さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

植松三十里

空と湖水-夭折の画家三橋節子


空と湖水-夭折の画家三橋節子
植松 三十里

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
たとえこの腕失くすとも-。病気で右手を失っても左手で描き続け、幼い子供たちを残して35歳で早世した女性画家・三橋節子。独特の画風で多くの人を魅了した伝説の画家の凄絶なる生涯を描いた小説。

会津の義-幕末の藩主松平容保(集英社文庫 う18-7 歴史時代)


会津の義-幕末の藩主松平容保(集英社文庫 う18-7 歴史時代)
植松 三十里
集英社文庫 歴史時代

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
会津松平家の養子となり、徳川将軍家への絶対随順を精神に叩き込まれた容保。幕末の動乱期、京都守護職を拝命し、京都の治安に尽くして孝明天皇の信を得るが、戊辰戦争で朝敵の汚名を着せられ…。信義を貫いた武士の姿を描く。

帝国ホテル建築物語


帝国ホテル建築物語
植松 三十里

予約数: 5
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

大和維新


大和維新
植松 三十里

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
維新を先駆けたはずの奈良県は廃藩置県を経たのち大阪府へと吸収され、災害復興も後回しの屈辱的地位に置かれた。議員となった今村勤三は、天誅組と共に散った師の無念と民の怒りを受け、大和の再独立のために立ち上がる…。

ひとり白虎 -会津から長州へ-


ひとり白虎 -会津から長州へ-
植松 三十里
集英社文庫 歴史時代

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
白虎隊で唯一蘇生した飯沼貞吉。会津を奪われ、捕虜受け取り責任者・楢崎頼三に誘われて敵地長州へと旅立つが…。異郷でもがき苦しみながらも、恩愛を知り、明治の日本人として誇り高く生きた実在の男の波乱の生涯を描く。

かちがらす -幕末を読みきった男-


かちがらす -幕末を読みきった男-
植松 三十里

予約数: 10
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
佐賀藩主・鍋島直正は、日本を欧米列強の従属国にさせないために、反射炉の建設、大砲の製造、蒸気船の建造などの事業にいどんだ。その軍事力は、幕府側と倒幕派双方から求められ…。『佐賀新聞』連載を加筆し単行本化。

千の命


千の命
植松 三十里
小学館文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
西洋医学がほとんど紹介されておらず、出産が命がけだった江戸中期。自らの親子関係・夫婦関係に悩みながらも、世界に先駆けて胎児の正常位置を発見し、母体を救う「回生術」をあみだした賀川玄悦の生涯を描く。

時代小説ザ・ベスト 2017


時代小説ザ・ベスト 2017
日本文藝家協会 青山 文平 折口 真喜子 花房 観音 植松 三十里 奥山 景布子 武内 涼 西山 ガラシャ 村木 嵐 小松 エメル 仁志 耕一郎 谷津 矢車 吉川 永青 末國 善己
集英社文庫 歴史時代

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2016年度発行の文芸誌に掲載された作品群から精選した時代小説アンソロジー。誰もが知る武将から名もなき市井の人々まで、ひたむきに生きる姿を描いた珠玉の傑作短編全12作品を収録。末國善己のエッセイも収録。

千両絵図さわぎ


千両絵図さわぎ
植松 三十里
中公文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
徳川第十代将軍・家治の就任を祝うため、16年ぶりに朝鮮から通信使ご一行がやって来ると決まった。日本橋の版元「荒唐堂」の3兄弟は、亡き父が望んだ「唐人行列絵図」の出版を目指して立ち上がる。

西郷隆盛 英雄と逆賊 -歴史小説傑作選-


西郷隆盛 英雄と逆賊 -歴史小説傑作選-
池波 正太郎 植松 三十里 海音寺 潮五郎 南條 範夫 古川 薫 細谷 正充
PHP文芸文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治維新の英傑でありながら、新政府に叛旗を翻した男・西郷隆盛。歴史に大きな足跡を残しながらも、さまざまな謎に包まれたその実像を、盟友や家族といった周囲の人々の目を通して浮かび上がらせた短編集。全5編を収録。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ