さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日中戦争・太平洋戦争

疎開体験の戦後文化史-帰ラレマセン、勝ツマデハ


疎開体験の戦後文化史-帰ラレマセン、勝ツマデハ
李 承俊

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
避難ではなく疎開と呼ばれた銃後の人口移動政策。敗戦後の文学はそれをどのように語り、位置付けてきたか。柳田国男、太宰治、「内向の世代」のテクストや映画を糸口に、銃後の記憶を抱え戦後を生きた人々の思いを照らし出す。

徴用工裁判と日韓請求権協定-韓国大法院判決を読み解く


徴用工裁判と日韓請求権協定-韓国大法院判決を読み解く
山本 晴太 川上 詩朗 殷 勇基 張 界満 金 昌浩 青木 有加

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の植民地主義のもと徴用工として働かされた韓国(当時:朝鮮)の人々に対し慰謝料を払うよう命じた、2018年10月の韓国大法院判決。請求権協定の締結過程やその後の解釈の変遷を調べ、被害者の人権の救済策を考える。

昭和史七つの裏側


昭和史七つの裏側
保阪 正康

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
真実は、当事者たちの記憶や記録の中から現れる! 4千人以上の人々に会い、昭和史を書き伝えてきた著者。定説とは異なる事実が判明した特筆すべき7つの事例を、著者が刊行した「昭和史講座」のなかから抜粋して公開する。

誰も知らない特攻-島尾敏雄の「震洋」体験


誰も知らない特攻-島尾敏雄の「震洋」体験
馬場 明子

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
作家・島尾敏雄は太平洋戦争時、震洋特攻隊長だった体験をもとに遺作「震洋発進」を執筆した。かつて震洋をテーマにテレビドキュメンタリーを制作した著者が、島尾の言葉を手がかりに“幻の特攻艇震洋”の足跡をたどる。

伝説となった日本兵捕虜-ソ連四大劇場を建てた男たち(角川新書 K-279)


伝説となった日本兵捕虜-ソ連四大劇場を建てた男たち(角川新書 K-279)
嶌 信彦
角川新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1945年、ウズベキスタンに抑留された日本兵たちに課せられた劇場建設。彼らの仕事は、ソ連4大劇場のひとつと称賛され、大地震にも耐えたオペラハウスとして結実した-。シルクロードに伝説を刻んだ男たちの偉業を明かす。

教科書に書かれなかった戦争 PART69 画家たちの戦争責任-藤田嗣治の「アッツ島玉砕」をとおして考える-


教科書に書かれなかった戦争 PART69 画家たちの戦争責任-藤田嗣治の「アッツ島玉砕」をとおして考える-

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
太平洋戦争当時、私を軍国少女に育てたものは教育であり、歌であり、絵(戦争画)であった-。藤田嗣治の「アッツ島玉砕」などの戦争画が当時の人々に与えた影響を検証する。

日輪兵舎-戦時下に花咲いた特異な建築


日輪兵舎-戦時下に花咲いた特異な建築
前田 京美 山岸 常人

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦時下に満蒙開拓青少年義勇軍の宿舎として、大量に建設された日輪兵舎。ひと目見たら忘れられない円形の特異な形状をした戦争遺産の、建築的な実態と背景を解き明かす。

戦時下の映画-日本・東アジア・ドイツ


戦時下の映画-日本・東アジア・ドイツ
岩本 憲児 晏 【ニ】 加藤 厚子 近藤 和都 平賀 明彦 渡邉 大輔 古賀 太 上田 学 門間 貴志 鄭 琮樺 李 相雨 渡辺 直紀 李 道明 蔡 宜静 秦 剛 ハラルト・ザーロモン

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アジア・太平洋戦争期、映画はどのように時代と関わり、時代に対応してきたのか。戦時下の映画政策、巡回映画、映画ジャーナリストの言説、映画館に関する論考を中心に収録し、戦時下映画の多様な諸相を浮かび上がらせる。

ほろびの街-東京戦災記録スケッチ集 昭和20年(1945)〜21年(1946)


ほろびの街-東京戦災記録スケッチ集 昭和20年(1945)〜21年(1946)
高橋 春人 高橋 透

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
公共ポスターの大御所であった高橋春人が見た敗戦の東京。新宿、渋谷、上野、神楽坂など、昭和20年3月から21年初夏に至る間の戦災風景を生々しく描いたスケッチ107枚を収録する。

韓国・朝鮮植民地支配と日本の戦争-三・一独立運動100年から考える


韓国・朝鮮植民地支配と日本の戦争-三・一独立運動100年から考える
赤旗編集局

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いまだに噴出する元徴用工、日本軍「慰安婦」問題の根本を、100年前に植民地朝鮮で起きた三・一独立運動から考える。「語り継ぐ日本の侵略と植民地支配」「戦争の真実」に続く書。『しんぶん赤旗』掲載記事を元に単行本化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ