さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本史

時代劇の「噓」と「演出」 -「時代考証」は時代劇に必要か?-


時代劇の「噓」と「演出」 -「時代考証」は時代劇に必要か?-
安田 清人
歴史新書

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
時代考証という「視点」から時代劇を眺め、時代劇とは何か、なぜ日本人は時代劇を愛してきたのか、これからも時代劇は続くのかという問いかけにこたえるヒントを探る。『週刊ポスト』連載を加筆修正し書籍化。

朝廷儀礼の文化史 -節会を中心として-


朝廷儀礼の文化史 -節会を中心として-
近藤 好和

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
平安初期〜鎌倉時代にかけて、朝廷のなかでの饗宴(節会)はどのように変遷したのか。正月に行われた元日節会・白馬節会・踏歌節会(正月三節会)を取り上げ、その式次第を各時代の文献から考察する。

日記で読む日本史 2


日記で読む日本史 2
倉本 一宏

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日記のもつ多面的な魅力を解き明かし、数多の日記が綴ってきた日本文化の深層に迫る。2は、中国より日本にもたらされた具注暦の体系・変遷を解説するとともに、平安貴族がその暦に日記を書きつけるようになった経緯を辿る。

日記で読む日本史 7


日記で読む日本史 7
倉本 一宏

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日記のもつ多面的な魅力を解き明かし、数多の日記が綴ってきた日本文化の深層に迫る。7は、理想的な「延喜の治」を実現した醍醐天皇の私的な日記が、いかにして宮廷で共有されるようになったのか、その過程を解き明かす。

日記で読む日本史 8


日記で読む日本史 8
倉本 一宏

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日記のもつ多面的な魅力を解き明かし、数多の日記が綴ってきた日本文化の深層に迫る。8は、壬申の乱から「栄花物語」の時代まで横断的に文献を読み解き、当時の人々が皇位継承問題をどのように意識していたのかを示す。

日本史は逆から学べ -近現代から原始・古代まで「どうしてそうなった?」でさかのぼる-


日本史は逆から学べ -近現代から原始・古代まで「どうしてそうなった?」でさかのぼる-
河合 敦
光文社知恵の森文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史の授業は原始・古代から現代へと学んでいくが、現代との関係が分かりづらい。日本史を現在から過去へと時系列をさかのぼり、推理小説を読むように「なぜ?」「どうして?」と因果関係を紐解いていく。

もういちど読む山川日本史史料


もういちど読む山川日本史史料
下山 忍 會田 康範

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
教科書「詳説日本史」に掲載された史料から、歴史の記述を学ぶ本。読んでおきたい48点の史料を、わかりやすい口語訳で紹介し、教科書の記述の根拠を示す。見返しに地図・年表あり。

天皇の美術史 6


天皇の美術史 6

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天皇が関わった美術品についての研究成果を網羅。6は、古代より脈々と連なるがゆえに古式ゆかしい伝統的なイメージをまとった皇室が、西欧文明との接触による近代化といかに渡りあったかを、美術史的見地から解き明かす。

忍者はすごかった -忍術書81の謎を解く-


忍者はすごかった -忍術書81の謎を解く-
山田 雄司
幻冬舎新書

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「忍び」と呼ばれた忍者の最も大事な使命は、敵方の情報を主君に伝えるため必ず生きて帰ること。「酒、淫乱、博打で敵を利用せよ」「人の心の縛り方」など忍術書の81の教えから、忍者の本当の姿を克明に浮かび上がらせる。

古文書料紙論叢


古文書料紙論叢
湯山 賢一 杉本 一樹 増田 勝彦 大藤 修 佐々田 悠 渡辺 滋 高橋 裕次 梅澤 亜希子 高橋 恵美子 黒川 高明 林 譲 高島 晶彦 吉川 聡 末柄 豊 伊集 守道 山家 浩樹 高山 京子 富田 正弘 池田 寿 山本 隆志 柳原 敏昭 丸島 和洋 前嶋 敏 田島 光男 本多 俊彦 千葉 拓真 兼子 心 天野 真志 永村 眞 横内 裕人 藤井 雅子 西 弥生 坂東 俊彦 保立 道久 小島 浩之 朴 竣鎬 稲田 奈津子 橋本 雄 藤田 励夫 地主 智彦 大川 昭典 森 香代子 藤本 孝一 鈴木 裕

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史学の基本史料である古文書。現存資料の歴史的・科学的分析や料紙に残された痕跡、諸史料にみえる表現との対話により、古代〜近世の古文書料紙とその機能の変遷を解明。新たな史料学を提示する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ