さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

時事評論

ジリ貧大国ニッポン -2025年問題の悲劇-


ジリ貧大国ニッポン -2025年問題の悲劇-
福岡 政行

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
団塊世代700万人が後期高齢者、AIによる大失業時代の突入、東京一極肥満…。政治学者である著者が2025年問題を中心に日本の抱える問題を徹底分析する。

声なき人々の戦後史 上


声なき人々の戦後史 上
鎌田 慧 出河 雅彦

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
労働、公害、教育、冤罪事件…。様々な社会問題に対し、一貫して、犠牲を押しつけられる側に寄り添い、取材を重ねてきたルポライター・鎌田慧が、その足跡を語る。『朝日新聞』青森版連載にインタビューを追加し単行本化。

声なき人々の戦後史 下


声なき人々の戦後史 下
鎌田 慧 出河 雅彦

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
労働、公害、教育、冤罪事件…。様々な社会問題に対し、一貫して、犠牲を押しつけられる側に寄り添い、取材を重ねてきたルポライター・鎌田慧が、その足跡を語る。『朝日新聞』青森版連載にインタビューを追加し単行本化。

ケント&幸洋の大放言! -中・韓・沖縄にはびこるペテン師たちの正体-


ケント&幸洋の大放言! -中・韓・沖縄にはびこるペテン師たちの正体-
ケント・ギルバート 長谷川 幸洋

Amazonでの評価:(4.9/5.0)
予約数: 22
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本、そして中韓の真相に鋭く切り込むケント・ギルバートと、沖縄問題の裏側に迫り話題となった「ニュース女子」の司会を務めるジャーナリスト・長谷川幸洋が初対談。日本の政治・経済・メディアに巣食う悪の本性を暴き出す。

「日経新聞」には絶対に載らない日本の大正解


「日経新聞」には絶対に載らない日本の大正解
高橋 洋一

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 14
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
経済成長と少子化、仮想通貨、年金破綻、1票の格差、集団的自衛権…。経済、政治、ビジネスから日常生活に至るまで、どうにも腑に落ちない疑問を、大学教授である著者が55のQ&A形式で解説する。

現代ニッポン論壇事情社会批評の30年史


現代ニッポン論壇事情社会批評の30年史
北田 暁大 栗原 裕一郎 後藤 和智
イースト新書

Amazonでの評価:(2.7/5.0)
予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
柄谷行人、上野千鶴子、内田樹、高橋源一郎、宮台真司、小熊英二、古市憲寿ら、著名論客を縦横無尽に批評。世代が異なる個性的な論客3人が、現代ニッポンの言論空間を語り尽くす。

日本の覚醒のために -内田樹講演集-


日本の覚醒のために -内田樹講演集-
内田 樹
犀の教室

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
グローバリズムに翳りがみえてきた資本主義末期に国民国家はどこへ向かうのか? 宗教が担う役割は? ことばの持つ力を子どもたちにどう伝えるか? 内田樹が日本をとりまく喫緊の課題について、情理を尽くして語った講演集。

楽しい縮小社会 -「小さな日本」でいいじゃないか-


楽しい縮小社会 -「小さな日本」でいいじゃないか-
森 まゆみ 松久 寛
筑摩選書

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
少子高齢化や連続マイナス成長…。このままでは日本は沈没するって本当? 持たない生活を実践してきた作家・森まゆみと、技術開発にしのぎを削ってきた工学者・松久寛の刺激的な対話集。

ニュースの噓を見抜け


ニュースの噓を見抜け
辛坊 治郎

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
森友学園騒動で安倍首相が犯した最大の過ちとは? 豊洲市場移転の結論は? 「慰安婦像」問題の本質とは何か? 報道されない犯罪が引き起こす問題とは? 『辛坊治郎メールマガジン』を書籍化した、シリーズ第4弾。

シンギュラリティ・ビジネス -AI時代に勝ち残る企業と人の条件-


シンギュラリティ・ビジネス -AI時代に勝ち残る企業と人の条件-
齋藤 和紀
幻冬舎新書

Amazonでの評価:(4.3/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
あらゆる技術は未曽有のスピードで進化し、これまで富を生んできた技術が非収益化。AIに仕事を奪われる危機に晒されている。そんな中で成長を遂げるビジネスは何か? シンギュラリティに向かう時代のビジネスを読み解く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ