さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

書評

中古典のすすめ


中古典のすすめ
斎藤 美奈子

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
山崎豊子「白い巨塔」、小松左京「日本沈没」、村上春樹「ノルウェイの森」…。文芸評論家である著者が、ひと昔前のベストセラー48点の賞味期限を判定する。『scripta』連載に加筆修正して単行本化。

虚心に読む-書評の仕事2011-2020


虚心に読む-書評の仕事2011-2020
橋本 五郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
読売新聞の書評委員を務め、書物を通じて人間を、歴史を考えてきた著者が、政治とは、日本とは、そして人間とは何かを問いかける書評集第2弾。著作でたどる小泉信三論等も収録。『読売新聞』連載を中心にまとめて単行本化。

ソロモン諸島でビブリオバトル-ぼくが届けた本との出会い


ソロモン諸島でビブリオバトル-ぼくが届けた本との出会い

益井 博史

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
【内容紹介】
青年海外協力隊で派遣された南の島でのミッションとは…。「最後の秘境」ソロモン諸島に渡り、ビブリオバトルで子どもたちに読書の楽しさを伝えた青年の奮闘記。ブログをもとに書籍化。

本屋大賞 2020


本屋大賞 2020
本の雑誌編集部

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
第17回を迎えた2020年本屋大賞受賞作を、投票コメントとともに紹介。大賞受賞作家の言葉をはじめ、1次投票結果、2次投票最終結果&大賞受賞作データ、翻訳小説部門、既刊本を対象とする「発掘本」などを収録。

書評の仕事(ワニブックス|PLUS|新書 291)


書評の仕事(ワニブックス|PLUS|新書 291)
印南 敦史
ワニブックス|PLUS|新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
年間500冊! 書評を出すたび、Amazonランキングが急上昇! 超人気の書評家が、仕事の内容や本の選び方、心を動かす文章の書き方、要約の極意、批評と感想文の違いなどを語る。

断言-読むべき本・ダメな本 新教養主義書評集成 経済社会編(ele‐king books)


断言-読むべき本・ダメな本 新教養主義書評集成 経済社会編(ele‐king books)
山形 浩生
ele‐king books

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
長年にわたり価値を失わない良書をしっかり紹介し、ベストセラーであろうとダメな本は徹底的に批判する-。辛口書評家が30年ちかくにわたり書き綴った膨大な書評から、経済・経営・政治・歴史などの分野ごとに集成する。

池上彰と現代の名著を読む-東工大・白熱読書教室


池上彰と現代の名著を読む-東工大・白熱読書教室
池上 彰

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代史、AI、資本主義…。文系ジャーナリスト・池上彰と、理系エリート・東工大生が近年の名著から学び、ときに斬る?! 東京工業大学で有志によって行われた「池上先生読書会」を書籍化。

おすすめ文庫王国 2020


おすすめ文庫王国 2020
本の雑誌編集部

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2019年度文庫ベストテン、『本の雑誌』読者が選んだ2019年の文庫ベスト1、ジャンル別ベストテン、偏愛ベストテン、サッカー好き書店員匿名座談会などを収録。2019年の文庫を網羅したガイドブック。

いつだって読むのは目の前の一冊なのだ


いつだって読むのは目の前の一冊なのだ
池澤 夏樹

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
辣腕の書評家にして口達者な本のセールスマン・池澤夏樹が広大な読書の世界へ分け入り、2003年〜2019年という時代の大きな変化の中で選び抜いた444冊を紹介。『週刊文春』掲載「私の読書日記」を単行本化。

室内生活-スローで過剰な読書論 books & life


室内生活-スローで過剰な読書論 books & life
楠木 建

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
読書の醍醐味はそこから何を読み取り、何を得るか。当代随一の本の読み手が、これまでに手掛けた書籍解説や書評の、ほぼすべてを網羅。知的体幹を鍛え、思考の基盤を厚くする本の読み方が身につく読書論集。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ