さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本の詩

さくらさくらん


さくらさくらん
高橋 順子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
濃緑と茶、黒と銀の毛糸をかぎ針にかけて ひとはり ひとはり 編んでいます これ モミの木の林に見えますか(「見たことのない野原」より) 夫・車谷長吉急逝後の作品を含む全36編を収録した第13詩集。

ランベルマイユコーヒー店


ランベルマイユコーヒー店
オクノ 修 nakaban

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ランベルマイユのコーヒー屋さんから、朝の香りがたちこめて-。コーヒーを愛するすべての人たちに贈る絵本。京都の老舗珈琲店「六曜社」のマスター、オクノ修の名曲に触発され、画家のnakabanが長年温め続けた作品。

特別ではない一日-kaze no tanbun


特別ではない一日-kaze no tanbun
我妻 俊樹 山尾 悠子 岸本 佐知子 柴崎 友香 勝山 海百合 日和 聡子 円城 塔 皆川 博子 上田 岳弘 谷崎 由依 水原 涼 小山田 浩子 滝口 悠生 高山 羽根子 岡屋 出海 藤野 可織 西崎 憲

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
小説でもエッセイでも詩でもない。現代最高の作家による書き下ろし「短文」アンソロジー。岸本佐知子「年金生活」、皆川博子「昨日の肉は今日の豆」、円城塔「店開き」、滝口悠生「半ドンでパン」など、全19編を収録する。

夢もまた青し-志村の色と言葉


夢もまた青し-志村の色と言葉
志村 ふくみ 志村 洋子 志村 昌司

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
染めること、織ること、祈ること-。人間国宝・志村ふくみ、娘の洋子と孫の昌司。親子三代がそれぞれの個性を響き合わせながら、染織に込める思いを綴る。

夢のような月日が流れて-津田文子詩集


夢のような月日が流れて-津田文子詩集

津田 文子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
私は小学生の頃 裏庭にある木に登って 流れていく雲を見るのが好きだった 木のてっぺんで 私は何で出来ているのか 生きている不思議を考えていた 退屈で死にそうな夏休み(「流雲」より) 詩集。

サムシングナイス-金子みすゞ童謡集 改訂新版


サムシングナイス-金子みすゞ童謡集 改訂新版
金子 みすゞ D.P.ダッチャー

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
金子みすゞのまなざしは、時代を越え、国家や民族や宗教を越え、人類が共通に求めてきた英知のまなざし。「私と小鳥と鈴と」「星とたんぽぽ」「積った雪」など、金子みすゞの詩を英訳し、日本語と併記する。

愛について/愛のパンセ(小学館文庫 た34-2)


愛について/愛のパンセ(小学館文庫 た34-2)
谷川 俊太郎
小学館文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
24歳の時に刊行された谷川俊太郎の第3詩集「愛について」と、26歳の年に発表された初のエッセー集「愛のパンセ」。20代半ばの若き詩人の<愛という名を冠した>2つの作品を収録。江國香織の解説も掲載。

五月の風-山尾三省の詩のことば


五月の風-山尾三省の詩のことば
山尾 三省

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
詩人・山尾三省の詩集「新月」「三光鳥」「親和力」、および雑誌『くだかけ』に収録・発表された詩と散文を集成。若松英輔の解説も掲載する。山尾三省による詩の朗読と自作解説の音源をダウンロードできるパスワード等付き。

純粋な幸福


純粋な幸福
辺見 庸

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
われらを毀損してくるものを、倍返しで冒瀆せよ! 劣情と害意を骨抜きにする現在への、これは詩文による終わりなき煽情の報復戦だ! 辺見庸が全身全霊を賭けた詩的な蜂起。『現代詩手帖』他掲載に書き下ろしを加えて書籍化。

詩と思想詩人集 2019


詩と思想詩人集 2019
詩と思想編集委員会

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
昨今ブームとなっている俳句を言葉の小宇宙に譬えれば、詩には天を目指し立つ大樹のような言語宇宙が秘められている-。月刊詩誌『詩と思想』に拠る詩人たち435人のアンソロジー。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ