さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本のおはなし

あめ、ぽつり(おひさまこんにちは年少向)


あめ、ぽつり(おひさまこんにちは年少向)
はせがわ さとみ たかお ゆうこ
おひさまこんにちは年少向

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ぽつぽつぽつり。しずかな雨の公園です。だあれもいません。ほんとかな? おや、はっぱのうらで雨の音を聞いているのはだあれ? かたつむりもかえるもごきげんです。ところが、砂場から泣き声が聞こえてきて…?

水仙月の四日


水仙月の四日

宮沢 賢治 岡野 和

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から

風の又三郎


風の又三郎

宮澤 賢治 岡野 和

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
夏休み明け、谷川の村の小さな学校に高田三郎という転校生がやってきました。村の子どもたちとは様子の違うその少年を、4年生の嘉助は風の神の子どもの「風の又三郎」だと思うのですが…。

レレコさんとかおかきこぞう(ともだちだいすき)


レレコさんとかおかきこぞう(ともだちだいすき)
新沢 としひこ 市居 みか
ともだちだいすき

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
レレコさんは家のドアに、「ようかいさん、どうぞおはいりください」という紙を貼りました。すると現れたのは、かおかきこぞう。湯呑やソファーにかおかきこぞうが顔をかくと、みんなおしゃべりを始めて、さあ大変!

とべとべたかく!(おひさまこんにちは年少向)


とべとべたかく!(おひさまこんにちは年少向)
加藤 純子 たけがみ たえ
おひさまこんにちは年少向

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
バッタがいるよ。じまんのふというしろあしと、せなかのはねで、空をとべるんだって。みんなで「とべ、とべ、バッタ!」っていってみよう! とぶ生き物たちに声をかけながらみんなで楽しむ、参加型紙しばい。

あさのおしたくこれだれの?(おひさまこんにちは年少向)


あさのおしたくこれだれの?(おひさまこんにちは年少向)
得田 之久 武田 美穂
おひさまこんにちは年少向

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
このズボン、だーれの? ながい歯ブラシはだれのかな? あさのおしたくをして、さあ、おでかけしましょう。みんながむかったさきは…? あさのおしたくをきちんとすると、一日元気にすごせるよ! 一日のはじまりの紙芝居。

えのぐちゃん(ともだちだいすき)


えのぐちゃん(ともだちだいすき)
江波 ノッコ
ともだちだいすき

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
赤、青、黄色のえのぐちゃんたち。ふでさんといっしょに、おえかきをしよう! ふたつの色がまざったら、どんな色になるかな? オレンジ、紫、緑になった。白ちゃんもやってきて、さあ、何をかこうかな?

狼森(オイノもり)と笊森、盗森(ぬすともり)


狼森(オイノもり)と笊森、盗森(ぬすともり)
宮沢 賢治 岡野 和 さとう つきこ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
4つの森に囲まれた野原にやって来た百姓たちは、畑を作ったり、木をもらったりしてもいいかと森たちに尋ねました。森たちがいいと言ったので、百姓たちはそこで暮らすことに。そこから森たちと百姓たちのつきあいが始まり…。

ぱん・ぱん・パンやさん(おひさまこんにちは年少向)


ぱん・ぱん・パンやさん(おひさまこんにちは年少向)
こが ようこ たかお ゆうこ
おひさまこんにちは年少向

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
パンやのコッペさん、今日は失敗ばかりで、すっかりやる気をなくしちゃった。でも、男の子が「ふわふわパン、ふかふかパン、たべたらにこにこ、パン・パン・パン」って歌ったら、元気がでてきて…。

おとうふさんとそらまめさん(年少向けおひさまこんにちは)


おとうふさんとそらまめさん(年少向けおひさまこんにちは)
松谷 みよ子 長野 ヒデ子
年少向けおひさまこんにちは

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
おとうふさんと、そらまめさんは、大の仲良し。ある日、二人が散歩に行くと、川に、一本橋がかかっていた。先に渡ったのは、おとうふさん。怖くて怖くて、ぶる、ぶるる…。それを見た、そらまめさんは、大笑い。ところが…。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ