さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日中戦争・太平洋戦争

特殊潜航艇海龍 改訂版


特殊潜航艇海龍 改訂版
白石 良

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
国のため同胞のため自らの命をかけた、数多の搭乗員たちの苛烈な青春。本土防衛のための切り札として造られ、軍機のヴェールに覆われていた最後の決戦兵器「特殊潜航艇海龍」の全容を明らかにする。概略一般艤装図つき。

教養としての帝国陸海軍失敗の本質(宝島社新書 557)


教養としての帝国陸海軍失敗の本質(宝島社新書 557)
別冊宝島編集部
宝島社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
先の大戦で日本軍は、なぜあれほど無残な敗北を喫したのか。東條英機、石原莞爾、山本五十六ら帝国陸海軍の主要な軍人76人の葛藤と生き様をたどり、日本軍の失敗の本質を探る。

昭和の怪物-日本の闇を牛耳った120人の生きざま(宝島社新書 558)


昭和の怪物-日本の闇を牛耳った120人の生きざま(宝島社新書 558)
別冊宝島編集部
宝島社新書

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人間が時代を動かし、人間が国家を牛耳った激動の昭和。東條英機、児玉誉士夫、力道山、田中角栄ら、敗戦と経済復興の過程で頭角を現し、圧倒的なスケール感で戦後史を彩った昭和の怪物120人の半生とエピソードを紹介する。

女たちのシベリア抑留


女たちのシベリア抑留
小柳 ちひろ

予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
従軍看護婦、電話交換手、民間人…。1000人近い日本人女性がシベリアに抑留されていた! 70年以上の沈黙を破り、捕虜だった女性たちが初めて証言したノンフィクション。NHK BS1スペシャルをもとに書籍化。

日本大空爆-米軍戦略爆撃の全貌


日本大空爆-米軍戦略爆撃の全貌
松本 泉

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
街と人々を猛火に包み焼き払った焼夷弾や爆弾を投下した米軍は、どのような意図をもっていたのか。米軍第一級の一次史料から明らかにする。<作戦任務報告書><空襲損害評価報告書>ほか米軍資料写真など図版60点超も収録。

「徴用工問題」とは何か?-韓国大法院判決が問うもの


「徴用工問題」とは何か?-韓国大法院判決が問うもの
戸塚 悦朗

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2018年10月、韓国の大法院が戦時中の元徴用工の人たちが、日本企業を訴えた訴訟で、原告勝訴の判決を言い渡した。植民支配は不法だったという大法院の判断はどういう論理によるものか、判決を検証する。

真珠湾までの経緯-海軍軍務局大佐が語る開戦の真相(中公文庫 い131-1)


真珠湾までの経緯-海軍軍務局大佐が語る開戦の真相(中公文庫 い131-1)
石川 信吾
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
満蒙を放棄しない限り日米衝突は必至。楽観主義の政府に対し、開戦の条件と時機を提案するが…。海軍軍務局大佐・石川信吾が、日米抗争史を中心とした、開戦にいたるまでの世界動乱の姿を回顧する。

鉛筆部隊と特攻隊-近代戦争史哀話 改訂新版


鉛筆部隊と特攻隊-近代戦争史哀話 改訂新版
きむら けん

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
満州新京で編成された特攻隊(武剋隊・武揚隊)の隊員と、世田谷、代沢国民学校の疎開学童・鉛筆部隊とのふれ合いを中心に、数多の挿話を交えて史実を明かすノンフィクション。新たに明らかになった史実などを加えた改訂新版。

甲標的全史-“特殊潜航艇”から始まった知られざる戦い


甲標的全史-“特殊潜航艇”から始まった知られざる戦い
勝目 純也

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
艦隊決戦の前に少しでも米艦隊の兵力を減ずる「漸減作戦」のために開発された特殊潜航艇「甲標的」。その開発の経緯や制式化に至るまでの試行錯誤、講習員の努力、実戦の経緯等を明らかにする。

なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか-太平洋戦争に学ぶ失敗の本質


なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか-太平洋戦争に学ぶ失敗の本質
松本 利秋

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
インパール作戦、台湾沖航空戦、終戦工作から現代の原発事故、粉飾決算、企業買収まで、今も日本組織が抱える「負ける」体質。「先送り」「不決断」などの視点から戦争における日本軍の失敗に迫り、現代的教訓とする。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ