さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

時事評論

民主主義の敵


民主主義の敵
杉田 水脈 小川 榮太郎

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
少数意見の偏重で国民は幸せになれるのか? 左翼メディア、根深い差別問題、自民党と国会の在り方などをテーマに、衆議院議員・杉田水脈と朝日新聞と戦う男・小川榮太郎が語り合う。

日本が世界一の国になるために変えなければならない6つの悪癖


日本が世界一の国になるために変えなければならない6つの悪癖
ケント・ギルバート

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
放漫で手前勝手な官僚たち、反日野党の存在、個性を殺す教育、日本の非常識な世界常識…。超大国である日本が、真に世界一の国になるために、変えなければいけない「6つの悪癖」を、徹底的に分析し、批判する。

物語でわかるAI時代の仕事図鑑


物語でわかるAI時代の仕事図鑑
竹内 一正

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2030年には仕事の大半がAIに置き換わり、便利さの半面、さまざまな混乱を引き起こしていた。その中で生きる6人の職業人と、彼らを取り巻く働き方の環境を物語形式で描きながら、AIによる「働き方改革」の未来を占う。

だから安倍晋三政権は強い


だから安倍晋三政権は強い
阿比留 瑠比

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
安倍政権は、過去の政権であれば、もう何度倒れているか分からないぐらいの集中砲火を受けながら、どうして持ちこたえることができたのか。その強さの理由を、折々の時事問題にからめて記す。『産経新聞』連載等を再構成。

<平成>の正体 -なぜこの社会は機能不全に陥ったのか-


<平成>の正体 -なぜこの社会は機能不全に陥ったのか-
藤井 達夫
イースト新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ポスト平成を迎えるにあたり、「ネオリベラリズム」「格差社会」「55年体制の終焉」など6つのキーワードによって、「平成」の赤裸々な姿を浮き彫りにする。辻田真佐憲との特別対談も収録。

マスコミ偽善者列伝 -建て前を言いつのる人々-


マスコミ偽善者列伝 -建て前を言いつのる人々-
加地 伸行

予約数: 99
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
俗流政治家・コメンテーターを徹底批判。「教育」「貧困・格差・社会保障」「宗教と儀礼」などをテーマに新聞・テレビの無責任、無知、無節操を見抜く、正論辛口エッセイ。講演「なぜ一神教を理解するのは難しいか」も収録。

知らなきゃよかった -予測不能時代の新・情報術-


知らなきゃよかった -予測不能時代の新・情報術-
池上 彰 佐藤 優
文春新書

予約数: 16
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
独裁がトレンドとなり、「自国ファースト」がぶつかり合い、噓と隠蔽がまかり通る現代社会。米朝トップ会談とカジノの怪しい関係、官僚の劣化、独裁者たちが目指すもの等、池上彰と佐藤優が国際情勢の裏側について語り合う。

言論の飛礫 -不屈のコラム-


言論の飛礫 -不屈のコラム-
鎌田 慧

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
安倍晋三政権下で進む政財官のさまざまな非道に対する、鋭い怒りの言葉。「平和」「護憲」「反戦」「反差別」などをテーマに、現代日本を見つめるコラム。『東京新聞』連載の2015年4月〜2018年5月分を単行本化。

天声人語 2018夏


天声人語 2018夏
朝日新聞論説委員室 国際発信部

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
『朝日新聞』のコラム「天声人語」2018年4〜6月分を、情報サービスの配信サイト『Astand』掲載の英訳文とともに収録。本文漢字総ルビ、英文訳注、用語解説、索引付。

「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす


「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす
古谷 経衡
イースト新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ「不倫」報道にばかり熱狂するのか? なぜアイドルに「恋愛禁止」を求めるのか…? ネット社会が生み出した現代のクレーマー「道徳自警団」とどう対峙するかの道筋を、具体例をもとに提示する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ