さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

木下昌輝

金剛の塔


金剛の塔
木下 昌輝

予約数: 5
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
百済からきた宮大工たちが伝えた技術は、飛鳥、平安、戦国時代と受け継がれた。火災や戦乱で何度も焼失しながら、五重塔は甦り…。現代の高層建築にも生きている「心柱構造」誕生と継承の物語。『読楽』掲載を加筆し書籍化。

決戦!桶狭間(講談社文庫 け19-5 決戦!シリーズ)


決戦!桶狭間(講談社文庫 け19-5 決戦!シリーズ)
冲方 丁 砂原 浩太朗 矢野 隆 富樫 倫太郎 宮本 昌孝 木下 昌輝 花村 萬月
講談社文庫 決戦!シリーズ

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
永禄3年5月19日。突然の豪雨にかき消された馬蹄の響き。奇襲-無念の勇将は、怨敵の指を嚙みちぎる。「天下布武」の怒濤、ここに起こる。名手7人が「桶狭間」を描く。「決戦!」シリーズ第5弾。

炯眼に候


炯眼に候
木下 昌輝

予約数: 17
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
実は信長には、誰よりも物事の本質をとらえる「眼」があったのではないか-。史実を踏まえつつ独自の着眼で、信長の理知的、戦略的な面に光を当てた短編集。『オール讀物』掲載に加筆し単行本化。

決戦!川中島


決戦!川中島
冲方 丁 佐藤 巖太郎 吉川 永青 矢野 隆 乾 緑郎 木下 昌輝 宮本 昌孝
講談社文庫 決戦!シリーズ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
永禄4年9月10日。信玄率いる武田軍と、謙信指揮する上杉軍が、北信濃の要衝で激突した。そのとき、付き従った武将たちの本心とは…。作家7人が「川中島」を描く。「決戦!」シリーズ第4弾。

時代小説ザ・ベスト 2018


時代小説ザ・ベスト 2018
日本文藝家協会 中嶋 隆 澤田 瞳子 永井 紗耶子 木下 昌輝 天野 純希 上田 秀人 村木 嵐 高橋 直樹 簑輪 諒 東郷 隆 縄田 一男
集英社文庫 歴史時代

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2017年度発行の文芸誌に掲載された作品群から精選した時代小説アンソロジー。気鋭の作家やベテラン勢が、さまざまな時代を舞台に一所懸命に生きる人々を描いた珠玉の傑作短編全10作品を収録。縄田一男のエッセイも収録。

絵金、闇を塗る


絵金、闇を塗る
木下 昌輝

予約数: 22
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸末期に土佐に生まれ、狩野派の技法を短期で習得した天才絵師・絵金。市川團十郎や武市半平太等、その絵に人生を左右された男たちの生きざまから、絵金の人物像を浮き彫りにする時代小説。『小説すばる』連載に加筆・修正。

人魚ノ肉


人魚ノ肉
木下 昌輝
文春文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人魚の肉を食べた者は不老不死になるというが…。幕末京都に、吸血鬼、ゾンビ、ドッペルゲンガーが降臨。坂本竜馬、近藤勇、沖田総司、斎藤一、岡田以蔵らを襲う不吉な最期を描く。奇想の新撰組異話。

宇喜多の楽土


宇喜多の楽土
木下 昌輝

予約数: 28
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
心優しきリーダーの選択とは…。秀吉の寵愛を受けた俊才・宇喜多秀家。父・直家の跡を継ぎ、関ケ原に出陣し、戦い、負け、八丈島で長い生涯を閉じるまでを描く長編小説。『別册文藝春秋』連載を大幅に改稿し単行本化。

決戦!本能寺


決戦!本能寺
伊東 潤 矢野 隆 天野 純希 宮本 昌孝 木下 昌輝 葉室 麟 冲方 丁
講談社文庫 決戦!シリーズ

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
天正10年6月2日。戦国のいちばん長い夜、本能寺の変。天下人となる目前の織田信長を討った男、守った男…。作家7人が「本能寺の変」を描く。「決戦!」シリーズ第3弾。



木下 昌輝

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 17
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
勇敢な猛将も、臆病な天下人も、愚直な武士もいた。桶狭間の戦いから大坂の陣まで、戦国の六大決戦を渡り歩いた道鬼斎が辿り着く、“まことの兵”とは…。「決戦!」シリーズに書き下ろし「道鬼斎の旅」を加えた戦国連作。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ