さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

文化とまちづくり叢書

障害者と表現活動-自己肯定と承認の場をはぐくむ(文化とまちづくり叢書)


障害者と表現活動-自己肯定と承認の場をはぐくむ(文化とまちづくり叢書)
川井田 祥子
文化とまちづくり叢書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
イギリスの障害者運動の歴史、ロンドン2012のアンリミテッド・プロジェクトをふり返り、社会的排除が社会問題として注目される世界的動向や背景を考察。経済的価値のみならず、新しい社会的価値を創出する途を示す。

基礎自治体の文化政策-まちにアートが必要なわけ(文化とまちづくり叢書)


基礎自治体の文化政策-まちにアートが必要なわけ(文化とまちづくり叢書)
藤野 一夫 文化・芸術を活かしたまちづくり研究会
文化とまちづくり叢書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「文化・芸術を活かしたまちづくり」に強い関心をもつ大阪府内の基礎自治体の職員による調査・研究の成果。まちづくりにおける成功とは何なのか、自治体職員にできることは何なのかを考察する。

芸術祭と地域づくり-“祭り”の受容から自発・協働による固有資源化へ(文化とまちづくり叢書)


芸術祭と地域づくり-“祭り”の受容から自発・協働による固有資源化へ(文化とまちづくり叢書)
吉田 隆之
文化とまちづくり叢書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
芸術祭が短中期的には地域コミュニティ形成に影響を与えること、その具体的プロセスを明らかにし、地域活性化への過大な期待を是正し、地域づくりにつなげる方向性を示す。「表現の不自由展・その後」の「その後」も収載。

まちの居場所、施設ではなく。-どうつくられ、運営、継承されるか(文化とまちづくり叢書)


まちの居場所、施設ではなく。-どうつくられ、運営、継承されるか(文化とまちづくり叢書)
田中 康裕
文化とまちづくり叢書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
従来の制度・施設の枠組みでは十分に対応できない課題に直面した人々が、自分たちの手で課題を乗り越えるために開かれる「まちの居場所」。4つの場所の具体的な姿を通して、どのように運営を継続していくかを考察する。

団地再生まちづくり 5(文化とまちづくり叢書) 日本のサステナブル社会のカギは「団地再生」にある


団地再生まちづくり 5(文化とまちづくり叢書) 日本のサステナブル社会のカギは「団地再生」にある
文化とまちづくり叢書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
進む老朽化と増え続ける空き家。少子高齢社会の現代、集合住宅の価値を高め、安心して暮らすために必要なことは何か。団地再生の最新の取組みをハードとソフトの両面から、海外と併せ46の事例で解説する。写真も豊富に掲載。

芸術文化の投資効果 -メセナと創造経済-


芸術文化の投資効果 -メセナと創造経済-
加藤 種男
文化とまちづくり叢書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
芸術文化振興への支援を意味する「メセナ」。長年、企業によるメセナ活動の現場に従事してきた著者が、芸術文化がいかに創造経済の発展のために重要な役割を果たしてきたかを数々の事例を通してまとめる。

クラシックコンサートをつくる。つづける。 -地域主催者はかく語りき-


クラシックコンサートをつくる。つづける。 -地域主催者はかく語りき-
平井 滿 渡辺 和
文化とまちづくり叢書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ホールだけがクラシックコンサートの場ではない。華やかさとは正反対の手法でクラシック音楽の命脈を保ってきた、地域に根ざしたコンサートの主催者たちを訪ね、新しい文化事業のあり方とまちづくりを提言する。

コミュニティ3.0 -地域バージョンアップの論理-


コミュニティ3.0 -地域バージョンアップの論理-
中庭 光彦
文化とまちづくり叢書

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人口減少を前提に、地元の地域資源を活かして、自分たちがおもしろいと思う事業に取り組む新たな共同体「コミュニティ3.0」。各地の事例を紹介し、コミュニティ・バージョンアップの論理を考える。

トリエンナーレはなにをめざすのか -都市型芸術祭の意義と展望-


トリエンナーレはなにをめざすのか -都市型芸術祭の意義と展望-
吉田 隆之
文化とまちづくり叢書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
愛知県職員が現場で見た、芸術祭とまちづくりの融合。あいちトリエンナーレ長者町会場で起きた効果と、芸術祭への均質化・陳腐化の指摘を踏まえつつ、都市型芸術祭の今後の方向性を明らかにする。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ