さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

日本画

くらべてわかる国芳vs芳年(くらべてわかる 3)


くらべてわかる国芳vs芳年(くらべてわかる 3)
日野原 健司
くらべてわかる

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
幽霊、雪、猫、だまし絵…。師弟関係にある歌川国芳と月岡芳年の浮世絵作品から同じ画題を選び、それを並べて対決させる試み。両者の個性の違いが伝わるよう、絵の一部を拡大するなど、その表現の特徴を際立たせて掲載する。

いちからわかる円山応挙(とんぼの本)


いちからわかる円山応挙(とんぼの本)
岡田 秀之
とんぼの本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
18世紀後半、若冲、蕭白ら名だたるライバルを抑え、京でナンバー1の人気を得た円山応挙。写生画で一世を風靡し、近代日本画の源流となった応挙の実力と人間力、見どころに迫る。応挙に出会える美術館・寺社ガイド等も掲載。

酒井抱一-俳諧と絵画の織りなす抒情(岩波新書 新赤版 1798)


酒井抱一-俳諧と絵画の織りなす抒情(岩波新書 新赤版 1798)
井田 太郎
岩波新書 新赤版

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
名門大名家に生まれながら、市井で生涯を終えた酒井抱一。江戸というマルチレイヤー社会を自在に往還し、「琳派」誕生を決定づけ、名作「夏秋草図屛風」をうみだしたその軌跡を、俳諧と絵画の両面から丁寧に読み解く評伝。

円山応挙から近代京都画壇へ


円山応挙から近代京都画壇へ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2019年8〜12月に東京藝術大学大学美術館等で開催する「円山応挙から近代京都画壇へ」展の公式図録兼書籍。応挙寺・大乗寺の傑作を筆頭に、円山・四条派の全貌を見渡す。系譜図、作品目録なども収録。ワイドページあり。

面白いほどよくわかる浮世絵入門


面白いほどよくわかる浮世絵入門
深光 富士男

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
浮世絵の世界にどっぷり浸ろう! 基礎知識と制作工程から、人気絵師の名作の数々、絵師・彫師・摺師のスゴ技、江戸の暮らしまで、浮世絵のすべてが面白いほどよくわかる一冊。「版画用消しゴムで浮世絵をつくろう!」も掲載。

中島千波作品集-こんな絵を描いてきました


中島千波作品集-こんな絵を描いてきました
中島 千波 中島 美子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「桜の千波」とも呼ばれ、花鳥画家として人気の日本画家・中島千波。挿絵や寺の天井画、緞帳の原画など、同時並行してさまざまな作品を描き続けて50年、その代表作を、モチーフや内容ごとに分けて収録する。

鳥と人間の文化誌(関西学院大学研究叢書 第205編)


鳥と人間の文化誌(関西学院大学研究叢書 第205編)
奥野 卓司
関西学院大学研究叢書

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「多くの日本人が鳥を好んでいる」というのは本当か? 文化人類学を専攻してきた著者が、日本人の生き物観としての「花鳥風月」を出発点に、犬や猫よりもはるかに古い、鳥と人間の意外で多彩な関係を重層的に描きだす。

桃源の水脈-東アジア詩画の比較文化史


桃源の水脈-東アジア詩画の比較文化史
芳賀 徹

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東アジアの人びとの根源的な夢想と願望に根ざして作り上げられた、平和の小世界。古代中国に発し、詩的トポスとして幾多の詩文や絵画を生み出してきた「桃源郷」の系譜をまとめた比較詩画史。

浮世絵の女たち-美人画に隠された謎(幻冬舎文庫 す-7-5)


浮世絵の女たち-美人画に隠された謎(幻冬舎文庫 す-7-5)
鈴木 由紀子
幻冬舎文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
水茶屋の看板娘に吉原遊廓のアイドルたち-。絵島事件に連座した懐月堂安度をはじめ、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎ら、謎多き8人の絵師と、モデルの美女をめぐる波瀾万丈のストーリーを紹介する。

TANKURI-創造性を撃つ


TANKURI-創造性を撃つ
中村 恭子 郡司 ペギオ幸夫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本画家・中村恭子の作品を題材にしながら、創造とは何か、藝術とは何かについて論じた、画集であり理論書でもある一冊。パノラマページの「皿鉢絵」を含め、カラー図版を多数収録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ