さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

朝日時代小説文庫

お隠れ将軍(朝日文庫 よ21-1 朝日時代小説文庫)


お隠れ将軍(朝日文庫 よ21-1 朝日時代小説文庫)
吉田 雄亮
朝日文庫 朝日時代小説文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
八歳で逝去した徳川家継の骸が増上寺に納められてから20年。その存在すら忘れられた世に、岡崎継次郎と名を変えた家継の姿があった。暗殺の謀から逃れた彼は、葵の紋が彫られた名刀を手に、徳川の世を乱す悪漢に対峙する!

道標


道標
小杉 健治
朝日文庫 朝日時代小説文庫 天文方・伊能忠敬

予約数: 14
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本橋で奉公を始めた三治郎は、主の成田別当が団子屋の女将を手籠めにするのを見てしまう。その直後、団子屋の主人は謎の死を遂げた。三治郎に伊能家への婿養子の口を持って来た親類は、成田別当の内儀に危険なものを感じ…。

出奔 -天文方・伊能忠敬-


出奔 -天文方・伊能忠敬-
小杉 健治
朝日文庫 朝日時代小説文庫

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
測量の旅に出た伊能忠敬は、ある武士の亡骸をめぐる不穏な騒動に巻き込まれ、やくざの岩吉などの荒くれ者たちと過ごした激動の幼少期に思いを馳せる。それは、天文にほのかな興味を抱くきっかけにもなる出逢いだった…。

うめ婆行状記


うめ婆行状記
宇江佐 真理
朝日文庫 朝日時代小説文庫

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 7
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
北町奉行所同心の夫を亡くした商家出のうめは、気ままな独り暮らしを楽しもうとしていた矢先、甥っ子の隠し子騒動に巻き込まれ、ひと肌脱ぐことに…。著者の遺作となる、未完の長編時代小説。

黎明の剣


黎明の剣
小杉 健治
朝日文庫 朝日時代小説文庫 御用船捕物帖

予約数: 22
予想待ち時間: 11か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
両国の川開きの日、船頭・多吉の屋根船に乗り移った浪人は、商家の旦那を殺して逃げた。幼馴染みで同心の音之進と調べを進めるうち、その男は堂々と姿を現すが、それと呼応するように、多吉に想いを寄せる女中が連れ去られ…。

斬!江戸の用心棒


斬!江戸の用心棒
佐々木 裕一
朝日文庫 朝日時代小説文庫

予約数: 8
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
老中だった父の横死に絡む御家騒動のため、公儀に病死と届けられ、居場所を失った大垣沖信。彼は月島真十郎と名を改め、用心棒稼業に身をやつすが、やがて幕府内に蠢く悪事に単身斬り込んでいく。

哀惜の剣


哀惜の剣
小杉 健治
朝日文庫 朝日時代小説文庫 御用船捕物帖

予約数: 19
予想待ち時間: 5か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
御徒目付の片平伊兵衛は組頭の首を刎ねた後、「遺恨だ」と呟き自らの喉を搔き切った。弟の伊之助は兄の無念を晴らすべく、仇の屋敷に乗り込んでいくが…。背後に蠢く悪に、同心・音之進の直心影流の剣が唸る、シリーズ第3弾。

風花帖


風花帖
葉室 麟
朝日文庫 朝日時代小説文庫

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 12
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸後期、白黒騒動が激化する小倉藩。勘定方の青年・印南新六と吉乃は、互いを思いながらも同じ道を歩めなかった-。運命のほころびに翻弄される男女の哀切を描く時代小説。

海賊同心、参る!


海賊同心、参る!
福原 俊彦
朝日文庫 朝日時代小説文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
紀州海賊の末裔・坂船宗也は、品川沖を管理する船手組に属している。しかし徳川吉宗が考案の水練中に旗本が急死し、その責を問われてしまう。宗也は汚名をそそぐため、旗本の死に不審を抱き、盟友・田沼意次と事の真相を追う。

ことり屋おけい探鳥双紙


ことり屋おけい探鳥双紙
梶 よう子
朝日文庫 朝日時代小説文庫

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
失踪した夫を待ちながら、鳥を商う「ことり屋」を営むおけいは、紅雀、十姉妹と小鳥を次々ともとめていく娘を不審に思い…。鳥にまつわる不思議な出来事と、その裏に隠された恋模様を描く連作時代小説。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ