さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本文学-歴史-江戸時代

文学で読む日本の歴史 近代的世界篇 田沼政権-革命・文明


文学で読む日本の歴史 近代的世界篇 田沼政権-革命・文明
五味 文彦

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
かつては幕藩制の動揺として叙述されてきたが、最近では近代への動きに着目する形で捉えられてきている1760年代以降を対象に、田沼意次の時代から福沢諭吉の登場まで、近代的世界の胎動を描く。完結巻。

近世文学史研究 3 十九世紀の文学-百年の意味と達成を問う-


近世文学史研究 3 十九世紀の文学-百年の意味と達成を問う-
ロバート キャンベル 杉本 史子 佐藤 かつら 金 時徳 一戸 渉 佐藤 至子 木越 俊介 佐藤 温 木越 治

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日露戦記、和学と国学、草双紙における視覚表現、易占家と読本、勤皇思想と文芸…。19世紀文学をテーマに、100年の意味と達成を論じる。「小芝居と十九世紀」などの提言も収録。

<奇>と<妙>の江戸文学事典


<奇>と<妙>の江戸文学事典
長島 弘明

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
<奇>と<妙>に溢れた、江戸文学の面白作品を有名無名とりまぜて選び、読める事典として編集した事典。73項目・100作品以上を収録し、あらすじ・見どころ・作品の背景などを解説。作品の活字翻刻・注釈書等も紹介する。

文学で読む日本の歴史 近世社会篇


文学で読む日本の歴史 近世社会篇
五味 文彦

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
内乱や飢饉が続く不安定な社会情勢のなか、人びとはどう動いたのか。「醒睡笑」「折りたく柴の記」「政談」など儒学者の著作から政治の流れを読み取り、ひとつの全体史として捉え直す。

怪異を読む・書く


怪異を読む・書く
木越 治 勝又 基 西村 聡 西田 耕三 高橋 明彦 丸井 貴史 風間 誠史 紅林 健志 木越 俊介 加藤 十握 杉山 欣也 穴倉 玉日 権田 和士 閻 小妹 金 永昊 李奕諄・クラレンス 木越 秀子 近衞 典子 奥野 美友紀 井上 泰至 網野 可苗 宍戸 道子 三浦 一朗 高松 亮太 大木 志門 日比 嘉高

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
秋成や庭鐘、西鶴、綾足から、漱石、鏡花、秋聲、ポオやボルヘス、ラヴクラフトまで。気鋭の近世・近代文学研究者たちが、怪異小説や怪異の表現を、「読む」「書く」の双方から解き明かす。

牡丹灯籠


牡丹灯籠
横山 泰子 門脇 大 今井 秀和 斎藤 喬 広坂 朋信
江戸怪談を読む

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
美しい死霊と美男の妖しく怖ろしい恋物語「牡丹灯籠」をたどる書。浅井了意による翻案「牡丹灯籠」や、三遊亭円朝口演「怪談牡丹燈籠」の核となる部分の他に、鳥山石燕の妖怪画、幕末の世間話などを紹介する。

江戸の出版統制 -弾圧に翻弄された戯作者たち-


江戸の出版統制 -弾圧に翻弄された戯作者たち-
佐藤 至子
歴史文化ライブラリー

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸時代後期、娯楽小説の戯作は、たびたび取り締まりの対象となった。権力側は何を問題視し、作者や版元はいかに受け止め対処したのか。形を変え現代に続く出版統制をめぐる攻防の歴史を描く。

近世文学史研究 2


近世文学史研究 2
飯倉 洋一 前田 勉 鍛治 宏介 安永 拓世 廣瀬 千紗子 浅田 徹 中森 康之 鈴木 俊幸 木越 治

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
思想・美術・芸能という各領域を横断しつつ、十八世紀の文学について考察。「十八世紀地下歌学の前提」「書籍業界における近世中期の終わり方」等の論文のほか、十八世紀の美術への提言も掲載。

江戸時代恋愛事情 -若衆の恋、町娘の恋-


江戸時代恋愛事情 -若衆の恋、町娘の恋-
板坂 則子
朝日選書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いつの時代も「恋愛」は物語の主要テーマ。多数の江戸期小説や春画・春本、浮世絵などをカラー画で示しながら、恋愛がどう描かれたかを丹念に読み解き、江戸の恋愛のかたちを描き出す。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ