さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本思想-歴史

日本思想史(岩波新書 新赤版 1821)


日本思想史(岩波新書 新赤版 1821)
末木 文美士
岩波新書 新赤版

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古代から今にいたるまで、日本人が生き方を模索してきた軌跡と厖大な集積が日本の思想史をかたちづくっている。<王権>と<神仏>を二極とする構造と大きな流れとをつかみ、日本思想史の見取り図を大胆に描き出す。

ファシズムと冷戦のはざまで-戦後思想の胎動と形成1930-1960


ファシズムと冷戦のはざまで-戦後思想の胎動と形成1930-1960
三宅 芳夫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
三木清、竹内好、武田泰淳、丸山眞男、サルトル、デリダ…。「ファシズム」と「冷戦」を鍵として剔抉される知識人の思想とその相互連関を、哲学・文学・政治学の縦横な探究のなかから紡ぎ出す。

近代日本と変容する陽明学


近代日本と変容する陽明学
山村 奨

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
近代日本における陽明学は、国家における道徳、社会改革の思想、個人の修養という流れで展開した。陽明学の変容の系譜を辿り、近代日本思想史の新たな見方を提示する。

昭和・平成精神史-「終わらない戦後」と「幸せな日本人」(講談社選書メチエ 708)


昭和・平成精神史-「終わらない戦後」と「幸せな日本人」(講談社選書メチエ 708)
磯前 順一
講談社選書メチエ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
私たちは今なお「戦後」という時間のなかを生きている。「戦後」はいつ終わるのか。米軍基地問題、被災者、戦後の傷跡…急激な経済発展の裏側で切り捨てられた人びとの声に耳を傾け、時代の真の姿を静かに問い直す。

ドーダの人、西郷隆盛(中公文庫 か56-14)


ドーダの人、西郷隆盛(中公文庫 か56-14)
鹿島 茂
中公文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史を動かすのは、正義でも理念でもない。人間の自己愛<ドーダ>なのだ! 水戸学から、高杉晋作、西郷隆盛、中江兆民、頭山満まで、複雑怪奇な日本近代史の疑問を解き明かす。片山杜秀との特別対談も収録。

日本思想史の可能性


日本思想史の可能性
大隅 和雄 大山 誠一 長谷川 宏 増尾 伸一郎 吉田 一彦

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本思想史の真髄に迫る論考と座談会を集成。「天皇制とは何か」を論じ、丸山眞男、日本の仏教、慈円の「愚管抄」の天皇論、西洋の近代思想との比較などから、日本文化に潜む外来と固有の問題を読み解く。

京都思想逍遙


京都思想逍遙
小倉 紀蔵
ちくま新書

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

江戸の思想闘争


江戸の思想闘争
山 泰幸
角川選書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
伊藤仁斎、荻生徂徠、本居宣長ら、近代社会の根本問題に果敢に挑んだ思想家たちの闘争を考察。「死」と「贈与」の言説への、思想史と社会学のアプローチによって、江戸の思想を展望する。

カミとホトケの幕末維新 -交錯する宗教世界-


カミとホトケの幕末維新 -交錯する宗教世界-
岩田 真美 桐原 健真 大澤 広嗣 上野 大輔 オリオン・クラウタウ 碧海 寿広 三浦 隆司 朴澤 直秀 青野 誠 高橋 秀慧 松金 直美 ジャクリーン・ストーン 芹口 真結子 ジョン・ブリーン 星野 靖二 落合 建仁 引野 亨輔 舩田 淳一 谷川 穣 林 淳 大谷 栄一
龍谷叢書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「維新」は教科書どおりには語れない! 廃仏毀釈、世直し、民衆宗教、キリシタン禁制、攘夷…。時代を彩るキーワードに焦点を当て、思想・宗教の側面から幕末維新期を考察。文化史の視座から近世と近代の架橋を試みる。

日本哲学史


日本哲学史
藤田 正勝

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
西洋の哲学に触れて以降、日本では、哲学はどのように受けとめられ、受け入れられていったのか。そこからどのように独自の思索が展開したのか。日本近現代の思索の脈流を叙述し、日本哲学の全体像を明らかにする。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ