さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

新典社新書

二・二六事件の思想課題-三島事件への道程(新典社新書 82)


二・二六事件の思想課題-三島事件への道程(新典社新書 82)
野村 幸一郎
新典社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
二・二六事件の裁判において、青年将校たちは北一輝の影響下にあったと断じられたが、それは事実なのか。青年将校たちの証言と北一輝の思想を比較検証し、その真相に迫る。二・二六事件を視野に、三島事件の思想的道程も辿る。

向田邦子の末尾文トランプ(新典社新書 80)


向田邦子の末尾文トランプ(新典社新書 80)
半沢 幹一
新典社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
読者にカタルシスを感じさせると評価の高い、向田邦子作品の「最後の一文」に着目。短編小説ならびに「父の詫び状」所収エッセイについて、簡潔に内容を紹介しつつ末尾文を引用し、しめくくりの意図を解説する。

平家物語とその周辺-女性たちの物語(新典社新書 79)


平家物語とその周辺-女性たちの物語(新典社新書 79)
濱中 修
新典社新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
横笛、浄瑠璃姫、巴御前、千手前、建礼門院。源平の争乱を扱う歴史物語群の中で、波乱に満ちた生涯が語られる女性達の物語を追い、関わりある武将の知られざる一面や、中世の人々が女性に抱いていた宗教的幻想を明らかにする。

「令和」から読む万葉集(新典社新書 78)


「令和」から読む万葉集(新典社新書 78)
辰巳 正明
新典社新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
万葉集に収められた梅花の歌と、その宴の主催者・大伴旅人という人物を読み解くことで、新元号「令和」の典拠となった万葉集の世界、旅人の思想を明らかにする。日本文化、そして元号を改めて考えるための一書。

滑稽艶笑譚 -江戸小咄を愉しむ-


滑稽艶笑譚 -江戸小咄を愉しむ-
宮尾 與男
新典社新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古今東西を問わず愛される滑稽艶笑譚。日本の近世笑話集から、トイレ、大小便、おなら、ふんどしなどに関するエピソードの数々を紹介する。江戸時代の人々の生活のさまを笑いながら楽しめる本。

物語の中の京都


物語の中の京都
濱中 修
新典社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
そこかしこに歴史上の大小の事件や、著名人の事跡がのこる街、京都。清水寺・六角堂・伏見稲荷大社など、名所を舞台とする中世の物語をひもとき、その場所が歴史の中でもつ性格や、著名な人物との関わりなどを明らかにする。

戦国武将と能楽 -信長・秀吉・家康-


戦国武将と能楽 -信長・秀吉・家康-
原田 香織
新典社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦国時代、武将たちは戦があいつぐなか、どのような時に能を鑑賞し、また自らも舞ったのか。能楽の歴史を軸に、信長・秀吉・家康らをはじめとする武将たちの挿話をなぞりながら、能が武家社会に浸透していく様子を追う。

重箱の隅から読む名場面


重箱の隅から読む名場面
馬上 駿兵
新典社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
作家達は重箱の隅にもおいしいご馳走を詰め込んでいた! 向田邦子「思い出トランプ」に描かれた月、夏目漱石「道草」での会話の引用の仕方…。一見何でもなさそうなさりげない言葉から作品を読み解く。

『源氏物語』女三の宮の<内面>


『源氏物語』女三の宮の<内面>
西原 志保
新典社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「源氏物語」の女君の中でも特に「内面がない」とみなされがちな人物、女三の宮。その言葉に耳を傾けることで、現代の女性にも似通う女三の宮像を明らかにする。

超口語訳徒然草


超口語訳徒然草
濱田 浩一郎
新典社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人間論・政治論・恋愛・住居論・心理など幅広い分野の話が収められている、日本三大随筆の一つ「徒然草」。その中から現代人にも役に立つエピソードを選び、原文とわかりやすい口語訳・解説で紹介。人生の知恵が学べる書。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ