さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

文学論

ユリイカ-詩と批評 第52巻第5号5月臨時増刊号 総特集◎坪内祐三-1958-2020-


ユリイカ-詩と批評 第52巻第5号5月臨時増刊号 総特集◎坪内祐三-1958-2020-

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

ノンフィクションの技法-ピュリツァー賞作家が明かす


ノンフィクションの技法-ピュリツァー賞作家が明かす
ジョン・マクフィー 栗原 泉

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
執筆にあたっての技術的なノウハウや考え方から米国出版業界の舞台裏に至るまで、アメリカの雑誌ジャーナリズムを長年牽引してきた達人が、ノンフィクションの極意を伝授する。『ニューヨーカー』掲載を書籍化。

書くための勇気-「見方」が変わる文章術


書くための勇気-「見方」が変わる文章術
川崎 昌平

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
批評性と言葉の磨き方を学んで、誰に臆するでもない勇気ある文章を書けるようになろう! 編集者・作家・漫画家として「相手に言葉を伝え」続ける著者が、本当に必要なテクニックを厳選し、公開する。

テクストから遠く離れて(講談社文芸文庫 かP5)


テクストから遠く離れて(講談社文芸文庫 かP5)

加藤 典洋
講談社文芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
ポストモダン思想とともに80年代以降、日本の文学理論を席巻した「テクスト論」批評。その淵源をバルト、デリダ、フーコーらの論にたどりつつ、同時代作家らの作品の読解を通して、新たな方法論を開示する。

ぼくは翻訳についてこう考えています-柴田元幸の意見100


ぼくは翻訳についてこう考えています-柴田元幸の意見100
柴田 元幸

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近現代の英米文学作品を、独自の視点で選び抜いて翻訳している著者が、翻訳についての考え方や自身の翻訳手法について述べたとっておきの100の言葉を紹介。本人による「ボケツッコミ」も収録する。

世界文学論集 続


世界文学論集 続
J.M.クッツェー 田尻 芳樹

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「マイケル・K」「恥辱」で知られるノーベル賞作家であり、すぐれた批評家でもあるクッツェーの文学評論を精選。ゲーテからナイポールまでを論じた16本を収録。

ユリイカ-詩と批評 第51巻第20号12月臨時増刊号 総特集*装幀者・菊地信義


ユリイカ-詩と批評 第51巻第20号12月臨時増刊号 総特集*装幀者・菊地信義

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

ユリイカ-詩と批評 第51巻第18号11月臨時増刊号 総特集*日本の男性アイドル-2019-


ユリイカ-詩と批評 第51巻第18号11月臨時増刊号 総特集*日本の男性アイドル-2019-

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

危機を生きる言葉-2010年代現代詩クロニクル


危機を生きる言葉-2010年代現代詩クロニクル
野村 喜和夫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
詩は、私たちの手を使って、未来からの言語が書かせるものである-。2011年〜2018年の詩的時評に、石原吉郎から小笠原鳥類までを論じた詩人論を交差させた、2010年代現代詩のクロニクル。

小泉八雲東大講義録-日本文学の未来のために(角川ソフィア文庫 C102-5)


小泉八雲東大講義録-日本文学の未来のために(角川ソフィア文庫 C102-5)
ラフカディオ・ハーン 池田 雅之
角川ソフィア文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が生き生きと、懇切丁寧に、文学の価値と面白さを説く。西洋が遠い存在だった明治期、将来、日本の学問や文学を背負って立つ学生たちに深い感銘を与えた、最終講義を含む名講義16篇。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ