さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

森林

いのちの森づくり-宮脇昭自伝


いのちの森づくり-宮脇昭自伝
宮脇 昭

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「日本植生誌」の完成、土地に根ざした森づくり…。「森の匠」宮脇昭が自らの半生を綴った、『神奈川新聞』の連載を加筆・修正。1980年以後の人生をまとめた詳伝年譜、2008年9月に行われた講演要旨も収録。

光の田園物語-Aurelian Hill 環境農家への道


光の田園物語-Aurelian Hill 環境農家への道
今森 光彦

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
荒れ果てた土地、竹藪との壮絶な格闘、姿を現した古木や山の神々からの贈り物。里山に生きる写真家が、“未来に贈る美しい風景”を取り戻すための挑戦の記録。

青森ヒバのある暮らし-凛とした、清々しい香りに包まれて


青森ヒバのある暮らし-凛とした、清々しい香りに包まれて
村口 実姉子

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
青森ヒバの香りを深く吸い込んだら、なんだかそれだけでスゥーっと幸せになる。青森県下北半島で育つ青森ヒバについて紹介し、巨大テーブル、手編みカゴ、精油、チップ、カンナ削りなど、青森ヒバのある暮らしを提案する。

神仏の森は消えるのか-社叢学の新展開


神仏の森は消えるのか-社叢学の新展開
渡辺 弘之

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
神社・寺院(仏閣)を取り巻く森「社叢」の荒廃は、社寺自体の消滅を招く。社叢の成り立ちや果たしている役割、現在直面している問題を紹介し、その維持や保全について考える。

木々は歌う-植物・微生物・人の関係性で解く森の生態学


木々は歌う-植物・微生物・人の関係性で解く森の生態学
D.G.ハスケル 屋代 通子

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
エクアドルのセイボ、スコットランドのハシバミ、エルサレムのオリーブ、宮島のゴヨウマツ…。世界の12本の木と、木を取り巻く自然のネットワーク、人間社会との関係性を、緻密で科学的な観察で描き出す。

めぐみの森


めぐみの森
藤原 幸一

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
動植物が共生する原生林。その森に生きる先住民は「人の暮らしを豊かにする森のめぐみを動物たちが教えてくれた」と話す。だが今、その森と動植物が消え去ろうとしていて…。守るべき「豊かさ」とは何かを問いかける写真絵本。

散歩で見かける街路樹・公園樹・庭木図鑑 改訂版


散歩で見かける街路樹・公園樹・庭木図鑑 改訂版
葛西 愛

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
市街地で目にすることが多い樹木を、街路樹・公園樹と庭木の2つのジャンルに分けて紹介。写真やデータ、名前、ひとくちコメントなどを掲載してわかりやすく解説する。花期やジャンル等のつめ検索付き。

オーレリアンの庭 -生きものと暮らす里山のアトリエから 今森光彦写真集-


オーレリアンの庭 -生きものと暮らす里山のアトリエから 今森光彦写真集-
今森 光彦

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

樹木たちの知られざる生活 -森林管理官が聴いた森の声-


樹木たちの知られざる生活 -森林管理官が聴いた森の声-
ペーター・ヴォールレーベン 長谷川 圭
ハヤカワ文庫 NF

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
樹木たちはコミュニケーションを取り合い、ときに助け合う。その一方で熾烈な縄張り争いをも繰り広げる。学習をし、音に反応し、数を数える-。ドイツの森林管理官が、長年の経験と科学的裏付けをもとに、木や森の真実を語る。

保持林業 -木を伐りながら生き物を守る-


保持林業 -木を伐りながら生き物を守る-
柿澤 宏昭 山浦 悠一 栗山 浩一 岡 裕泰 長池 卓男 大澤 正嗣 井上 大成 由井 正敏 中村 太士 五味 高志 森 章 尾崎 研一 明石 信廣 吉田 俊也 伊藤 哲 庄子 康

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
欧米で実践され普及しつつある、生物多様性の維持に配慮し、かつ林業が経済的に成り立つ「保持林業」を紹介。北海道での大規模実験、世界の先進事例、施業と森林生態の考え方、必要な技術などを科学的知見にもとづき解説する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ