さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日中戦争・太平洋戦争

日米戦争を策謀したのは誰だ! -ロックフェラー、ルーズベルト、近衛文麿そしてフーバーは-


日米戦争を策謀したのは誰だ! -ロックフェラー、ルーズベルト、近衛文麿そしてフーバーは-
林 千勝

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦争を企んだ「好戦家・ルーズベルト」と「国際金融資本家・ロックフェラー」。そして国際共産主義の策動…。なぜ日米は戦争に引きずり込まれたのかを明らかにしたノンフィクション。

カラー写真と地図でたどる太平洋戦争日本の軌跡


カラー写真と地図でたどる太平洋戦争日本の軌跡
太平洋戦争研究会
SBビジュアル新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
砲弾が飛び交う戦場。とてつもないスケールの戦闘機や軍艦。そして戦時に生きた人々…。太平洋戦争の開戦前夜から終戦まで、日本がたどった激闘の軌跡を、CG着色した当時の写真やカラー地図とともにふりかえる。

日本は誰と戦ったのか -コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ-


日本は誰と戦ったのか -コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ-
江崎 道朗
ワニブックス|PLUS|新書

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の真の敵は、アメリカではなく、ソ連・コミンテルンではなかったのか。アメリカの反共保守派による「日米戦争」に関する最新研究を通して、日米を戦争に追い込んだソ連の謀略をつまびらかにする。

シベリア抑留者への鎮魂歌(レクイエム)


シベリア抑留者への鎮魂歌(レクイエム)
富田 武

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新発見の公文書で明らかにされたソ連で銃殺刑判決を受けた日本人の記録、諜報活動から長期抑留された女囚の謎、詩人石原吉郎・画家四國五郎の過酷な抑留生活…。様々なシベリア抑留の実態を伝える。

昭和天皇 上


昭和天皇 上
保阪 正康
朝日選書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦前は「立憲君主」、戦後は「象徴天皇」として一貫した行動をとり続けた昭和天皇。その足跡を貴重な資料をもとに丹念に辿り、「昭和」を問い直す。上は、誕生から、ヨーロッパ外遊、終戦、地方行幸までを詳述する。

昭和天皇 下


昭和天皇 下
保阪 正康
朝日選書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦前は「立憲君主」、戦後は「象徴天皇」として一貫した行動をとり続けた昭和天皇。その足跡を貴重な資料をもとに丹念に辿り、「昭和」を問い直す。下は、皇太子の結婚から崩御までを詳述。『週刊朝日』掲載の補章等も収録。

林芙美子が見た大東亜戦争 -『放浪記』の作家は、なぜ「南京大虐殺」を書かなかったのか-


林芙美子が見た大東亜戦争 -『放浪記』の作家は、なぜ「南京大虐殺」を書かなかったのか-
宮田 俊行

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
『朝日新聞』『毎日新聞』の従軍作家となり、広漠たる大東亜共栄圏を旅した林芙美子は、大東亜戦争の激戦地でいったい何を見たのか、なぜ「南京大虐殺」を書かなかったのか。貴重な記録をもとに、その足跡を辿る。

陸軍特別攻撃隊 2


陸軍特別攻撃隊 2
高木 俊朗
文春学藝ライブラリー 歴史

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昭和19年11月、新たな特攻隊が次々と投入された。大本営は実態とかけ離れた戦果を発表し、国民を欺く。“処刑飛行”を強いられた“生きた軍神”、重爆特攻の悲劇、動揺する四航軍司令官…陸軍特別攻撃隊の真実の姿を描く。

日中戦争と中ソ関係 -1937年ソ連外交文書邦訳・解題・解説-


日中戦争と中ソ関係 -1937年ソ連外交文書邦訳・解題・解説-
河原地 英武 平野 達志 家近 亮子 川島 真 岩谷 將

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ソ連・中国関係のロシア語史料集から、日中戦争が勃発した1937年部分の史料を抜粋・翻訳。解題のほか、ソ連の対中・対日認識、中国の対日方針等に関する解説も収録する。多角的な視野から日中戦争を考える基礎となる本。

南京事件論争史 -日本人は史実をどう認識してきたか-


南京事件論争史 -日本人は史実をどう認識してきたか-
笠原 十九司
平凡社ライブラリー

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本軍が中国軍兵士と捕虜、一般市民を殺戮・暴行し、多くの犠牲者を出した南京事件。事件発生時から現在までの経過を丹念にたどり、虐殺事件否定派の論拠の問題点とトリックを衝き、「論争」を生む日本人の歴史認識を問う。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ