さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の外交・国防

中国で叶えた幸せ(「忘れられない中国滞在エピソード」受賞作品集 第2回)


中国で叶えた幸せ(「忘れられない中国滞在エピソード」受賞作品集 第2回)
鈴木 憲和 乗上 美沙 段 躍中
「忘れられない中国滞在エピソード」受賞作品集

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中国に行ったことのある日本人を対象にとっておきの体験エピソードを募集した、第2回「忘れられない中国滞在エピソード」の受賞作品集。最優秀賞・中国大使賞の「赤い羽根がくれた幸せ」をはじめ計77編の入賞作などを収録。

国境は誰のためにある?-境界地域サハリン・樺太(歴史総合パートナーズ 10)


国境は誰のためにある?-境界地域サハリン・樺太(歴史総合パートナーズ 10)
中山 大将
歴史総合パートナーズ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本とロシアの間で何度も国境が変わったサハリン島を事例にして、国境は誰のためにあるのか、国境が変わると何が起きるのかを考察。歴史を学ぶことの意味についても論じる。

教養としての帝国陸海軍失敗の本質(宝島社新書 557)


教養としての帝国陸海軍失敗の本質(宝島社新書 557)
別冊宝島編集部
宝島社新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
先の大戦で日本軍は、なぜあれほど無残な敗北を喫したのか。東條英機、石原莞爾、山本五十六ら帝国陸海軍の主要な軍人76人の葛藤と生き様をたどり、日本軍の失敗の本質を探る。

韓国併合110年後の真実-条約による併合という欺瞞(岩波ブックレット No.1014)


韓国併合110年後の真実-条約による併合という欺瞞(岩波ブックレット No.1014)
和田 春樹
岩波ブックレット

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
慰安婦や徴用工の問題の出発点である1910年の韓国併合の合法性、有効性については、いまだに日韓両国政府の認識に大きな隔たりがある。併合実行の過程を詳細に検証し、日本政府の主張が誤謬であることを明らかにする。

反日韓国「歴史と謀略」(扶桑社文庫 け1-4)


反日韓国「歴史と謀略」(扶桑社文庫 け1-4)
拳骨 拓史
扶桑社文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朱子学(小中華思想)が入る前、朝鮮は親日だったのか。日本統治時代を知らない世代が多数を占める状況になっても、なぜ韓国の反日は沈静化しないのか。韓国の反日思想の起源と対日工作の実態を、歴史と謀略の視点で読み解く。

ルトワックの日本改造論


ルトワックの日本改造論
エドワード・ルトワック 奥山 真司

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本は国家戦略として「若返り」を目指すべきである-。現在進行中の日本を含むアジア情勢の危機について、とりわけ北朝鮮や中国に関する情勢を中心に、戦略家としての視点から分析する。

日本を取り巻く無法国家のあしらい方-ウクライナ人が説く国際政治の仁義なき戦い


日本を取り巻く無法国家のあしらい方-ウクライナ人が説く国際政治の仁義なき戦い
グレンコ・アンドリー

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
韓国、北朝鮮、中国、ロシア。日本の周りにある4つの無法国家がどういう国で、どういう原理で動いているのかを明らかにし、ヨーロッパの実例も挙げながら、無法国家との付き合い方を提案する。

モンスターと化した韓国の奈落-アメリカが反日・文在寅を断罪する


モンスターと化した韓国の奈落-アメリカが反日・文在寅を断罪する
古森 義久

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
条理を無視し、情緒に駆られ、悪意や敵意をぶつけてくる韓国は、いまや日本にとっては奇怪なモンスターのよう。ワシントン駐在記者として取材を続けてきた著者が、「アメリカからみる韓国」を報告する。

「徴用工問題」とは何か?-韓国大法院判決が問うもの


「徴用工問題」とは何か?-韓国大法院判決が問うもの
戸塚 悦朗

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2018年10月、韓国の大法院が戦時中の元徴用工の人たちが、日本企業を訴えた訴訟で、原告勝訴の判決を言い渡した。植民支配は不法だったという大法院の判断はどういう論理によるものか、判決を検証する。

戦争と敗北-昭和軍拡史の真相


戦争と敗北-昭和軍拡史の真相
纐纈 厚

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「破滅の歴史」を刻むことになった、1920年代から30年代にかけての日本の軍拡と軍縮の同時進行的なせめぎ合いに焦点を当て、当事者たちの語りを多く紹介することで、現代に活かすべき教訓を探る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ