可視化・盗聴・司法取引を問う
村井 敏邦 海渡 雄一 渕野 貴生 小池 振一郎 桜井 昌司 葛野 尋之 山本 了宣 岩田 研二郎 笹倉 香奈 原田 宏二

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2016年成立の刑事訴訟法等改正法の成立過程を含めて、その意義と問題点を概観。この改正が刑事司法にどのような影響を与えるかを論じるとともに、可視化や、盗聴の拡大、司法取引の導入といった改正内容を検証する。