さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の政治・行政

リベラルという病


リベラルという病
山口 真由
新潮新書

Amazonでの評価:(2.8/5.0)
予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「正しさ」に憑かれたリベラルの理想と現実、トランプ政権下で深まるアメリカ社会の大断層を、歴史的経緯から鮮やかに分析。欧米のリベラリズムを奇妙な形で輸入・加工し続けてきた日本的リベラルの矛盾と限界をも解き明かす。

総理大臣の無知と無恥


総理大臣の無知と無恥
齋藤 芳弘

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
安倍総理の国会答弁をはじめ、公の場所での数々の発言を忠実に記述することで、その政治姿勢と人間性を炙り出し、発言の裏にある恐るべき野望を明らかにする。「自民党改正草案と現行憲法の比較」等の資料も掲載。

沖縄と国家


沖縄と国家
辺見 庸 目取真 俊
角川新書

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ヤマトゥが糊塗した欺瞞とは-。闘うふたりの作家が、連綿と続く構造的沖縄差別のルーツを解き明かし、本土の視線にひそむ欺瞞を仮借なく暴くことで、日本という国の歴史と現在を照らし出す。

アジア辺境論 -これが日本の生きる道-


アジア辺境論 -これが日本の生きる道-
内田 樹 姜 尚中
集英社新書

Amazonでの評価:(3.0/5.0)
予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
アメリカ、欧州、ロシア、中国…その狭間で日本が生き残るために何が必要か。その鍵は日・台・韓の連携にあり。リベラルの重鎮ふたりが、韓国や台湾を視野に入れた緩やかな連帯の可能性を探る。

平成の天皇制とは何か -制度と個人のはざまで-


平成の天皇制とは何か -制度と個人のはざまで-
吉田 裕 瀬畑 源 河西 秀哉 冨永 望 舟橋 正真 山口 輝臣 森 暢平 渡辺 治 西村 裕一

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明仁天皇と美智子皇后が自らの発言や行動を通じて作りあげ体現してきた「平成流」象徴天皇制の実態やあり方を、9人の専門家たちが分析・検証。「代替わり」後の象徴天皇制の行方を縦横に論じる。

議会政治の誕生と国会 -崩壊・再生への道-


議会政治の誕生と国会 -崩壊・再生への道-
平野 貞夫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
崩壊の危機に瀕した我が国の議会政治の元凶を顕在化するために、議会政治誕生から150年の通史を概観。幕府の議会政治導入論から、平成20年代の混迷する議会政治までを辿る。

沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください


沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください
惠 隆之介 渡邉 哲也

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
基地問題、忍び寄る中国の魔の手、裏切りの県民性、左翼…沖縄に潜む闇は深い。気鋭のジャーナリスト・惠隆之介と経済評論家・渡邉哲也が、その知られざる闇を明らかにし、沖縄の自立について論じる。

公共部門における評価と統制


公共部門における評価と統制
橋本 圭多
ガバナンスと評価

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
公共部門における評価実務について、評価を通じた統制と管理の問題点を、二項的な概念分類を用いて考察。さらに、日本の公共部門におけるいくつかの事例も検討。公共部門評価が氾濫する時代を問い直す。

国会女子の忖度日記 -議員秘書は、今日もイバラの道をゆく-


国会女子の忖度日記 -議員秘書は、今日もイバラの道をゆく-
神澤 志万

Amazonでの評価:(4.3/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
キャリア20年以上の現役国会議員政策秘書が、これまで過ごしてきた日々、議員秘書でなくては見られない永田町の裏話などを4コマ漫画を交えて紹介する。

脱大日本主義 -「成熟の時代」の国のかたち-


脱大日本主義 -「成熟の時代」の国のかたち-
鳩山 友紀夫
平凡社新書

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治以来の大日本主義的志向は、戦後も「経済大国から政治大国へ」という夢として信じられてきた。世界における相対的地位が低下し、人口減少と低成長経済が続く中で、日本という国はいかにあるべきなのかを鳩山友紀夫が語る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ