さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本のエッセイ

ぼくが戦争に行くとき-反時代的な即興論文(中公文庫 て2-3)


ぼくが戦争に行くとき-反時代的な即興論文(中公文庫 て2-3)
寺山 修司
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「君の魂のゴミタメのなかにしか荒野は見いだされないことを、君は知っているのか?」 寺山修司が混とんとする日本社会と対峙。「ぼくの内なる戦場」からロマン・ロラン論、映画論、賭博論まで収録した随想集。

日本人よ、かくあれ-大和の森から贈る、48の幸せの見つけ方


日本人よ、かくあれ-大和の森から贈る、48の幸せの見つけ方
岡本 彰夫 保山 耕一

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
誇り、祖先…。日本人よ、日本の未来よ、かくあれかし(このようにあってほしい)-。大和に生まれ、神前奉仕に半生を捧げた岡本彰夫が、あらまほしき日本の姿と日本人の幸せを考える。映像作家・保山耕一による写真も収録。

夫の後始末 続 今も一つ屋根の下で


夫の後始末 続 今も一つ屋根の下で
曽野 綾子

予約数: 28
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
88歳の私に課されたのは、自分の後始末だ。果たして、死はそれほど恐ろしいか-。作家・曽野綾子が、夫・三浦朱門を看取ってからの3年間を綴る。『週刊現代』連載を加筆修正し単行本化。

定年後ヒーロー


定年後ヒーロー
萩原 孝一

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
豊かな経験、技術、時間を持つ、定年を迎えた4000万人の日本の高齢者達。新型コロナが蔓延し、深刻な環境問題に直面する今、地球を救えるのはあなただ! 高齢者が蓄積したノウハウを、世界平和に役立てるべきだと伝える。

ア・ピース・オブ・警句-5年間の「空気の研究」2015-2019


ア・ピース・オブ・警句-5年間の「空気の研究」2015-2019
小田嶋 隆

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
誰も知らない新国立競技場の責任者、実は小さな「モリカケ問題」、御苑の桜に罪はない…。反骨のコラムニストが、日本の5年間を総括する。『日経ビジネス電子版』ほか掲載を書籍化。

老いは迎え討て-この世を面白く生きる条件


老いは迎え討て-この世を面白く生きる条件
田中 澄江

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
おだやかな死に方を得るために、どんな若い日々をすごしたらよいか。自らの半生を振り返り、老いをおそれず「幸せに老いる」、その心の在り方を説く。

吉本隆明『共同幻想論』-戦後、最も難解な本に挑む(NHKテキスト 100分de名著)


吉本隆明『共同幻想論』-戦後、最も難解な本に挑む(NHKテキスト 100分de名著)
先崎 彰容 日本放送協会 NHK出版
NHKテキスト 100分de名著

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

新田次郎山の歳時記 続(ヤマケイ文庫)


新田次郎山の歳時記 続(ヤマケイ文庫)
新田 次郎
ヤマケイ文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
山を舞台に多くの傑作を生み出した作家・新田次郎のエッセー・紀行集。故郷信濃の追憶、富士への想い、アルプス紀行、日々の随想など、単行本・全集未収録作を多数収録。作家の山岳・自然観、創作の背景をたどる。

なぜ、生きているのかと考えてみるのが今かもしれない


なぜ、生きているのかと考えてみるのが今かもしれない
辻 仁成

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新型コロナがやって来た。商店も、カフェも、レストランも閉鎖され、地下鉄も動かなくなり…。辻仁成がロックダウンしたパリで綴った、日々のこと。Webサイトマガジン『Design Stories』連載を単行本化。

三島由紀夫石原慎太郎全対話(中公文庫 み9-17)


三島由紀夫石原慎太郎全対話(中公文庫 み9-17)
三島 由紀夫 石原 慎太郎
中公文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦後日本を象徴する2大スタア作家、三島由紀夫と石原慎太郎の競演-。1956年の「新人の季節」から69年の「守るべきものの価値」まで、全集未収録の6編を含む全9編の対話を集成。石原のロングインタビューなども収録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ