さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

歴史・時代小説

遊戯神通伊藤若冲(小学館文庫 か4-8)


遊戯神通伊藤若冲(小学館文庫 か4-8)
河治 和香
小学館文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古い文献に「寂中」と誤記したものがある。華麗な若冲の絵の背後に潜む人間たちの底知れぬ寂しさとは-。時空を超えて我々を魅了し続ける作品とそれを描いた絵師に、江戸と明治、二つの時代から迫った物語。

うちの旦那が甘ちゃんで 8(講談社文庫 か144-8)


うちの旦那が甘ちゃんで 8(講談社文庫 か144-8)
神楽坂 淳
講談社文庫

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
沙耶は芸者の世界に潜入し、月也は女装して陰間茶屋で働くことに。沙耶は座敷で金持ちの札差・吉兵衛に相談を持ち掛けられる。大奥に勤める姪が抜け出して遊んでいるというのだ。夫婦同時潜入の成否は…。書下ろし時代小説。

潮騒はるか(幻冬舎時代小説文庫 は-31-3)


潮騒はるか(幻冬舎時代小説文庫 は-31-3)
葉室 麟
幻冬舎時代小説文庫

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
夫・亮を追い、弟の誠之助と千沙と共に長崎に移り住んだ鍼灸医の菜摘。千沙の姉・佐奈が不義密通の末、夫を毒殺し、脱藩したとの報が舞い込み…。己のまことを信じ、懸命に生きる人々の姿を描く。「風かおる」の続編。

頂上至極(幻冬舎時代小説文庫 む-12-1)


頂上至極(幻冬舎時代小説文庫 む-12-1)
村木 嵐
幻冬舎時代小説文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
薩摩藩に非情な命が下る。天下の暴れ川・木曽三川の治水工事。総奉行・平田靱負は一路美濃へ。狡猾な輪中の民からの愚弄、積み重なる借財、故郷に残した妻子の苦渋…。己の責務に命をかけた男たちの戦いを描く。

伊勢海老恋し(ハルキ文庫 わ1-53 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控 [39])


伊勢海老恋し(ハルキ文庫 わ1-53 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控 [39])
和田 はつ子
ハルキ文庫 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控

予約数: 36
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
水無月の頃、日本橋木原店・塩梅屋では主・季蔵が金箔を散らした錦玉羹を作っていた。その菓子に“蛍想い”と名づけ、元許嫁の瑠璃に届けたが、帰り途、季蔵は何者かに襲われてしまう…。全5篇を収録。

商う狼-江戸商人杉本茂十郎


商う狼-江戸商人杉本茂十郎
永井 紗耶子

予約数: 36
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
甲斐の農家から江戸の飛脚問屋の養子となった茂十郎は、永代橋の崩落事故で妻と跡取り息子を失う。その悲しみを糧に、三橋会所頭取となり橋の運営に要する費用を集め…。江戸の繁栄に生涯を捧げた実在の改革者に迫る歴史小説。

眠狂四郎虚無日誌 上(集英社文庫 し1-79)


眠狂四郎虚無日誌 上(集英社文庫 し1-79)
柴田 錬三郎
集英社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
将軍家の世継、徳川家慶が豹変。真実を暴く旅に出る眠狂四郎だが、最初の刺客に鉄砲で撃たれ手負いとなってしまう。そこに過去最強の刺客・明日心剣が現われ…。人間性が色濃く描かれた、シリーズ最高傑作と名高い一作。

三国志 3(講談社文庫 よ1-25)


三国志 3(講談社文庫 よ1-25)
吉川 英治
講談社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

三国志 4(講談社文庫 よ1-26)


三国志 4(講談社文庫 よ1-26)
吉川 英治
講談社文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 数日
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

駆ける百合(光文社文庫 ち6-6 光文社時代小説文庫 上絵師律の似面絵帖 [6])


駆ける百合(光文社文庫 ち6-6 光文社時代小説文庫 上絵師律の似面絵帖 [6])
知野 みさき
光文社文庫 光文社時代小説文庫 上絵師律の似面絵帖

予約数: 27
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
涼太と祝言を挙げ、青陽堂の嫁としての新たな生活を迎えた律は、池見屋で義母の佐和もよく知る由里という女性に出会う。彼女は何やら心に憂いを抱えている様子なのだが…。一途に生きる女職人の人生を描く、シリーズ第6弾。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ