さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

新潮文庫

たそがれ清兵衛


たそがれ清兵衛
藤沢 周平
新潮文庫

Amazonでの評価:(4.3/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から

維新と戦った男大鳥圭介


維新と戦った男大鳥圭介
伊東 潤
新潮文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
幕府歩兵奉行・大鳥圭介は大政奉還後、右往左往する朋輩を横目に、江戸から五稜郭まで戦っていく。勝海舟や土方歳三に信頼された大鳥は、なぜ戦い続け、何を信じていたのか。武士の最後の戦を描ききる長編。

オンブレ


オンブレ
エルモア・レナード 村上 春樹
新潮文庫

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「男(オンブレ)」の異名を持つ西部の男ジョン・ラッセル。幼少期をアパッチに育てられた伝説の男と悪党たちが、灼熱の荒野で息詰まる死闘を繰り広げる! 表題作ほか、レナードの傑作全2作品を、村上春樹が痛快無比に翻訳。

脳には妙なクセがある


脳には妙なクセがある
池谷 裕二
新潮文庫

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔を作ると楽しくなる。姿勢を正せば自信が持てる-。身体行動に感情を後づけしているという、とても人間的な脳の本性の「クセ」を、気鋭の脳研究者が解説する。

想いの軌跡 -1975-2013-


想いの軌跡 -1975-2013-
塩野 七生
新潮文庫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史大作「ローマ人の物語」の秘話、異国から送る日本人へのメッセージ、忘れられぬ友人たちとの交歓、そして歴史作家としての矜持…。長大な作品群を築いてきた軌跡を辿る。「小林秀雄と田中美知太郎」を追加し文庫化。

チャップリン自伝 -若き日々-


チャップリン自伝 -若き日々-
チャップリン 中里 京子
新潮文庫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ロンドンの薄汚れた劇場から栄光のハリウッドへ。度重なる苦難に襲われながら、少年はいかにして大スターまでの階段を登りつめていったか? 「喜劇王」の前半生を自らふりかえって描く。

新・平家物語 2


新・平家物語 2
吉川 英治
新潮文庫

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
保元の乱に勝利した清盛だが、3年後、源義朝が挙兵し、平治の乱が勃発。京を離れていた清盛は窮地に陥るが、天皇を自邸に迎えるという奇策が奏効し勝利する。義朝は殺され、14歳の頼朝は伊豆へ流される…。

人間アレルギー -なぜ「あの人」を嫌いになるのか-


人間アレルギー -なぜ「あの人」を嫌いになるのか-
岡田 尊司
新潮文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
親友、親子、夫婦、上司と部下…。良好だった関係が、なぜ急にうまくいかなくなるのか? ベテラン精神科医が解き明かす救済の書。現代日本のみならず近代社会に広がる「人間アレルギー」の病理の本質に迫る。

成熟脳 -脳の本番は56歳から始まる-


成熟脳 -脳の本番は56歳から始まる-
黒川 伊保子
新潮文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ヒトの脳の一生は7年ごとに段階を経ていく。14歳までにおとな脳へと成長し、28歳でピークを迎える。物事の優先順位が見えてくる脳の最高潮期は、56歳で始まりを告げる! 脳科学エッセイ。

総力捜査


総力捜査
安東 能明
新潮文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
捜査二課から異動してきた“刑事の中の刑事”上河内博人警部が相棒に指名したのは、なんと“内勤のプロ”柴崎警務課長代理だった…。会心の連作ミステリ。『yomyom pocket』掲載に書き下ろしを加え文庫化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ