さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

教養教育(大学)

FUZZY-TECHIE-イノベーションを生み出す最強タッグ


FUZZY-TECHIE-イノベーションを生み出す最強タッグ
スコット・ハートリー 鈴木 立哉

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人間性を高めるファジー(文系)と、機械化を進めるテッキー(理系)、2つの素養を持つ者がAI時代をリードする! STEM教育対リベラルアーツ教育の論争に光を当て、イノベーションを生み出す文理融合のタッグを論じる。

教養としての思想文化


教養としての思想文化
寄川 条路

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
教養は、偏らず、調和のとれた人間を形成し、全体を俯瞰し、客観的に考える力を与えてくれる。メディア、インターカルチャー、グローバル・エシックスの3つをキーワードに、教養と社会を論じる。既出論考を加筆し書籍化。

新・リーダーのための教養講義-インプットとアウトプットの技法(朝日新書 730)


新・リーダーのための教養講義-インプットとアウトプットの技法(朝日新書 730)
佐藤 優 同志社大学新島塾 松岡 敬 東郷 和彦 学生 野口 範子 多久和 英樹
朝日新書

予約数: 15
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新たな価値を生む発想のベースとなる文理融合の統合知。膨大な情報をどう理解し、整理し、最適解を見つけるか。教養、論理構成、説明力、ディベート力をつける技法を紹介する。2018年開催の合宿による白熱講義を書籍化。

何のための「教養」か(ちくまプリマー新書 329)


何のための「教養」か(ちくまプリマー新書 329)
桑子 敏雄
ちくまプリマー新書

予約数: 6
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
教養とは何か? 教養を身につけるとはどういうことか? ダム建設などの公共事業の合意形成にかかわってきた哲学者が、古今東西繰り返されてきた問いに真正面から取り組み、すぐれた選択を導く知、思慮深さについて考察する。

東大教授が考えるあたらしい教養(幻冬舎新書 ふ-18-1)


東大教授が考えるあたらしい教養(幻冬舎新書 ふ-18-1)
藤垣 裕子 柳川 範之
幻冬舎新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
教養とは「正解のない問いに対し、意見の異なる他者との議論を通して、思考を柔軟にし、<自分がよりよいと考える答え>にたどり着くこと」。どうすればこの思考習慣が身につくのか。「本当の知」の要諦を説く。

リベラル・アーツの源泉を訪ねて


リベラル・アーツの源泉を訪ねて
絹川 正吉

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
今日の大学で、有名無実化が進む一般教育。リベラル・アーツを一般教育という視点で受け止め、それを探究し続けてきた元ICU学長が、数をめぐる知的・思想的営為の系譜からリベラル・アーツの原点とその本質を丁寧に紐解く。

教養主義のリハビリテーション


教養主義のリハビリテーション
大澤 聡 鷲田 清一 竹内 洋 吉見 俊哉
筑摩選書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
知の下方修正と歴史感覚の希薄化が進む今、教養のバージョンアップには何が必要か。気鋭の批評家が竹内洋、吉見俊哉、鷲田清一の諸氏と、教養主義の来歴、現在、未来をめぐって対論。「来るべき教養」を展望する。

リベラルアーツの学び -理系的思考のすすめ-


リベラルアーツの学び -理系的思考のすすめ-
芳沢 光雄
岩波ジュニア新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
長年にわたり、リベラルアーツ教育に携わってきた著者が、リベラルアーツの学びを紹介。具体的な事例をあげながら、論理的に考え、幅広い視野を養う学びのあり方を語る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ