さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

放送

風をたべる-宇垣美里ファーストフォトエッセイ


風をたべる-宇垣美里ファーストフォトエッセイ
宇垣 美里

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アナウンサー・宇垣美里の1stフォトエッセイ。幼少期から現在に至るまでを赤裸々に告白するとともに、人生観やライフスタイルについても綴る。『週刊プレイボーイ』連載コラムのほか、撮り下ろし写真も収録。

冗談音楽の怪人・三木鶏郎-ラジオとCMソングの戦後史(新潮選書)


冗談音楽の怪人・三木鶏郎-ラジオとCMソングの戦後史(新潮選書)
泉 麻人
新潮選書

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
NHKラジオ「日曜娯楽版」で数多のヒット曲を生み、時事コントの数々で政治家たちを激怒させたトリローこと三木鶏郎。日本初のCMソングを作り、無数のCMソングを世に送った謎の傑物の評伝。

未和-NHK記者はなぜ過労死したのか


未和-NHK記者はなぜ過労死したのか
尾崎 孝史

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仕事熱心で笑顔のたえないNHKの女性記者が31歳で突然この世を去り、4年間その事実は伏せられた。遺族、友人、NHK関係者など109名への取材から、彼女の生きた証と巨大メディアの裏側を描きだす。

テレビが映し出した平成という時代


テレビが映し出した平成という時代
川本 裕司
ディスカヴァー携書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
テレビが成長しピークに達したあと、曲がり角を迎えた平成の30年間。ドラマやアニメから、バラエティ、ニュース、スポーツ、ドキュメンタリーまで、代表的な番組を通して時代の変遷を描く。

変容するNHK -「忖度」とモラル崩壊の現場-


変容するNHK -「忖度」とモラル崩壊の現場-
川本 裕司

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
NHKは、あるべき公共放送に向かっているのか? 不可解な会長人事、相次ぐ職員不祥事、「クロ現」人気キャスターの降板…。政権に翻弄されるNHKを追い続けた現役記者が「巨大放送局」の実像に迫る。

小西美穂の七転び八起き -デコボコ人生が教えてくれた笑って前を向く歩き方-


小西美穂の七転び八起き -デコボコ人生が教えてくれた笑って前を向く歩き方-
小西 美穂

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
何度転んだって大丈夫! 日本テレビのキャスター兼解説委員の小西美穂が、自身のキャリアの軌跡を追いながら、後輩女性たちへ熱いメッセージを届ける。『日経ウーマンオンライン』連載をもとに書籍化。

しなくていいがまん


しなくていいがまん
小林 麻耶

予約数: 37
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自分ではなく、誰かを世界の中心に据えて、「しなくていいがまん」ばかりしていた-。小林麻耶が、39歳のひとりの女性として、ありのままを綴った書。女性が陥りがちな「しなくていいがまん」をやめる方法を伝える。

臨時災害放送局というメディア


臨時災害放送局というメディア
大内 斎之

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
地震や洪水などの大きな災害時に、被害を軽減するために設置されるラジオ局である臨時災害放送局。東日本大震災後に作られた各局をフィールドワークして、その知られざる役割やメディアとしての今後の可能性を明らかにする。

ラジオマニア 2018


ラジオマニア 2018
三才ムック

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
話題のラジオを掘り下げるラジオ番組解剖図鑑をはじめ、欧州の短波ラジオ10機種レビュー、最新クラウドラジオ活用術、受信に役立つ情報&テクニック、1993年秋のラジオ番組表アーカイブなどを収録。

あんことわたし -日日大あん吉日-


あんことわたし -日日大あん吉日-
川田 裕美

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
おばあちゃんの白玉団子、家族で食べるいちご大福、常備食のゆであずき缶。人生の節目には、いつもあんこと人のぬくもりがあった-。あんこ大好きなフリーアナウンサー・川田裕美が、家族や、これまでの歩みなどを綴る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ