さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本

対峙-日本を動かした怪物たち(扶桑社新書 298)


対峙-日本を動かした怪物たち(扶桑社新書 298)
田原 総一朗
扶桑社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
田中角栄、小泉純一郎、稲盛和夫、松下幸之助、大島渚、石原慎太郎…。日本を牽引した“怪物”たちに果敢に切り込み、隠された本心を引き出した、ジャーナリスト・田原総一朗による人物評伝。

白洲正子と歩く琵琶湖 江北編 山、命生む母性への祈り


白洲正子と歩く琵琶湖 江北編 山、命生む母性への祈り
大沼 芳幸

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近江を深く愛した随筆家・白洲正子の作品に登場する場所、および関連する場所を取り上げ、著者の感性を交え、近江に継承された文化について解説。江北編では、山と山に拠る人が紡ぎ上げた様々な文化を紹介する。

前田利家・利長-創られた「加賀百万石」伝説(中世から近世へ)


前田利家・利長-創られた「加賀百万石」伝説(中世から近世へ)
大西 泰正
中世から近世へ

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
雄藩のイメージはどのように創られ、維持されるのか。中世から近世への移行期、加賀・能登・越中の三か国に領国を形成した前田利家・利長親子の動静を各種の史料により追い、不透明な事実関係を解明する。

毒死列島 身悶えしつつ-追悼石牟礼道子


毒死列島 身悶えしつつ-追悼石牟礼道子
石牟礼 道子 田中 優子 高峰 武 宮本 成美 小林 和子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「苦海浄土」などの作品で知られる作家・石牟礼道子を追悼した一冊。『週刊金曜日』に掲載された江戸文化研究者・田中優子との対談記事に、未載録部分を加えて収録する。写真家・宮本成美の追悼文なども掲載。

ケアを描く-育児と介護の現代小説


ケアを描く-育児と介護の現代小説
佐々木 亜紀子 光石 亜由美 米村 みゆき 崔 正美 飯田 祐子 古川 裕佳 尹 芷汐 磯村 美保子 山口 比砂

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
外部から見えにくいケアの現場を、フィクションはどのように描いているのか。乳幼児、障がい者、高齢者を対象としたケアに焦点をあて、<ケアをする/ケアを受ける>人間関係を描いた小説を論じ、多様な価値観を発見する。

完本太宰と井伏-ふたつの戦後(講談社文芸文庫 かP4)


完本太宰と井伏-ふたつの戦後(講談社文芸文庫 かP4)
加藤 典洋
講談社文芸文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
4度の自殺未遂を経て、生きることを選んだ太宰治は、戦後なぜ再び死に赴いたのか。師弟でもあったふたりの文学者の対照的な姿から、今に続く「戦後」の核心を鮮やかに照射する。考察を深めた論考を増補した完本。

生きるのが苦しいなら-仏像と生きた3285日(veggy Books)


生きるのが苦しいなら-仏像と生きた3285日(veggy Books)
SALLiA
veggy Books

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いじめ、不登校、家庭内の不和、強姦未遂。様々な生きる苦しみを感じながら成長し、20歳で「仏像」と出会い…。USEN1位アーティストで、仏像オタクニストとしても活動するSALLiAが、壮絶な人生を赤裸々に綴る。

そしていま、一人になった


そしていま、一人になった
吉行 和子

予約数: 15
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
母・あぐりの静かな旅立ち、劇団民藝からはじまった女優人生、兄・妹との日々、人生の残り時間…。107歳まで生きた母を送り、自分も80歳を超えた女優・吉行和子が、これまでの自分と家族について綴る。

友情について-僕と豊島昭彦君の44年


友情について-僕と豊島昭彦君の44年
佐藤 優

予約数: 32
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
末期癌と宣告された高校時代の親友。彼の望みは「自分が生きた証を遺したい」だった。会社の破綻、上司との軋轢、リストラや出世、転職、家族、友人、病…。親友が激動の半生を赤裸々に綴り、作家・佐藤優が生きる極意を語る。

平成の死-追悼は生きる糧


平成の死-追悼は生きる糧
宝泉 薫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
平成という時代を見たいなら、その時代の死を見つめればいい-。美空ひばり、松田優作、伊丹十三、尾崎豊など、平成時代に亡くなった著名人を取り上げ、死とは何か、平成とは何だったのかを探る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ