さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

新潮文庫

あの戦争から遠く離れて -私につながる歴史をたどる旅-


あの戦争から遠く離れて -私につながる歴史をたどる旅-
城戸 久枝
新潮文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日中の国交が断絶していた文化大革命のさなか、中国から奇跡の帰国を果たした日本人戦争孤児が私の父だった-。21歳で旧満州に飛び込んだ著者が、戦争のもたらす残酷な運命と、歴史の真実を鮮やかに描く。

祇園白川小堀商店レシピ買います


祇園白川小堀商店レシピ買います
柏井 壽
新潮文庫

予約数: 11
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
祇園の名店「和食ZEN」の奥にある「小堀商店」。店長たちは、食通として名高い小堀の命を受け、とびきりのレシピを買い取るため情報収集に努めている。今日もワケあり料理人が現れて…。『yom yom』掲載を文庫化。

眩(くらら)


眩(くらら)
朝井 まかて
新潮文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
北斎の娘に生まれ、その右腕として様々な絵を描く一方、自分だけの光と色を終生追い続けた女絵師・応為。自問自答する20代から、傑作「吉原格子先之図」に到る60代までを描く。

鬼神の如く -黒田叛臣伝-


鬼神の如く -黒田叛臣伝-
葉室 麟
新潮文庫

予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
諸藩取り潰しの機会を窺う幕府に、すすんで主君の不忠を訴え出た黒田家家老・栗山大膳の真意は? <黒田騒動>を舞台に、まことの忠義を描く、著者会心の歴史長篇。

恋の櫛


恋の櫛
藤原 緋沙子
新潮文庫 人情江戸彩時記

予約数: 32
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
指物師の家に後添いとして入ったおしなだったが、なつかぬ継子と姑の苛烈な虐めに耐えきれず家を出た。2年後、ばったり夫に出遭ってしまい…。男女の機微を描いた4編を収録。『小説新潮』掲載に書き下ろしを加え文庫化。

長流の畔(ほとり)


長流の畔(ほとり)
宮本 輝
新潮文庫 流転の海

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和38年。66歳の松坂熊吾は金策に窮していた。社員に会社の運転資金のほとんどを横領されたのだ。そのことは同業者にも漏れ伝わり…。戦後の時代相を背景に父と子を描く「流転の海」第8部。

闇の峠


闇の峠
諸田 玲子
新潮文庫

予約数: 17
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
辣腕を振るった勘定奉行・荻原重秀の20余年前の不可解な死。旗本・根来長時の妻せつは、死の直前、生家で彼を見かけていた。殺めたのは、佐渡奉行に昇りつめた父なのか。真相を追い、せつは佐渡へ…。歴史ミステリー。

黄色毒矢事件 -少年探偵春田龍介-


黄色毒矢事件 -少年探偵春田龍介-
山本 周五郎 末國 善己
新潮文庫 周五郎少年文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
春田龍介、中学2年。学業優秀、推理抜群-。若き日の山本周五郎が旺盛に執筆した血湧き肉躍る少年小説のうち<春田龍介もの>を厳選。龍介が巧妙な方法で犯人を炙り出す表題作ほか、全7編を収録。

樅ノ木は残った 上


樅ノ木は残った 上
山本 周五郎
新潮文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仙台藩主・伊達綱宗が幕府から逼塞を命じられ、藩士4名が「上意討」される。混乱を来す藩政に乗じて権勢を増す伊達兵部と老中・酒井雅楽頭。謀略を見抜いた宿老の原田甲斐は藩を守る決意をする-。詳細な注釈、図版付き。

樅ノ木は残った 中


樅ノ木は残った 中
山本 周五郎
新潮文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
仙台藩を寸断するという酒井雅楽頭と伊達兵部の密約が明らかになった。藩の取潰しを目論む幕府にとっては兵部は駒に過ぎない。原田甲斐はあえて兵部に取り入り、内部から非謀を破却し…。詳細な注釈、図版付き。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ