さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の政治・行政

13歳からの天皇制-憲法の仕組みに照らして考えよう


13歳からの天皇制-憲法の仕組みに照らして考えよう
堀 新

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天皇・皇室を知れば、憲法がわかる-。「天皇制とは何か」を改めて定義し、憲法上の地位、国民との関係、国民が憲法でどのような基本的人権を保障されているかなどを解説。天皇・皇室と憲法の両方についての理解を深める本。

国会をみよう-国会パブリックビューイングの試み


国会をみよう-国会パブリックビューイングの試み
上西 充子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
街頭にスクリーンを設置し、国会審議を映して人々に見てもらう「国会パブリックビューイング」。2018年6月の活動開始から2019年6月の一周年記念交流会までのその活動を、「ご飯論法」の発案者が綴る。

令和ニッポン改造論-選挙に不利でも言いたいマニフェスト


令和ニッポン改造論-選挙に不利でも言いたいマニフェスト
玉木 雄一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
政治には夢があることを訴えたい! 野党代表にして自称「土着の保守政治家」が、斬新な憲法改正論や家計第一の経済政策、「子ども国債」による教育改革、国防としての農業など、新しい日本像をホンネで提示する。

近代日本と軍部-1868-1945(講談社現代新書 2564)


近代日本と軍部-1868-1945(講談社現代新書 2564)

小林 道彦
講談社現代新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
「近代理性の象徴」のはずであった組織は、なぜ暴走したのか? 明治維新から太平洋戦争敗戦による崩壊まで、日本近代史における「軍部」の歴史を描く。

マイナンバー法と情報セキュリティ


マイナンバー法と情報セキュリティ
宇賀 克也

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
マイナンバー法について、特定個人情報保護評価を始め、多面的に検討するとともに、サイバーセキュリティ基本法、衛星リモートセンシング法についても検討を行う。2013〜17年に発表した論文全9編を収録。

国策不捜査-「森友事件」の全貌


国策不捜査-「森友事件」の全貌
籠池 泰典 赤澤 竜也

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
総理夫人との密接な関係、不可解な国有地の割引売却、公文書の改ざん、担当者の自殺…。噴出する疑惑にも関わらず、「森友事件」は闇に葬られるのか。妻と共に逮捕、約300日間の勾留を耐えた籠池泰典が事件の全貌を語る。

二階俊博-全身政治家


二階俊博-全身政治家
石川 好

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
中国における評価が極めて高い衆議院議員、二階俊博。なぜ彼は年と共に「進化」と「深化」を続けられるのか。生まれ育った風土と歴史、そして人間関係を背景に描きながら、「全身政治家」の本質と人となりに鋭く迫る。

田中角栄最後の激闘-下剋上の掟


田中角栄最後の激闘-下剋上の掟
大下 英治

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
闇将軍として君臨する田中角栄に若輩の竹下登が謀反。恫喝と裏切り、権謀術数、駆け引きと暗闘…。金丸信と組んで立ち向かい、ついには権力を奪った竹下登。歴史に残る超弩級の権力闘争の真相を明らかにする。

日本政治史-現代日本を形作るもの(有斐閣ストゥディア)


日本政治史-現代日本を形作るもの(有斐閣ストゥディア)
清水 唯一朗 瀧井 一博 村井 良太
有斐閣ストゥディア

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本はどのように形作られてきたのか。幕末・維新期から55年体制の成立期までの日本政治の歩みをたどり、歴史上の基本的な事実を説明するだけでなく、その相互関係や変化を明らかにする。

自省録-歴史法廷の被告として(新潮文庫 な-97-1)


自省録-歴史法廷の被告として(新潮文庫 な-97-1)
中曽根 康弘
新潮文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
海軍での体験、若き国会議員の頃、見聞を広めた雌伏時代、そして総理大臣へ-。首相在職日数1806日、中曽根康弘元総理が、自らの来し方を振り返り、深い思索と人生経験に培われた政治哲学を語る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ