さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の民俗・文化

伝えておきたい古きよききもののたしなみ -日本映画に学ぶ-


伝えておきたい古きよききもののたしなみ -日本映画に学ぶ-
近藤 富枝

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「細雪」「吉原炎上」「秋刀魚の味」など日本映画の名作に登場するきものを読み解き、選び方や着付け、年齢による違いなど、本当に美しいきもの姿とは何かを次世代に伝える。『孤峰』連載を元にまとめる。

わくわくほっこり二十四節気を楽しむ図鑑 -可愛くてためになる歳時記入門-


わくわくほっこり二十四節気を楽しむ図鑑 -可愛くてためになる歳時記入門-
君野 倫子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ひな祭り、蛍狩り、七夕、お月見、冬支度…。日本の伝統行事と季節の魅力を詰め込んだ、二十四節気を楽しむための歳時記入門。折々の季節の中で育まれ伝わってきた、素晴らしい日本の道具や雑貨、和菓子などもたくさん紹介。

不思議の国ニッポンのお葬式 -葬儀屋が語るココだけの話-


不思議の国ニッポンのお葬式 -葬儀屋が語るココだけの話-
大川 誠司

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
葬儀場選びにはちょっとした裏技が必要! マンションは葬儀屋泣かせ! 総額20万円以下の葬儀はあり得ない! 葬儀屋を始めて15年の著者が、知らないことの多い葬儀の本音や知識を紹介する。

下級貴族たちの王朝時代 -『新猿楽記』に見るさまざまな生き方-


下級貴族たちの王朝時代 -『新猿楽記』に見るさまざまな生き方-
繁田 信一
新典社選書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
王朝時代当時に見られたさまざまな生業に従事する下級貴族たちの典型像を描き出した「新猿楽記」。そのほかの文学作品や史書・記録・古文書などをも読み解いて、王朝時代の下級貴族の多様な生き方を紐解く。

ことわざのタマゴ -当世コトワザ読本-


ことわざのタマゴ -当世コトワザ読本-
時田 昌瑞

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦後の日本を中心に、明治時代から今日までの日本のメディアや出版物に見られることわざ、中国の古典を除いた外国のことわざ、ことわざとして羽ばたく前の「ことわざのタマゴ」など800余を取り上げ、解説する。

ヤマトごころ、復活! -人類の幸せの原点-


ヤマトごころ、復活! -人類の幸せの原点-
福田 純子 池田 整治

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
笑顔共和国大統領・福田純子と、元自衛隊陸将補・池田整治が、現代文明の発祥の地ヤマトから、江戸時代のすぐれた文化、生命の根源、人生観までを語り合う。コピーして使える「人生週間予定表フォーム」付き。

日本すし紀行 -巻きずしと稲荷と助六と-


日本すし紀行 -巻きずしと稲荷と助六と-
日比野 光敏

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
巻きずしと稲荷ずしは、だれが、どこで、どのようにして生み出したのか? 謎が多い巻きずしと稲荷ずしの発祥と沿革について、資料をもとに論じる。全国各地の巻きずしと稲荷ずしのレシピも紹介。

あなたの暮らしを豊かにする日本のしきたり -しきたりに込められた日本人の知恵-


あなたの暮らしを豊かにする日本のしきたり -しきたりに込められた日本人の知恵-
洋泉社MOOK

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
正月に門松を立てるのはなぜ? 通夜・葬式で焼香をするのはなぜ? 四季と寄り添う年中行事から、感謝のこころが生んだ人生節目の儀式、縁起にまつわる作法や由来・意味まで。しきたりに込められた日本人の知恵を紹介します。

日記で読む日本史 10


日記で読む日本史 10
倉本 一宏

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日記のもつ多面的な魅力を解き明かし、数多の日記が綴ってきた日本文化の深層に迫る。10は、仏教との関わりを軸に、古代〜中世の弔い、祈りの儀礼と人々の意識の変遷をたどる。

江戸天下祭の研究 -近世近代における神田祭の持続と変容-


江戸天下祭の研究 -近世近代における神田祭の持続と変容-
岸川 雅範
神田明神選書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸天下祭とは、神田祭と山王祭の両祭礼を意味し、江戸幕府公式の年中行事の一つとして行われた。時代的にもテーマ的にも断片的にのみ研究されてきた神田祭の歴史的展開を明らかにし、天下祭の主要素を詳細に考察する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ