さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

書道

妖怪絵草紙と怪談で楽しく学ぶ!「くずし字」読解のポイント(コツがわかる本)


妖怪絵草紙と怪談で楽しく学ぶ!「くずし字」読解のポイント(コツがわかる本)
山本 明 齋藤 均
コツがわかる本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸時代に人気を博した、妖怪や怪談物の浮世絵・絵草紙をテキストに用いた、初心者のためのくずし字入門書。豊富な資料を基に、必須文字や攻略方程式など、読みこなしのコツを徹底解説する。

ふだんの美文字


ふだんの美文字
りさ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
SNSで文字の書き方を発信している著者が、手書きが楽しくなるふだん使いの美文字の実例を紹介する。マネするだけですてきに変わる手書きのコツ26を公開。別冊ドリルの書き込み式練習帳付き。

「書道」の教科書-この一冊で、書道からアートまで全部がわかる 改訂版


「書道」の教科書-この一冊で、書道からアートまで全部がわかる 改訂版
横山 豊蘭

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「書道をイチからはじめたい!」人向け。基本の一本線から徐々にレベルアップしていきながら、美しい文字を書くポイント、アート作品を書くためのコツを学べるテキスト。一部に英語対訳を付すなどした改訂版。

知っておきたい!手書きの常識-活字から始めるきれいな字


知っておきたい!手書きの常識-活字から始めるきれいな字
平形 精逸

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
視写やなぞり書きを繰り返すだけでは字はうまくならない。楷書をきちんと<正しく>書く4つのメソッドと楷書をきれいに<整えて>書く4つのメソッド。あわせて、8つのシンプルに字がきれいになる画期的なメソッドを紹介。

熨斗袋-選ぶ書く伝わる


熨斗袋-選ぶ書く伝わる
川邊 りえこ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本人の美意識が象徴された、日本文化の精神性を知るための小さな「メディア」熨斗袋。結婚祝、御祝、弔事…。関東の標準の熨斗袋の表書きの記し方をはじめ、熨斗袋の選び方、手渡し方などを、多数のビジュアルと共に紹介。

美術でさぐる現代の書


美術でさぐる現代の書
武田 厚

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
MAYA MAXX、田村空谷、土橋靖子、柿下木冠ら、総勢26人の書家・美術家の作家論を一挙掲載。「書」と「美術」の境界を問う。『美術の窓』『墨』連載を加筆し単行本化。

京都名筆散歩-古都で「書」にひたる


京都名筆散歩-古都で「書」にひたる
中村 史朗

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
京都には書の美と歴史が息づいている-。寺院、神社、美術館、公園…。京都市とその周辺に収蔵される、または見ることができる、古代から近代までの日本・中国の書の名品を、地域ごとに案内する。

漢字のくずし方ハンドブック-楷書・楷行書・行書・行草書・草書で学ぶ


漢字のくずし方ハンドブック-楷書・楷行書・行書・行草書・草書で学ぶ
浅倉 龍雲

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ハンディーな漢字のくずし字字典。常用漢字と人名用漢字を、明朝活字体、楷書体、楷行書体、正行書体、行草書体、草書体の6つの書体で表現する。平仮名の書き方とさまざまな表書き実例も掲載。

散らし書きの情景百人一首


散らし書きの情景百人一首
大石 三世子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
遠近をつける、余白の美、古筆に従い流れは右に…。百人一首を題材に、かな作品の散らし書きのパターンを様々に変化させて百態収録。手本としてかな書道の学習に役立つ。巻末に変体仮名一覧付き。

古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント 新版(コツがわかる本)


古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント 新版(コツがわかる本)
山本 明 齋藤 均
コツがわかる本

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一つの音にいくつもの異体字が設定される“くずし字”。異体字の数が限定されている江戸時代のものを中心に、平仮名の読解にテーマを絞り、比較的登場頻度が高いものをセレクトして解説。コラムも掲載。書き込み欄あり。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ