さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

殺人

襲撃-裏社会で最も恐れられた男たち


襲撃-裏社会で最も恐れられた男たち
大下 英治

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
力道山刺殺事件、美空ひばりと山口組三代目田岡一雄組長の襲撃未遂事件、打越会組員凄惨射殺事件、長崎市長銃撃事件…。血で血を洗う15の襲撃事件の主役たちに直接取材し、“その瞬間”の生々しい肉声を紹介する。

マンソン・ファミリー-悪魔に捧げたわたしの22カ月(ハーパーBOOKS NF・レ2・1)


マンソン・ファミリー-悪魔に捧げたわたしの22カ月(ハーパーBOOKS NF・レ2・1)
ダイアン・レイク デボラ・ハーマン 山北 めぐみ
ハーパーBOOKS

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1967年、両親に捨てられた14歳のダイアンは、マンソン率いる「ファミリー」の一員になった。だが、ファミリーは無差別殺人を犯すカルト集団へと変貌し…。女優シャロン・テートら5人を殺害した事件の内幕を明かす。

黄金州の殺人鬼-凶悪犯を追いつめた執念の捜査録(亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 3-9)


黄金州の殺人鬼-凶悪犯を追いつめた執念の捜査録(亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 3-9)
ミシェル・マクナマラ 村井 理子
亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ

予約数: 6
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1970〜80年代に米国・カリフォルニア州を震撼させた連続殺人・強姦事件。30年以上も未解決だった一連の事件の犯人「ゴールデン・ステート・キラー」を追い、独自に調査を行った女性作家による渾身の捜査録。

外国人ヒットマン


外国人ヒットマン
一橋 文哉

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
未解決事件の周辺には、必ずと言っていいほど外国人犯罪者の影がチラついている。外国人ヒットマンはいかに作られるのか? 香港、フィリピン、カンボジアへ実行犯の足跡をたどり、その裏社会事情に迫る。

つけびの村-噂が5人を殺したのか?


つけびの村-噂が5人を殺したのか?
高橋 ユキ

予約数: 45
予想待ち時間: 1年以上
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一夜に5人の村人が殺害された集落。犯人の家に貼られた川柳「つけびして煙り喜ぶ田舎者」は<戦慄の犯行予告>として世間を騒がせたが…。山口連続殺人放火事件を追いかけるルポルタージュ。ウェブ掲載記事をもとに書籍化。

毒父の家-僕を虐待した父は幼女殺害犯だった


毒父の家-僕を虐待した父は幼女殺害犯だった
ニック・キャストゥリー タカ大丸

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
父の虐待、母のネグレクト、同性愛者であるがゆえのいじめ・偏見。絶望的な子供時代は、愛する伴侶と力を合わせて葬り去ったはずだったが…。英国を震撼させた冤罪事件の真犯人の息子である著者が、壮絶な半生を綴る。

月下の犯罪-一九四五年三月、レヒニッツで起きたユダヤ人虐殺、そして或るハンガリー貴族の秘史(講談社選書メチエ 707)


月下の犯罪-一九四五年三月、レヒニッツで起きたユダヤ人虐殺、そして或るハンガリー貴族の秘史(講談社選書メチエ 707)
サーシャ・バッチャーニ 伊東 信宏
講談社選書メチエ

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
1945年3月24日の晩、オーストリアの村レヒニッツで180人のユダヤ人が惨殺された。パーティの主催者は著者の大叔母だった。彼女の関与はあったのか? 事件の真相に迫っていくノンフィクション。

奇妙な死刑囚


奇妙な死刑囚
アンソニー・レイ・ヒントン 栗木 さつき

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
貧しい黒人ゆえに、無実のまま死刑囚にされた著者は、狂わんばかりの怒り、絶望、恐怖の果てに、囚人らしからぬ生き方をしはじめ、奇跡を手にする-。30年近く独房に監禁された過酷な体験を綴った回想録。

孤絶-家族内事件


孤絶-家族内事件
読売新聞社会部

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
介護殺人、ひきこもり、児童虐待…。周囲から孤立した家族の中で起きた悲劇。事件の背景には、限界まで追い込まれた当事者の苦悩があった-。誰もが直面するかもしれない事件を総力取材した『読売新聞』連載をもとに単行本化。

介護殺人-追いつめられた家族の告白(新潮文庫 ま-55-1)


介護殺人-追いつめられた家族の告白(新潮文庫 ま-55-1)
毎日新聞大阪社会部取材班
新潮文庫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
なぜ最愛の肉親を手にかけてしまったのか。家族の絆がなぜ悪夢に変わったのか。当事者の悲痛な叫びに耳を傾けた記者たちが目の当たりにしたのは、在宅介護の切なすぎる現実だった-。在宅介護の壮絶な現実と限界を明かす。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ