さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

曽野綾子

夫の後始末 続 今も一つ屋根の下で


夫の後始末 続 今も一つ屋根の下で
曽野 綾子

予約数: 28
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
88歳の私に課されたのは、自分の後始末だ。果たして、死はそれほど恐ろしいか-。作家・曽野綾子が、夫・三浦朱門を看取ってからの3年間を綴る。『週刊現代』連載を加筆修正し単行本化。

死という最後の未来


死という最後の未来
石原 慎太郎 曽野 綾子

予約数: 51
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
死に向き合うことで見える、人が生きる意味とは-。キリストの信仰を生きる曽野綾子と、法華経を哲学とする石原慎太郎。対極の死生観を持つふたりが、「死」について赤裸々に語る。

死学のすすめ-死はおそれるものではなく学ぶもの


死学のすすめ-死はおそれるものではなく学ぶもの
曽野 綾子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人生の後半に必要な操作は、許容、納得、断念、回帰-。静かに死ぬということとは? 曽野綾子が、死や死にざま、見送る側の務めなど、老いも病いも楽しめる考え方を綴る。

私日記 11 いいも悪いも、すべて自分のせい


私日記 11 いいも悪いも、すべて自分のせい
曽野 綾子

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
猫が2匹やってきた。暮らしも変わった。変わらないのは、書くこと、料理すること、片づけること-。生活者の視点から見抜いた人間の矛盾、社会の不条理を含め、著者の日常を綴った記録。『Voice』連載を単行本化。

病気も人生-不調なときのわたしの対処法


病気も人生-不調なときのわたしの対処法
曽野 綾子

予約数: 13
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
病気とは律儀に付き合わない、人間の精神は肉体に左右される、楽しくないと病気は治らない、笑いで免疫力も高まる…。不調なときの対処法を綴った、曽野流健康論。

長生きしたいわけではないけれど。


長生きしたいわけではないけれど。
曽野 綾子

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
生き方の好みがその人の「芯」になる、人間に大切なのは「本質」だけ、自分の不幸を特別視しない…。自分なりの生き方を貫いてきた著者が、「人生100年時代」を穏やかにまっとうするための心得を伝える。

日本人が世界に尊敬される「与える」生き方


日本人が世界に尊敬される「与える」生き方
曽野 綾子 ケント・ギルバート

予約数: 11
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
第二次世界大戦、高度成長期、バブルとその崩壊…。激動の時代を生き、様々な社会の問題を直視してきた作家・曽野綾子と、来日40年の米国人弁護士ケント・ギルバートが、これからの日本、そして日本人の進むべき道を考える。

人間の芯


人間の芯
曽野 綾子

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ、かくも日本人の「芯」がひ弱になったのか。芯がないと、ただの浮遊物だ。少なくとも精神を持った人間の生き方ではない-。知の巨匠・曽野綾子が、人間の精神の豊かさを問い直す至高の幸福論。

私日記 10 人生すべて道半ば


私日記 10 人生すべて道半ば
曽野 綾子

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
三浦朱門は静かに旅立った。葬儀のミサでは「ハッピイ・バースデー」を合唱した-。夫を看取ったときの状況と心情も含め、著者の日常を綴った記録。『Voice』連載を単行本化。

孤独の特権(ポプラ新書 176)


孤独の特権(ポプラ新書 176)
曽野 綾子
ポプラ新書

予約数: 7
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
好調の時は自省し、どん底にいる時はこれ以上沈まないと楽観する、「たかが」とつけて考えれば自分を追い込まずにすむ…。悪あがきをせず、すべてのしがらみから解放されるための249の矜持を綴る。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ