さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

沖縄問題

記者と国家-西山太吉の遺言


記者と国家-西山太吉の遺言
西山 太吉

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
重要機密の厚いベールを前に、思いもかけず手にした極秘電信文は、返還交渉が偽装と隠蔽の産物であることを示す重要証拠だった…。国家の噓と対峙した第一線の政治記者、西山太吉の運命と、初めて明らかになる事件の経緯。

沖縄・辺野古の抗議船「不屈」からの便り


沖縄・辺野古の抗議船「不屈」からの便り
金井 創

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
辺野古新基地建設抗議の海上行動で「船長」として活動を続ける牧師が、辺野古でどんなことが行なわれてきたのか、市民たちはどう抵抗してきたのか、キリスト者である自身が取り組みの中でどう聖書を読んできたのかを伝える。

シリーズ戦争 語りつごう沖縄 4 基地問題にゆれる島


シリーズ戦争 語りつごう沖縄 4 基地問題にゆれる島
安斎 育郎 普天間 朝佳

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日本の一番南にある沖縄県。ほかの県とはちがう波乱に満ちた歴史がある沖縄の「むかし」「いま」「これから」について考える。4は、米軍関係の事故や事件など基地問題にゆれる沖縄の現実を、豊富な写真とともに紹介する。

内閣総理大臣の沖縄問題


内閣総理大臣の沖縄問題
塩田 潮
平凡社新書

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戦後、時の内閣の政権運営に大きな影響を与えてきた沖縄。講和条約での帰属問題から本土復帰、返還後の基地問題まで、「政権と沖縄」という視点から、戦後政治の知られざる軌跡を追う。

沖縄問題、解決策はこれだ! -これで沖縄は再生する。-


沖縄問題、解決策はこれだ! -これで沖縄は再生する。-
橋下 徹

予約数: 15
予想待ち時間: 7か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
基地問題、経済活性化…いまある問題を解決させ、沖縄の明るい未来を実現させる画期的なヴィジョンを示す。国とケンカをするための、有権者からの強烈な支持の集め方なども紹介する。

この海/山/空はだれのもの!? -米軍が駐留するということ-


この海/山/空はだれのもの!? -米軍が駐留するということ-
琉球新報社編集局

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
米軍横田基地に配備された輸送機オスプレイ。全国を飛び交うようになった今、米軍が集中する沖縄から、国家主権のありようを「駐留の実像」として海外の事例と共に報告する。『琉球新報』連載ほかを再構成、加筆し書籍化。

沖縄に連なる -思想と運動が出会うところ-


沖縄に連なる -思想と運動が出会うところ-
新城 郁夫

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
日米安保体制の発動する暴力が沖縄を生きる人々を狙い撃ちしている。人々が集い、語りあい、座り込み、記録し、呼びかけることを通じて日々新たに生きられる“運動体としての沖縄”の可能性を問う批評集。

辺野古に基地はつくれない


辺野古に基地はつくれない
山城 博治 北上田 毅
岩波ブックレット

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
沖縄の美ら海を破壊し、強行される米軍基地建設。しかし、埋立予定地は軟弱地盤で、その底には活断層が…。長年、公共土木工事に携わってきた著者が、工事の面から辺野古新基地建設事業の現状と問題点を検討する。

沖縄発新しい提案 -辺野古新基地を止める民主主義の実践-


沖縄発新しい提案 -辺野古新基地を止める民主主義の実践-
新しい提案実行委員会

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
県内外のウチナーンチュが参加する市民グループによる、「辺野古新基地建設を止め、公正で民主的な解決を求める新しい提案」と、それを受けた、さまざまな立場の沖縄と本土の人たちの意見を掲載する。

沖縄の戦後思想を考える


沖縄の戦後思想を考える
鹿野 政直
岩波現代文庫 学術

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
敗戦から今日まで、基地の重圧と対峙する中で培われてきた沖縄の思想像を、真摯な課題意識と深い共感をもって生き生きと描き出す。「付 沖縄戦という体験と記憶」および人名索引を加えて文庫化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ