さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

森見登美彦

ぐるぐる問答-森見登美彦氏対談集(小学館文庫 も24-2)


ぐるぐる問答-森見登美彦氏対談集(小学館文庫 も24-2)
森見 登美彦 劇団ひとり 万城目 学 瀧波 ユカリ 柴崎 友香 うすた 京介 綾辻 行人 神山 健治 上田 誠 羽海野 チカ 大江 麻理子 萩尾 望都 飴村 行 本上 まなみ 綿矢 りさ 伊坂 幸太郎 辻村 深月 カメントツ
小学館文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
正直に、出たとこ勝負で喋るだけ-。作家・森見登美彦の初の対談集。劇団ひとり、柴崎友香、綾辻行人、羽海野チカらとの対談、小説「今昔対談」を収録する。伊坂幸太郎、辻村深月との対談も新録。

夜行(小学館文庫 も24-1)


夜行(小学館文庫 も24-1)
森見 登美彦
小学館文庫

予約数: 17
予想待ち時間: 8か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。長谷川さんが姿を消した夜から10年。僕ら5人の仲間は、鞍馬の火祭りの日に再会した。全員がそれぞれの旅先で目にした連作絵画「夜行」とは。長谷川さんとは再会できるのか-。

恋文の技術(ポプラ文庫 も3-1)


恋文の技術(ポプラ文庫 も3-1)
森見 登美彦
ポプラ文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

奇想と微笑-太宰治傑作選(光文社文庫 も18-1)


奇想と微笑-太宰治傑作選(光文社文庫 も18-1)
太宰 治 森見 登美彦
光文社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

宵山万華鏡(集英社文庫 も29-1)


宵山万華鏡(集英社文庫 も29-1)
森見 登美彦
集英社文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
祇園祭に出かけた俺は“宵山法度違反”を犯し、屈強な男たちに捕らわれた。次々と現れる異形の者たちが崇める「宵山様」とは? 「宵山金魚」をはじめ、祇園祭宵山の一日を舞台に、幻想と現実が入り乱れる全6編を収録する。

四畳半神話大系(角川文庫 も19-1)


四畳半神話大系(角川文庫 も19-1)
森見 登美彦
角川文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

作家と楽しむ古典-古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首


作家と楽しむ古典-古事記 日本霊異記・発心集 竹取物語 宇治拾遺物語 百人一首
池澤 夏樹 伊藤 比呂美 森見 登美彦 町田 康 小池 昌代

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古事記、竹取物語など古典の新訳を手掛けた作家たちは作品についてどう捉え、どう訳したのか。池澤夏樹をはじめとする5人の作家が作品の魅力や訳の工夫を語る、古典入門ガイド。2016年に開催された連続講義を元に書籍化。

森見登美彦 -総特集 作家は机上で冒険する!-


森見登美彦 -総特集 作家は机上で冒険する!-
森見 登美彦 佐々木 敦 恩田 陸 黒田 硫黄 川原 瑞丸 綿矢 りさ 向井 理 宮木 あや子 小谷 真理 飴村 行 東 雅夫 上田 誠 萩尾 望都 今日 マチ子 かしの こおり 千野 帽子 大森 望 山崎 まどか 西崎 憲 田中 貴子 明石氏
KAWADE夢ムック

予約数: 7
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
唯一無二の小説世界を紡ぐ森見登美彦。その創作の秘密に迫るロングインタビューをはじめ、単行本未収録小説、自身による全著作解説、恩田陸との対談、綿矢りさ、向井理らの寄稿エッセイ、書店員座談会などを収録する。

熱帯


熱帯
森見 登美彦

予約数: 81
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
沈黙読書会で見かけた奇妙な本「熱帯」。それは、どうしても「読み終えられない本」だった-。結末を求めて悶えるメンバーが集結し、世紀の謎に挑む! ウェブ文芸誌『マトグロッソ』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。

四畳半神話大系


四畳半神話大系
森見 登美彦
角川文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ