さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の民俗・文化

祇園の祇園祭-神々の先導者宮本組の一か月


祇園の祇園祭-神々の先導者宮本組の一か月
澤木 政輝

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
祇園祭の本義は神輿渡御を中心とした神事。花街祇園は八坂氏子の宮本として祭を支える。明治以前から続いたお茶屋に生まれ、宮本の一員として奉仕してきた著者が、知られざる神事と祭り風景を綴った貴重な記録。

神社で拍手を打つな!-日本の「しきたり」のウソ・ホント(中公新書ラクレ 670)


神社で拍手を打つな!-日本の「しきたり」のウソ・ホント(中公新書ラクレ 670)
島田 裕巳
中公新書ラクレ

予約数: 6
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「二礼二拍手一礼」は伝統的な作法じゃない? 除夜の鐘を全国に広めたのはNHKだった? 日本人が「しきたり」と思っている行事には、ごく最近生み出されたものが少なくない。「しきたり」とどう向き合うべきかを考える。

忘れられた日本人(岩波文庫)


忘れられた日本人(岩波文庫)
宮本 常一
岩波文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

暦と行事の民俗誌 増補改訂版


暦と行事の民俗誌 増補改訂版
佐藤 健一郎 田村 善次郎 工藤 員功

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本独特のカレンダー・暦。古くから伝わる様々な暦とその歴史をたどりつつ、四季折々の行事や歳時を紹介し、日本人にとっての一年を立体的に考える。地名等に振り仮名を付し、一部に大きな変更を加えた増補改訂版。

声の力-歌・語り・子ども(岩波現代文庫 文芸 312)


声の力-歌・語り・子ども(岩波現代文庫 文芸 312)
河合 隼雄 阪田 寛夫 谷川 俊太郎 池田 直樹
岩波現代文庫 文芸

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
童謡、詩や絵本の読み聞かせなど、人間の肉声の持つ力とは? 河合隼雄、阪田寛夫、谷川俊太郎、池田直樹の4人が声の魅力を縦横無尽に論じた講演や座談会、エッセイなどを収録。谷川俊太郎の論考2編を追補し文庫化。

大江戸の飯と酒と女(朝日新書 736)


大江戸の飯と酒と女(朝日新書 736)
安藤 優一郎
朝日新書

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
名物料理に舌鼓を打ち、ほろ酔い気分で遊郭へ。人目を忍ぶ二人が向かう先は出会い茶屋…。武士や町人など江戸の人々のバラエティーに富む暮らしぶりや、その飲食文化を享受できた要因を、日記や記録から解き明かす。

江戸文化から見る男娼と男色の歴史


江戸文化から見る男娼と男色の歴史
安藤 優一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
金品と引き換えに身体を売る男娼「陰間」。性に開放的だった江戸時代、陰間茶屋も陰間も隠すような存在ではなかった。当時の「男同士の恋愛」についても触れつつ、通史には出てこない“男娼”の実態に迫る。

鉄に聴け鍛冶屋列伝(ちくま文庫 え14-2)


鉄に聴け鍛冶屋列伝(ちくま文庫 え14-2)
遠藤 ケイ
ちくま文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
練達の職人技によって生み出される鉄の道具は、人間のさまざまな営みを可能にし、日本の文化と社会を支えてきた。鍛冶修業を続けてきた著者が、名工を訪れ、伝統的な鍛冶文化の深奥と職人たちの執念を描く体験ルポルタージュ。

出雲大社の宝物と門前町の伝統-特集「吉兆神事と神謡・船謡」(いづも財団叢書 6)


出雲大社の宝物と門前町の伝統-特集「吉兆神事と神謡・船謡」(いづも財団叢書 6)
いづも財団 出雲大社御遷宮奉賛会 品川 知彦 城崎 陽子 事務局 馬庭 孝司
いづも財団叢書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
島根県出雲市大社町の「吉兆神事」がいつごろから、どのような目的で執り行われるようになったのかを解明する。いづも財団が平成29年度に開催した第Ⅴ期公開講座の内容をまとめたもの。神謡・船謡の実演を収めたDVD付き。

天丼 かつ丼 牛丼 うな丼 親子丼-日本五大どんぶりの誕生(ちくま学芸文庫 イ54-3)


天丼 かつ丼 牛丼 うな丼 親子丼-日本五大どんぶりの誕生(ちくま学芸文庫 イ54-3)
飯野 亮一
ちくま学芸文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
どんぶり物を生み出したのは、江戸時代に生きたある男の“食い意地”だった!? どんぶり物の中でも歴史のある天丼、かつ丼、牛丼、うな丼、親子丼に注目し、史料を基にこれらが誕生し、人気食になっていった過程を描き出す。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ