寺山 てるこ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
都会の家庭文化と疎開先の田舎での瑞々しい暮らし。今も心を潤してくれるあれこれ。一少女が感受した戦前戦中戦後の記憶と老境の感慨を、鮮やかな描写で映し出す。

どこでもいいからどこかへ行きたい(幻冬舎文庫 ふ-32-2)


どこでもいいからどこかへ行きたい(幻冬舎文庫 ふ-32-2)
pha
幻冬舎文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
お金と仕事と家族がなくても、人生は続く。東京のすみっこに猫2匹と住まう京大卒・元ニートの著者が、どこに住んでどんな風に暮らして、この社会の中をどのように動き回れば楽しく生きられるかについて綴る。

カルト宗教やめました。-「エホバの証人2世」の私が信仰を捨てた後の物語


カルト宗教やめました。-「エホバの証人2世」の私が信仰を捨てた後の物語
たもさん

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ひとり息子の病をきっかけに、エホバの証人を脱会することとなったたもさん。母との確執、慣れない一般の人たちのルール…実際に信仰を捨てたら、こんなことが起きました! 「カルト宗教信じてました。」の第2弾。

サハラの歳月


サハラの歳月
三毛 妹尾 加代

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1970年代、スペインの植民地西サハラは、モロッコとモーリタニアに挟撃され、独立の苦悩に喘いでいた。砂漠の大地・西サハラへと移住した台湾人作家・三毛が、夫・ホセ、現地人たちとの破天荒な日々を描く。

もう一回やり直したい-精神科医に心身を支配され自死した女性の叫び


もう一回やり直したい-精神科医に心身を支配され自死した女性の叫び
米田 倫康

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「もう一回病院に通い始めた頃からやり直したい」と綴られた最期のメール。精神科医に心身を支配された女性が自死した事件を追い続けてきた著者が、精神医療の闇や法的不備の状況等を明らかにし、その解決に向けて提言する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ