さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の民俗・文化

英語対訳で読む日本のことわざ -日英の発想の違いが面白い!-


英語対訳で読む日本のことわざ -日英の発想の違いが面白い!-
牧野 高吉
じっぴコンパクト新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「人の噂も七十五日」でも、英語圏ではたったのnine days? 日常会話やスピーチ等で用いられる日本の「ことわざ」を厳選。そのことわざがもつニュアンスをそのまま英訳し、本場の英語のことわざと対比させる。

旅の民俗シリーズ 第1巻


旅の民俗シリーズ 第1巻
旅の文化研究所 神崎 宣武 山本 志乃 小島 孝夫 松田 睦彦 稲垣 尚友 筒井 功

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人はなぜ旅をするのか? 様々な分野で活躍する研究者が、記録や体験者の記憶を収集し、社会変化などを実態的に捉えた、新たな「旅行史」。第1巻は、「行商人の旅」「出稼ぎの旅」「漂泊の民サンカ」など全6編を収録。

旅の民俗シリーズ 第2巻


旅の民俗シリーズ 第2巻
旅の文化研究所 神崎 宣武 神野 善治 川上 隆志 木村 涼 川野 裕一朗 亀井 好恵 高橋 竹山

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人はなぜ旅をするのか? 様々な分野で活躍する研究者が、記録や体験者の記憶を収集し、社会変化などを実態的に捉えた、新たな「旅行史」。第2巻は、「聖の旅」「七代目市川團十郎の旅」「女相撲の旅」など全6編を収録。

旅の民俗シリーズ 第3巻


旅の民俗シリーズ 第3巻
旅の文化研究所 神崎 宣武 白幡 洋三郎 千田 稔 高田 公理 岡村 隆 佐伯 順子 石森 秀三

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人はなぜ旅をするのか? 様々な分野で活躍する研究者が、記録や体験者の記憶を収集し、社会変化などを実態的に捉えた、新たな「旅行史」。第3巻は「自然を愛でる」「探検と冒険」「旅とセクシュアリティ」など全6編を収録。

英語にできない日本の美しい言葉


英語にできない日本の美しい言葉
吉田 裕子
青春新書INTELLIGENCE

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
謙虚さや思いやり、感謝の気持ちがこもった日本語ならではのあいさつ、優美な雰囲気を醸し出す言葉、切なる気持ちを伝える言葉、日本文化に息づく想い…。日本語でしかうまく言い表せない美しい言葉を紹介します。

民衆史の遺産 第12巻


民衆史の遺産 第12巻
谷川 健一 大和 岩雄 小田野 純丸 荒谷 勝喜 市原 博 山本 作兵衛 上野 英信 森崎 和江 三木 健 奈賀 悟 田嶋 雅已 高橋 昌嗣

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の歴史を形づくった民衆の血の通った足跡を記録するテーマ別シリーズ。第12巻では、明治以降、日本経済成長の基盤となった石炭を生み出した炭鉱労働者と、その家族の歴史的な経験を描いた文献を収録する。

江戸の居酒屋


江戸の居酒屋
伊藤 善資
歴史新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸っ子は夏でも燗酒。猪口の廻し飲みで親睦。酒を愛する市井の人々が集った江戸時代の居酒屋を切り口に、酒造りの歴史や当時の酒事情のあれこれ、彼らの飲みっぷりなどをエピソードと図版をまじえて紹介する。

茅葺きの民俗学 -生活技術としての民家-


茅葺きの民俗学 -生活技術としての民家-
安藤 邦廣

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の各地に残る茅葺き屋根の詳細なる実態調査をもとに、茅葺屋根の材料、形態、構法、生産、メンテナンスシステムを総合的、体系的に解明。日本の民家を作り上げた技術のあり方や、それを支えた社会的仕組みを明らかにする。

廓の媚学


廓の媚学
菊地 ひと美

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
花魁とはどうやって遊ぶのか? 彼女たちがいた妓楼の中はどうなっていたの? いままで描かれることのなかった廓の世界を、オールカラーの美麗挿絵とともに、わかりやすく掘り下げる。『小説現代』連載を単行本化。

森林官が語る山の不思議 -飛驒の山小屋から-


森林官が語る山の不思議 -飛驒の山小屋から-
加藤 博二

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
飛驒の山やま月淡く、灯りにむせぶ湯の煙-。山奥の世界はあくまで懐かしく、そこに棲むひとたちはまた哀しくもあたたかい。昭和初期の森林官の見た、湯小屋のおやじ、山窩の娘、雪和郎たちの物語。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ