さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日中戦争・太平洋戦争

沖縄戦を生きぬいた人びと -揺れる想いを語り合えるまでの70年-


沖縄戦を生きぬいた人びと -揺れる想いを語り合えるまでの70年-
吉川 麻衣子

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦中戦後、言葉にはできなかったけれどずっと想い続けていたこと…。これまでに500名を超える、「沖縄戦」を体験した人びとと対話してきた臨床心理士が、語り手の揺れ動く想いを、数々のエピソードをもとに記す。

教科書に書かれなかった戦争 PART66


教科書に書かれなかった戦争 PART66

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和戦前期、国民は戦争を選んだのか。戦争をした日本は、どのような戦後処理をしたのか。過去を振り返り、今何を考えるべきかを問う。2015年5月開催の恵泉女学園大学平和文化研究所・戦後70年特別座談会を書籍化。

消えゆく太平洋戦争の戦跡


消えゆく太平洋戦争の戦跡
「消えゆく太平洋戦争の戦跡」編集委員会

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
海底で朽ちゆく特攻機、ジャングルに眠る日本軍の爆撃機、虚空を睨む砲台跡、波に洗われる座礁船…。海外と国内に残る太平洋戦争の戦跡の現状を、ジャーナリストや作家、研究者らがレポートする。カラー写真も多数掲載。

戦艦大和誕生 上巻


戦艦大和誕生 上巻
前間 孝則
草思社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天才的技術者の一千枚を越える未公開手記により、初めて明らかにされた超大型戦艦建造の偉業秘話。戦後日本の経済成長の元となった、合理化或いは自動化による生産性の向上という考えを実践した先駆者の工法とは…。

戦艦大和誕生 下巻


戦艦大和誕生 下巻
前間 孝則
草思社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
全てが不足する戦時下で苦闘する技術者。しかし、そこから戦後の繁栄をもたらす日本的生産方式を創りだした。戦艦「大和」の船殻主任として活躍し、戦後は沈黙を守った西島亮二の手記から見る日本造船業。

いつも笑顔で -あの戦争と母の言葉-


いつも笑顔で -あの戦争と母の言葉-
海老名 香葉子 いわさき ちひろ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東京大空襲で兄ひとりを除く一家6人を失い、孤児として各地を転々とした後、18歳で落語家・林家三平と結婚した海老名香葉子が、幼き日の体験を通して、戦争と母の心を語る。いわさきちひろの絵も掲載。

「飽食した悪魔」の戦後 -731部隊と二木秀雄『政界ジープ』-


「飽食した悪魔」の戦後 -731部隊と二木秀雄『政界ジープ』-
加藤 哲郎

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
731部隊で結核・梅毒の人体実験を企画・実行した二木秀雄。彼の一生を辿りながら、戦後に連続した731部隊の隊員達の活動と、医療民主化の裏側での医学者たちの復権をアメリカ公文書等の新資料から明らかにする。

父の謝罪碑を撤去します -慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白-


父の謝罪碑を撤去します -慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白-
大高 未貴

Amazonでの評価:(4.9/5.0)
予約数: 20
予想待ち時間: 10か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日韓関係、「謝罪碑」、父・吉田清治が発信した虚偽、日本と日本人への想い…。長男の決意から始まった謝罪碑撤去をルポルタージュする。書き下ろしに『新潮45』『正論』掲載を加えて書籍化。

知らなかった、ぼくらの戦争


知らなかった、ぼくらの戦争
アーサー・ビナード

Amazonでの評価:(4.3/5.0)
予約数: 48
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「敵性語」を習い、「毒ガス島」で働き…。もと「敵国」の詩人が耳をすまし、つかみとった「生きつづける体験」。文化放送「アーサー・ビナード「探しています」」のうち、23名の戦争体験談を採録し、加筆・修正して再構成。

徳富蘇峰と大日本言論報国会


徳富蘇峰と大日本言論報国会
赤澤 史朗
日本史リブレット

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
第二次世界大戦はイデオロギーの闘いでもあった。日本の「思想戦」の主体とされた大日本言論報国会と、会長で論壇の大御所となった徳富蘇峰の姿とともに、「思想戦」論の行き着く先を描く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ