さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の外交・国防

現代日本の地政学 -13のリスクと地経学の時代-


現代日本の地政学 -13のリスクと地経学の時代-
日本再建イニシアティブ
中公新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
国家の行動を地理環境と結びつけて考える「地政学」が復活している。米国主導の秩序と日米同盟に守られていた日本だが、中国の軍拡による脅威は深刻だ。トランプ米政権のもと、日本がとるべき戦略を俊英13人が描く。

日本の防衛 -防衛白書-平成29年版


日本の防衛 -防衛白書-平成29年版
防衛省

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の防衛に関する基本的事項、現状および今後の方向性について、日本を取り巻く安全保障環境、日本の安全保障・防衛政策、国民の生命・財産と領土・領海・領空を守り抜くための取組などにポイントをおきながら説明する。

「日本軍」はなぜ世界から尊敬されているのか


「日本軍」はなぜ世界から尊敬されているのか
熊谷 充晃

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「大日本帝国軍」が歴史や世界に与えた影響とは? 長きにわたって“絶対悪”とされてきた「日本軍」が、喧伝されるほどの「悪魔」ではなかったことを示す事実を、さまざまな文献を渉猟して明らかにする。

「招待所」という名の収容所 -北朝鮮による拉致の真実-


「招待所」という名の収容所 -北朝鮮による拉致の真実-
ロバート・S.ボイントン 山岡 由美

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
最初の拉致から40年、被害者5人の返還から15年…。そこには、鉄条網と監視員に囲まれた「招待所」と呼ばれる地区があった! 北朝鮮による日本人拉致事件の全貌を伝えるノンフィクション。

海洋国家日本の戦後史 -アジア変貌の軌跡を読み解く-


海洋国家日本の戦後史 -アジア変貌の軌跡を読み解く-
宮城 大蔵
ちくま学芸文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
巨大な変貌を遂げた海域アジアの戦後史は、海洋国家・日本の歩みと軌を一にするものであった。アジアの現在を形作った劇的な時代における日本の航跡を描き出し、再び政治の時代を迎えつつあるアジアの中での役割を提示する。

アジア辺境論 -これが日本の生きる道-


アジア辺境論 -これが日本の生きる道-
内田 樹 姜 尚中
集英社新書

Amazonでの評価:(3.0/5.0)
予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アメリカ、欧州、ロシア、中国…その狭間で日本が生き残るために何が必要か。その鍵は日・台・韓の連携にあり。リベラルの重鎮ふたりが、韓国や台湾を視野に入れた緩やかな連帯の可能性を探る。

中国が反論できない真実の尖閣史


中国が反論できない真実の尖閣史
石 平 いしゐ のぞむ

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明朝の公式文書の中には、尖閣が明の領土でないことが明示されていた! 漢文で書かれた史料の解読を通じて、中国の領有主張を一挙に粉砕し、日本の領有権を歴史的に証明する。

日本人を精神的武装解除するためにアメリカがねじ曲げた日本の歴史 -歪められた言論空間を打ち砕く国際派学者による歴史認識の神髄-


日本人を精神的武装解除するためにアメリカがねじ曲げた日本の歴史 -歪められた言論空間を打ち砕く国際派学者による歴史認識の神髄-
青柳 武彦

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
第二次世界大戦終了後、日本人を精神的に武装解除するために、徹底的に日本の歴史をねじ曲げた米国。国際派学者が、現在もなお教育界やメディアで拡大再生産を続けている、GHQが植え付けた罪悪史観を正す。

最後の帝国海軍 -軍令部総長の証言-


最後の帝国海軍 -軍令部総長の証言-
豊田 副武
中公文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
山本五十六戦死後に連合艦隊司令長官をつとめ、最後の軍令部総長として戦艦大和の水上特攻など、断末魔の帝国海軍の作戦を命令した海軍大将・豊田副武が残した手記を復刊。「海軍の失敗の本質」に迫る書。

拉致問題を超えて -平和的解決への提言 拉致・人権・国際社会-


拉致問題を超えて -平和的解決への提言 拉致・人権・国際社会-
江口 昌樹

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
北朝鮮による拉致事件の全体像と朝鮮の人権問題を概観し、拉致問題の解決とは何か、その戦略はどうあるべきかを考察。また、ソ連・東欧社会主義の体制転換の総括から、「北朝鮮の崩壊」論を検証し、その非現実性を証明する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ