さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

曽野綾子

人生の醍醐味(扶桑社新書 302)


人生の醍醐味(扶桑社新書 302)
曽野 綾子
扶桑社新書

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人間は、涙の中から覚り、知ることがある。不運と不幸がいいわけではないが、それを生かす人間になる他はない…。曽野綾子が、「人生の成功者」になる秘訣を綴る。

完本戒老録-自らの救いのために 増補新版


完本戒老録-自らの救いのために 増補新版
曽野 綾子

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
何事も自分でやろうとすること、ひとりで遊ぶ癖をつけること、身だしなみに気をつけること、適当な運動を日課とすること、死に急がぬこと…。作家・曽野綾子が授ける、上手に年を取り、「老年」を豊かに生きる智恵。

不惑の老後(SB新書 475)


不惑の老後(SB新書 475)
曽野 綾子
SB新書

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自分を取り巻くさまざまな環境が変わり、身体も次第に衰えていく中、年を取ったからこそ見えてくることもある-。曽野綾子が語る、人生の終わりをより良く迎えるためのヒント。

人は怖くて噓をつく


人は怖くて噓をつく
曽野 綾子

予約数: 1
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「無力さ」を自覚するとき、人間は謙虚になる。人の眼や言葉を借りてものを言う限り、人は他者の心の理解に近づくことはできない…。『産経新聞』連載「透明な歳月の光」の一部に追記して書籍化。

「いい加減」で生きられれば…


「いい加減」で生きられれば…
曽野 綾子

予約数: 16
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「大体において運命に流され、ただほんの少しだけ、常に流れに掉さして、自分の好みを通す」くらいの生き方がいい-。曽野綾子の著作の中から、“いい加減”を楽しむ生き方や考え方を紹介する。

老年を面白く生きる


老年を面白く生きる
曽野 綾子

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

自分流のすすめ -気ままな私と二匹の猫たち-


自分流のすすめ -気ままな私と二匹の猫たち-
曽野 綾子

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自分で動けるうちは、好きな花を植え、野菜を育て、料理を作り、しっかり食べ、読書をし、体をちゃんと動かしながら、一日一日過ごしていきたい-。老後の日常を切り取ったエッセイ。『婦人公論』連載に加筆して単行本化。

老いの冒険 -わたしだけの時間を生きる-


老いの冒険 -わたしだけの時間を生きる-
曽野 綾子

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
もういつ死んでもいいという感覚には、すばらしい解放感があった。老年は自分で毎日をデザインできる-。曽野綾子の著作の中から、“自分流”老いの境地を楽しむ生き方や考え方を紹介する。

「人生最期」の処方箋


「人生最期」の処方箋
曽野 綾子

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人には最後に必ず負け戦、不当な結果を自分に与える戦いが待っている。それが死というものだ-。「生老病死」を見据えてきた作家・曽野綾子が、最後の大仕事としての「死の準備」について説く。

死生論


死生論
曽野 綾子

予約数: 10
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
死ぬ運命を見極めると、逆にしたいことがはっきり見える。どうでもいいこともわかる。だから時間をむだにしない。作家・曽野綾子が、人間が生きて死ぬということを日常の出来事を通して綴る。『産経新聞』連載を加筆・再構成。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ