さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

歴史学

世界の陰謀論-ビジュアルストーリー(NATIONAL GEOGRAPHIC)


世界の陰謀論-ビジュアルストーリー(NATIONAL GEOGRAPHIC)
マイケル・ロビンソン 安納 令奈
NATIONAL GEOGRAPHIC

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
宇宙人とUFO、秘密結社、謎の生き物、ロマノフ一族…。いったい何が真実なのか。何世紀も前から存在し、21世紀の今なお色褪せることなく人々の好奇心をかき立てている陰謀説や謎を、豊富な写真とともに紹介する。

歴史的に考えるとはどういうことか


歴史的に考えるとはどういうことか
南塚 信吾 小谷 汪之 秋山 晋吾 割田 聖史 日高 智彦 鹿住 大助

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
市民講座、自分史、歴史小説、映画、テレビ、漫画、ゲーム…。横溢する「歴史」にどう向き合うべきか? 歴史を捉える力をいかにして養うか、どのような点に留意して歴史をみるべきか、6人の歴史家が問題提起する。

世界の辺境とハードボイルド室町時代(集英社文庫 た58-18)


世界の辺境とハードボイルド室町時代(集英社文庫 た58-18)
高野 秀行 清水 克行
集英社文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代ソマリランドと室町日本は驚くほど似ていた! 世界の辺境を知れば、日本史の謎が解けてくる。世界観が覆される快感が味わえる、ノンフィクション作家と歴史家による“超時空”対談本。文庫化記念対談も収録。

歴史学入門 新版(岩波テキストブックスα)


歴史学入門 新版(岩波テキストブックスα)
福井 憲彦
岩波テキストブックスα

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
社会史がきりひらいた問題意識をふまえつつ、史料論、地域とネットワーク、身体性と心性、家族とソシアビリテ、記憶と表象など、現代歴史学の考え方を明快かつ綜合的に解説。「宗教」「ジェンダー」に関する章を加えた新版。

18歳からの歴史学入門


18歳からの歴史学入門
福岡大学人文学部歴史学科 西谷 正浩 桃崎 祐輔 森 茂暁 松塚 俊三 武末 純一 山根 直生 渡邉 裕一 梶原 良則 福嶋 寛之 則松 彰文 森 丈夫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

教養としての世界史の学び方


教養としての世界史の学び方
山下 範久

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

人類はどこへ行くのか


人類はどこへ行くのか
福井 憲彦 杉山 正明 大塚 柳太郎 応地 利明 森本 公誠 松田 素二 朝尾 直弘 青柳 正規 陣内 秀信 ロナルド・トビ
講談社学術文庫 興亡の世界史

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
歴史を問うことは、現在を問うことである。人口と資源、海と人類、宗教と社会、世界史の中の日本、そして人類誕生の地・アフリカの現状。文明の来し方とこれからを「人類史」の視座から多角的に論じる。シリーズ最終巻。

世界史の実験


世界史の実験
柄谷 行人
岩波新書 新赤版

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
外地で戦死した若者を弔う柳田にとって「神国日本」とは、世界人類史の痕跡を留める「歴史の実験」場だった。ジャレド・ダイアモンド、エマニュエル・トッドらを援用した卓抜な世界史次元での「文学」と「日本」批評。

若い読者のための考古学史


若い読者のための考古学史
ブライアン・フェイガン 広瀬 恭子
Yale University Press Little Histories

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
派手な言動で批判を招いた学者、ひたすら真面目に研究に打ちこんだ地味な学者…。各国の遺跡を取りあげ、古今東西の考古学者たちの奮闘ぶりを通して、考古学という学問の歴史と魅力をわかりやすく伝える。

歴史という教養


歴史という教養
片山 杜秀
河出新書

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「歴史」が足りないと、言葉は安っぽくなり、行動は独りよがりになり、刹那の変化に溺れて、とんでもなく間違える。正解が見えない時代のほんとうの教養とは。博覧強記の思想史家が、これからの「温故知新」のすすめを説く。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ