さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本

永山則夫の罪と罰 -せめて二十歳のその日まで-


永山則夫の罪と罰 -せめて二十歳のその日まで-
井口 時男

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
劣悪な環境から「連続射殺魔」となった永山則夫。彼は獄中で言葉を獲得し、ついには読む者に感動を与える言葉を生み出した。文学の立場から、永山則夫の罪と表現を問う。文芸評論家・井口時男による永山則夫論30年の集成。

漱石とその周辺 -100年前のロンドン-


漱石とその周辺 -100年前のロンドン-
清水 一嘉

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
書物に取り憑かれた英文学者が、日本近代文学の黎明期、ロンドンに渡った若き夏目漱石と芸術家たちの足跡、交遊を辿る。イギリスとオックスフォードについてのエッセイも収録。

101歳の教科書 -シルクロードに魅せられて-


101歳の教科書 -シルクロードに魅せられて-
入江 一子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
50代半ばからシルクロードを30ケ国以上旅し、描き続けてきた洋画家・入江一子。101歳を超えてなお創作意欲に溢れ、200号の大作を描き続ける画家のエッセイ。これまで描いた作品もオールカラーで収載。

ドライチ -プロ野球人生『選択の明暗』-


ドライチ -プロ野球人生『選択の明暗』-
田崎 健太

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
辻内崇伸、大越基など、ドラフト1位で入団したプロ野球選手たちを徹底取材。華やかさのみならず、躓き、苦労、厳しさなど、その実像を浮かび上がらせる。ウェブサイト『ベースボールチャンネル』連載を元に単行本化。

新宿、わたしの解放区


新宿、わたしの解放区
佐々木 美智子 岩本 茂之

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
北海道から東京に出てきてわたしは新宿に落ち着いた。新宿は魅力ある人で溢れていた-。ゴールデン街の60〜70年代を今に伝える名著の増補版。岩本茂之が関係者にインタビューした「あの頃の新宿とおミッちゃん」も収録。

江戸川乱歩と横溝正史


江戸川乱歩と横溝正史
中川 右介

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の探偵小説を牽引した2大巨頭、江戸川乱歩と横溝正史。太陽と月にも喩えられる日本文学史上稀な関係はどのように生まれ、育まれたのか。2人の大作家の歩みを辿りながら日本の出版史をも描き出す対比評伝。

エッジィな男ムッシュかまやつ


エッジィな男ムッシュかまやつ
サエキ けんぞう 中村 俊夫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
惜しまれつつ、最高の歌と、忘れられない面影を残した大スター、ムッシュかまやつ。終生、時代の先端(エッジ)に居続けたムッシュの才能の軌跡をたどりながら、その活動の本態と真価を描き出す。

旅する心のつくりかた -楽しきかな、わが冒険人生-


旅する心のつくりかた -楽しきかな、わが冒険人生-
石川 文洋 岡野 明子
THE INTERVIEWS

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ベトナム戦争時に、アメリカ軍・サイゴン政府軍に4年間にわたり従軍取材した報道カメラマンの石川文洋。世界無銭旅行から戦場、世界各地、日本縦断、沖縄の基地問題まで、これまでの冒険人生を語ったインタビューを収録。

澁澤龍彦ドラコニアの地平


澁澤龍彦ドラコニアの地平
世田谷文学館

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
澁澤龍彦の文学表現活動の足跡を総覧。代表作「夢の宇宙誌」「高丘親王航海記」など、300点を超える草稿・原稿・創作メモ等の自筆資料、愛蔵の美術品やオブジェ、和洋の蔵書などから、澁澤の表現活動と博物誌的魅力に迫る。

折口信夫 -日本の保守主義者-


折口信夫 -日本の保守主義者-
植村 和秀
中公新書

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
民俗学者、国文学者で歌人、小説家でもある折口信夫。関東大震災から敗戦へと至る日本社会の危機が生んだ「知の巨人」の生涯を辿る。さらに、折口の思想をナショナリズムとの関係性から読み解き、真の保守主義とは何かを問う。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ