さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

民主主義

ラディカル・マーケット-脱・私有財産の世紀


ラディカル・マーケット-脱・私有財産の世紀
エリック・A.ポズナー E.グレン・ワイル 安田 洋祐 遠藤 真美

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
富裕層による富の独占、膠着した民主主義、巨大企業によるデータ搾取…。若き天才経済学者が、21世紀初頭の難題を解決する新しいビジョンを示し、資本主義と民主主義の未来を描く。

リベラル・デモクラシーの現在-「ネオリベラル」と「イリベラル」のはざまで(岩波新書 新赤版 1817)


リベラル・デモクラシーの現在-「ネオリベラル」と「イリベラル」のはざまで(岩波新書 新赤版 1817)
樋口 陽一
岩波新書 新赤版

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
トランプ現象、イギリスの混迷、日本の改憲議論…。「ネオリベラル」と「イリベラル」の挟撃を受けて、デモクラシー像が危機に直面するなか、座標軸をどこに求めたらよいか。戦後知識人たちの言説を手がかりに考える。

丸山真男と戦後民主主義


丸山真男と戦後民主主義
清水 靖久

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
丸山真男は1960年代末の東大紛争で直面した困難にどのように応えようとしたのか。戦後日本で民主主義を説いた丸山の多岐な歩みを思想史的に明らかにし、破滅的な戦争から再出発した日本のデモクラシーを考える。

民主主義は終わるのか-瀬戸際に立つ日本(岩波新書 新赤版 1800)


民主主義は終わるのか-瀬戸際に立つ日本(岩波新書 新赤版 1800)
山口 二郎
岩波新書 新赤版

予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
安倍政治の7年間で政治家や官僚は劣化し、今までの政治に関する常識が通用しなくなった。常識を溶解、崩壊させている要因は何なのか。自由と民主主義の擁護という観点からこの崩壊現象を考察し、批判の視座を構築する。

民主主義を救え!


民主主義を救え!
ヤシャ・モンク 吉田 徹

予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
北米や西欧を襲う民主主義の後退。民主主義の「非常時」に、私たちは何をすべきか。最先端の学術的知見とデータ、自身のマイノリティとしての経験を交えながら「闘う民主主義」へと誘う、気鋭の政治学者による分析と警告の書。

ポスト政治の政治理論-ステークホルダー・デモクラシーを編む


ポスト政治の政治理論-ステークホルダー・デモクラシーを編む
松尾 隆佑

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代社会が直面している課題を分析しながら、あるべき民主政治の姿を描出し、その実現の方途を検討。原発や環境問題など争点ごとに利害関係者を定め、持続可能な社会における新たな主体像を模索する。

試される民主主義-20世紀ヨーロッパの政治思想 上


試される民主主義-20世紀ヨーロッパの政治思想 上
ヤン=ヴェルナー・ミュラー 板橋 拓己 田口 晃 五十嵐 美香

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
20世紀のヨーロッパを舞台に、民主主義の思想と実践をめぐって、数々の思想家・政治家たちが繰り広げたドラマを描いたミュラーの代表作。上は、第一次大戦・ロシア革命からファシズムの時代までを扱う。

試される民主主義-20世紀ヨーロッパの政治思想 下


試される民主主義-20世紀ヨーロッパの政治思想 下
ヤン=ヴェルナー・ミュラー 板橋 拓己 田口 晃 五十嵐 美香

予約数: 5
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
20世紀のヨーロッパを舞台に、民主主義の思想と実践をめぐって、数々の思想家・政治家たちが繰り広げたドラマを描いたミュラーの代表作。下は、第二次大戦から冷戦の時代、そして世紀末までを扱う。

民主主義は誰のもの?(あしたのための本)


民主主義は誰のもの?(あしたのための本)
プランテルグループ マルタ・ピナ 宇野 和美
あしたのための本

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
政党って? 選挙って? みんなが参加してみんなで決める「民主主義」について考えよう。子どもへの問いを通して社会のしくみを解説する、スペイン発のピクチャーブック。政治学者・宇野重規のオリジナルコラムも収録。

選挙制を疑う(サピエンティア 58)


選挙制を疑う(サピエンティア 58)
D.ヴァン・レイブルック 岡崎 晴輝 D.ヴァンオーヴェルベーク
サピエンティア

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
現代の民主主義諸国が直面する「民主主義疲れ症候群」の原因が、「選挙型」代議制民主主義にあることを明らかにし、古代ギリシアなどの抽選制の政治的伝統や、現代の抽選制の理論と実践を踏まえ、抽選制議会の構想を示す。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ