さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

朝日新書

京大式へんな生き物の授業(朝日新書 808)


京大式へんな生き物の授業(朝日新書 808)
神川 龍馬
朝日新書

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
光合成をやめて寄生虫になったもの、細胞から武器を発射するもの…。ミクロの世界は、無計画でムダなことばかりするへんなやつらのオンパレード。新進気鋭の生物学者が、単細胞の生き物の織り成す、へんな生き方を紹介する。

分極社会アメリカ-2020年米国大統領選を追って(朝日新書 802)


分極社会アメリカ-2020年米国大統領選を追って(朝日新書 802)
朝日新聞取材班
朝日新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
バイデン大統領が誕生し、融和と国際協調に転じる米国。しかし、引き裂かれたアメリカが元に戻ることはない。市井の人々の声をたんねんに拾い、米国に生じた断層を浮き彫りにする。『朝日新聞』等掲載記事に加筆。

陰謀の日本近現代史(朝日新書 800)


陰謀の日本近現代史(朝日新書 800)
保阪 正康
朝日新書

予約数: 26
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
いつの世も、知恵と知恵の戦いが歴史をつくる。時にそれを「陰謀」という-。ルーズベルトが日本に仕掛けた罠、西郷隆盛が見誤った「会津の恨み」など、近現代史の第一人者が「真実」を史料と証言で徹底的に解明する。

不思議な島旅-千年残したい日本の離島の風景(朝日新書 797)


不思議な島旅-千年残したい日本の離島の風景(朝日新書 797)
清水 浩史
朝日新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1000年後、僕もあなたも消えてるけれど、島たちはどうだろう-。現代社会を不器用に生きる著者が日本全国の離島をたずね、利他的精神、死者とともに生きる知恵など、失われた幸せの原風景を発見する。

坂本龍馬と高杉晋作-「幕末志士」の実像と虚像(朝日新書 793)


坂本龍馬と高杉晋作-「幕末志士」の実像と虚像(朝日新書 793)
一坂 太郎
朝日新書

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
官僚の志士・高杉晋作と草莽の志士・坂本龍馬。生い立ちも志向も行動様式も異なる2人のキャラクターを、著者が30余年にわたり蒐集した史料を基に比較。彼らを軸に維新の礎を築いた志士群像の正体に迫る。

教員という仕事-なぜ「ブラック化」したのか(朝日新書 791)


教員という仕事-なぜ「ブラック化」したのか(朝日新書 791)
朝比奈 なを
朝日新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界一長い、日本の教員の労働時間。教員間のいじめ、コロナ禍での対応など、労働環境も年々過酷になっている。気鋭の教育ジャーナリストが現職の教員にインタビューし、学校現場の現状と課題を浮き彫りにする。

学校制服とは何か-その歴史と思想(朝日新書 788)


学校制服とは何か-その歴史と思想(朝日新書 788)
小林 哲夫
朝日新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
学校の制服とはなんだろうか。制服史を振り返るとともに、制服モデルチェンジの歴史と現在などを詳しくレポート。制服を自由化した学校、自由化から制服を復活させた学校を検証し、制服のあり方について問題提起する。

妻に言えない夫の本音-仕事と子育てをめぐる葛藤の正体(朝日新書 787)


妻に言えない夫の本音-仕事と子育てをめぐる葛藤の正体(朝日新書 787)
朝日新聞「父親のモヤモヤ」取材班
朝日新書

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
今までと変わらない仕事上の期待を担いながら、いざ育児に関われば、奇異の目や過剰な称賛にさらされる。父親たちが直面する困難を検証し、子育てがしやすい社会の理想像に迫る。

新型コロナ制圧への道(朝日新書 779)


新型コロナ制圧への道(朝日新書 779)
大岩 ゆり
朝日新書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
新型コロナウイルスのパンデミックの発生から約半年間を記録すると同時に、犠牲者が少ないという日本の「ミステリー」に迫り、第2波への対策を提言。また、これまでに起きた世界のパンデミックを振り返り、歴史的教訓を得る。

渋沢栄一と勝海舟-幕末・明治がわかる!慶喜をめぐる二人の暗闘(朝日新書 777)


渋沢栄一と勝海舟-幕末・明治がわかる!慶喜をめぐる二人の暗闘(朝日新書 777)
安藤 優一郎
朝日新書

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
朝敵となった徳川慶喜に生涯忠誠を尽くした渋沢栄一と、慶喜に30年間も「謹慎」を強いた勝海舟。共に幕臣だった2人の対立を描き、知られざる維新・明治史を解明する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ