さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の経済

安いニッポン-「価格」が示す停滞(日経プレミアシリーズ 453)


安いニッポン-「価格」が示す停滞(日経プレミアシリーズ 453)
中藤 玲
日経プレミアシリーズ

予約数: 16
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ディズニーは世界で最安値水準。日本の初任給はスイスの3分の1…。物価も給与も「安い国」となりつつある日本。30年間の停滞から脱却する糸口はあるのか。SNSで話題を呼んだ『日本経済新聞』記事をベースにした新書版。

「対案力」養成講座-新自由主義を論破する経済政策


「対案力」養成講座-新自由主義を論破する経済政策
師岡 武男


予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
緊縮財政、生産性優先の新自由主義を向こうに回し、本物の「対案力」で日本経済再生の論拠を築く。「日本の国債価格は暴落しないか?」といった、経済知識のQ&Aも収録。サイト『ひばりタイムス』掲載を書籍化。

金融政策とバブル-大正期における政党政治の「始まり」と「終わりの始まり」


金融政策とバブル-大正期における政党政治の「始まり」と「終わりの始まり」
望月 和彦


予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
大正7年秋から9年春(1918〜1920)にかけて日本経済が経験したバブルの実態を解明するとともに、これに対する政府および日本銀行の金融政策を当時のマスコミの論評を交えながら評価する。

資本主義を改革する経済政策


資本主義を改革する経済政策
支え合う社会研究会

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「新自由主義」は国民の暮らしと福祉を破壊しただけでなく、日本経済を脆弱にした。「新自由主義に代表される資本主義の収益性原理こそ日本経済が抱える問題の根幹にある」との視点に立ち抜本的な改革の方向性を提示する。

地域衰退(岩波新書 新赤版 1864)


地域衰退(岩波新書 新赤版 1864)
宮崎 雅人
岩波新書 新赤版

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
長野県須坂市などの事例を通して、製造業、リゾート、建設業等、基盤産業の衰退後に地域が辿ってきた「衰退のプロセス」を詳細に検証。国の「規模の経済」に基づいた政策誘導が逆に危機を深刻化させている実態を明らかにする。

地域の経済 2019 人口減少時代の成長に向けた土台づくり


地域の経済 2019 人口減少時代の成長に向けた土台づくり
内閣府政策統括官(経済財政分析担当)

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
地域別にみた経済の動向を概観するとともに「地域における金融の役割」と「健康と地域経済」に焦点を当てて分析を行う。人口減少時代の成長に向けた土台づくりへの一助となる、地域経済に関する報告書。

会計の日本史-その時“お金”が歴史を動かした!


会計の日本史-その時“お金”が歴史を動かした!
大村 大次郎

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
会計力によって成し遂げられた「大化の改新」、悪質金融業者だった比叡山、戦場で「領収書」を発行した織田信長、バブル崩壊後に頻発した粉飾決算…。元国税調査官が、日本の歴史を会計的に読み解く。

疫病と投資-歴史から読み解くパンデミックと経済の未来


疫病と投資-歴史から読み解くパンデミックと経済の未来
中原 圭介

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
疫病は人類にどんな影響を与え、経済はどのように立ち直ってきたのか。ペストやスペイン風邪などのパンデミックで社会がどう変化してきたのかを振り返り、今後の社会の変化を大胆予測。今後の投資戦略も具体的に明かす。

経済がわかる論点50 2021


経済がわかる論点50 2021
みずほ総合研究所

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東京五輪延期問題、テレワーク、改正高年齢者雇用安定法、MaaS…。日本経済、海外経済、金融・マーケットなど、みずほ総合研究所が2021年の経済の展望、注目点・留意点50を解説する。

戦後文学のみた<高度成長>(歴史文化ライブラリー 511)


戦後文学のみた<高度成長>(歴史文化ライブラリー 511)
伊藤 正直
歴史文化ライブラリー

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
伊藤整「氾濫」、庄野潤三「夕べの雲」、立松和平「遠雷」、城山三郎「官僚たちの夏」…。高度成長期の小説は、同時代をどう捉えていたのか。産業構造と労働、近代家族、統治システムの3つに焦点を絞り、作品を読み解く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ