さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

歴史・時代小説

水滸伝 10


水滸伝 10
北方 謙三

Amazonでの評価:(4.7/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
決戦の秋、指呼の間に迫れり! 旅を続ける武松らは代州に入る。その地を守る将軍・呼延灼は、官軍の腐敗にいらだちながらも梁山泊攻めを命じられるが…。漢たちが火花を散らす中国英雄譚。

水滸伝 13


水滸伝 13
北方 謙三

Amazonでの評価:(4.4/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
晁蓋は暗殺されたが、呼延灼、関勝の両将軍を迎えて、大いに意気あがる梁山泊。しかし、官軍と青蓮寺は攻勢をかけてくる。南からは超安将軍、北からは薫万将軍が執拗に攻めてくる。そして梁山泊も反撃を始める!

水滸伝 14


水滸伝 14
北方 謙三

Amazonでの評価:(4.1/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
晁蓋への思いを絶たれた海棠の花、扈三娘。命を救われた王英に心が傾きかける。一方、子・張平の盗癖に悩む張横は共に旅立つ。戦いの中に織り成す人の情。

水滸伝 17


水滸伝 17
北方 謙三

Amazonでの評価:(4.8/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
遂に官軍最強の童貫元帥が一騎当千の将軍たちを従えて出動。梁山泊の北の要、双頭山を襲撃する。窮地に立つ梁山泊…。いよいよ最後の最大の戦いへ。『小説すばる』連載。

霽月記 -「風の盆・越中おわら節」起源異聞-


霽月記 -「風の盆・越中おわら節」起源異聞-
東出 甫国

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
飲酒の上での失態で失職し、婿入り先を放逐された侍・文左衛門は、不思議な縁で出会った三味線の師匠巳乃吉に弟子入り。芸を磨くことに生きがいを見出し…。天賦の才を開花させようとする男の波乱の半生を描いた時代小説。

すっからかん -長編時代小説書下ろし-


すっからかん -長編時代小説書下ろし-
経塚 丸雄
祥伝社文庫 落ちぶれ若様奮闘記

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
改易により、親戚筋に「預」となった若殿、須崎槇之輔。少ない銭をやりくりし、趣味の狩猟と料理で無聊を慰めていた。そんな折、父の仇・城島家に再興の目が出ると、須崎家旧臣の一部が「城島、討つべし」と息巻き始めて…。

時代小説で旅する東海道五十三次


時代小説で旅する東海道五十三次
岡村 直樹
講談社+α文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
江戸・日本橋から京・三条大橋まで、それぞれの町を舞台にした時代・歴史小説のあらすじや読みどころを解説しながら、東海道五十三次をガイド。宿場町の名所・旧跡・名物についても、写真入りで紹介する。

妖櫻記 上


妖櫻記 上
皆川 博子
河出文庫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 4
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
動乱と呪法邪法に満ちた室町時代。赤松満祐が将軍を暗殺し、満祐の側室・野分がもう一人の側室・玉琴を惨殺した夜から運命が動き出す。南朝の血を引く少年・阿麻丸は神器奪還の戦いに巻き込まれ、玉琴の怨念は活傀儡と化し…。

妖櫻記 下


妖櫻記 下
皆川 博子
河出文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
動乱と呪法邪法に満ちた室町時代。阿麻丸と桜姫は京に近江に流転、野分は長い眠りにつき、玉琴の遺児・清玄は立川流修法のために桜姫の髑髏を求める。一同が離合集散する中、吉野の御所に戦火が上がり…。

雷火一閃 -書き下ろし長編時代小説-


雷火一閃 -書き下ろし長編時代小説-
芝村 凉也
双葉文庫 御家人無頼蹴飛ばし左門

予約数: 8
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
赤鞘組頭目の財部擬宝軒によって苦杯を嘗めさせられた左門。雪辱を期すものの、二人組の槍遣いを従え何をしでかすかわからぬ危険な相手を前に、身動きが取れずにいた。一方、勢いづいた擬宝軒は、新たな不正を企てており…。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ