さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

有馬美季子

はないちもんめ梅酒の香-長編時代小説(祥伝社文庫 あ36-10 はないちもんめ 5)


はないちもんめ梅酒の香-長編時代小説(祥伝社文庫 あ36-10 はないちもんめ 5)
有馬 美季子
祥伝社文庫 はないちもんめ

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
料理屋「はないちもんめ」のお紋、お市、お花は尼寺の法会で振る舞われた料理に目を瞠る。それはピリリと辛い未知の味だった。法会で出会った双子の姉妹も座敷牢にいる義兄のため、似た味の料理を探しているらしく…。

はないちもんめ夏の黒猫-長編時代小説(祥伝社文庫 あ36-9 はないちもんめ 4)


はないちもんめ夏の黒猫-長編時代小説(祥伝社文庫 あ36-9 はないちもんめ 4)
有馬 美季子
祥伝社文庫 はないちもんめ

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
花火が上がり川開きとなった両国。女三代が営む料理屋「はないちもんめ」も、うろうろ舟に弁当を仕出しし大忙しだ。そこへ常連の同心たちがまたもや難事件を持ち込む。大の大人が6名、舟遊びに出たまま行方不明となり…。

はないちもんめ冬の人魚 -長編時代小説-


はないちもんめ冬の人魚 -長編時代小説-
有馬 美季子
祥伝社文庫 はないちもんめ

予約数: 4
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
文政6年、北紺屋町の料理屋<はないちもんめ>で「怪談噺の会」が催された。季節外れの人魚の怪談は盛況のうちに終わる。しかし数日後、両国で揚がった男女の水死体には右腕がなく、件の怪談を彷彿させて…。

はないちもんめ秋祭り -長編時代小説-


はないちもんめ秋祭り -長編時代小説-
有馬 美季子
祥伝社文庫

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
文政5年、北紺屋町で料理屋「はないちもんめ」を切り盛りする、大女将・お紋、美人女将・お市、見習い娘・お花。日本橋の祭りを手伝う3人のすぐそばで、女が不審な死を遂げた。食あたりか、毒か。女3人が謎を解く!

はないちもんめ


はないちもんめ
有馬 美季子
祥伝社文庫

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
八丁堀の同心たちの役宅近く、北紺屋町に料理屋<はないちもんめ>はある。女三代が営む賑やかな店に、常連の同心・木暮が浮かぬ顔で現われる。横行する追い剝ぎを捕えられずにいるというのだが…。

吉原花魁事件帖 -青楼の華-


吉原花魁事件帖 -青楼の華-
有馬 美季子
PHP文芸文庫

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
花魁道中の最中に矢で狙われたのは、花魁か客か…。自害を図った遊女の想い人の正体とは…。吉原随一の花魁となった華舞が、欲望と嫉妬が渦巻く世界で、不可解な謎を艶やかに解き明かしていく連作短篇時代小説。

縁結び蕎麦 -時代小説書下ろし-


縁結び蕎麦 -時代小説書下ろし-
有馬 美季子
祥伝社文庫 縄のれん福寿

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 14
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
蕎麦が大切な人たちとの縁を結びつけてくれた-。料理に感謝する縄のれんの女将お園を、かつての店の居候里江が訪ねてきた。再会を喜び合う2人。そんな中、常連の吉之進のはとこという娘が、お園を目の敵にし始めて…。

源氏豆腐 -時代小説書下ろし-


源氏豆腐 -時代小説書下ろし-
有馬 美季子
祥伝社文庫 縄のれん福寿

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
お園が留守にしている間に、近所にできた京料理屋<山源>に客を根こそぎとられてしまった。お園は<山源>の板長に「お客の心を癒すための料理」という考えを否定されても信念を曲げず、お客と自らをも救う一品を作り出し…。

さくら餅 -時代小説書下ろし-


さくら餅 -時代小説書下ろし-
有馬 美季子
祥伝社文庫 縄のれん福寿

予約数: 15
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本橋小舟町「福寿」を10歳の少年・連太郎と下男の勘助が訪れた。女将のお園が出した“親子飯”に感激した2人は事情を語り出す。お家取り潰しで一家離散となった連太郎は、生みの母を捜しに江戸に出てきたといい…。

出立ちの膳 -時代小説書下ろし-


出立ちの膳 -時代小説書下ろし-
有馬 美季子
祥伝社文庫 縄のれん福寿

Amazonでの評価:(1.0/5.0)
予約数: 11
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
夜道を襲われたお園を助けに現れた男が落とした紙片。そこには謎の食材が書かれていた。それが元夫・清次との思い出に符合すると気づいたお園は、矢も楯もたまらず旅に出る…。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ