さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

法学・法制史

学生生活の法学入門


学生生活の法学入門
山下 純司 深町 晋也 高橋 信行

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
消費者被害、交通事故、アルバイト…。大学生が遭遇しうる様々なトラブルは、どのように考え、解決すればよいのか。民法・刑法・行政法の3つの視点から読み解く。

法思想史(有斐閣アルマ Advanced)


法思想史(有斐閣アルマ Advanced)
中山 竜一 浅野 有紀 松島 裕一 近藤 圭介
有斐閣アルマ Advanced

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古代から現代まで、とりわけ近世以降の法思想家を中心に分かりやすく解説。思想の内容だけでなく、それが生まれた時代背景や社会状況、時代を越えた議論や問題設定の連続性などについても説明する。

中世の罪と罰(講談社学術文庫 2588)


中世の罪と罰(講談社学術文庫 2588)
網野 善彦 石井 進 笠松 宏至 勝俣 鎭夫
講談社学術文庫

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
盗みは死罪、悪口は流罪、文書偽造は顔に焼き印…。荒々しく理不尽にも見える中世人の法意識とは。中世史研究の黄金時代を築いた4人の大家による10篇の珠玉の論考を収録した伝説的名著。桜井英治による解説も収録。

聖徳太子『十七条憲法』を読む-日本の理想


聖徳太子『十七条憲法』を読む-日本の理想
岡野 守也

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
わが国で最初に成文化された「国のかたち」-「十七条憲法」。それは日本人の精神史的なアイデンティティの原点である。「菩薩」としての理想のリーダー像を探り、日本人が進むべき道を問う。

天皇と戸籍-「日本」を映す鏡(筑摩選書 0181)


天皇と戸籍-「日本」を映す鏡(筑摩選書 0181)
遠藤 正敬
筑摩選書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
「日本人」たることを証明する戸籍、戸籍をもたない天皇家。天皇制と戸籍はいかなる関係にあるのか? その根底には何があるのか? 天皇制と戸籍の歴史を検証し、現代的意味を問い直す。

市民法学の新たな地平を求めて-法哲学・市民法学・法解釈学に関する諸問題 篠原敏雄先生追悼論文集


市民法学の新たな地平を求めて-法哲学・市民法学・法解釈学に関する諸問題 篠原敏雄先生追悼論文集
酒匂 一郎 新谷 眞人 福永 清貴 青山 治城 宇佐美 誠 江崎 一朗 神原 和宏 木原 淳 小林 正士 重松 博之 宍倉 悠太 陶久 利彦 服部 寛 濱 真一郎 福井 康太 松島 裕一 毛利 康俊 矢田 陽一 吉開 多一 牛村 圭 大西 直毅 関野 通夫 高橋 史朗

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
一貫して市民法学の基礎理論と市民法の基礎構造を研究してきた篠原敏雄先生の追悼論文集。法哲学関係者からの寄稿を中心に、全23本を収録。篠原敏雄先生の略歴と主要業績目録も掲載。

正義論-ベーシックスからフロンティアまで


正義論-ベーシックスからフロンティアまで
宇佐美 誠 児玉 聡 井上 彰 松元 雅和

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
古典的学説・学派から最近の論点まで、正義論の基本をわかりやすく説明したうえで、貧困・格差や環境破壊などに正義論がどのように応用されうるかを論じる。架空例・コラムも交え、哲学的思考を鍛える豊富な素材を提供する。

人間と社会-自然法研究(熊本大学法学会叢書 16)


人間と社会-自然法研究(熊本大学法学会叢書 16)
山田 秀
熊本大学法学会叢書

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ヨハネス・メスナーをその代表的主唱者の一人として数える伝統的自然法論の立場から、様々な論題について考察する。「人間的実存における幸福衝動」「孟子、共同善、洞見知」など全7編の論文を収録。

法哲学講義


法哲学講義
酒匂 一郎

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
法哲学の概要から法の概念、法と正義、法的思考まで、法哲学の重要な課題を、最新のテーマも盛り込みながら解説する。事項索引、人名索引付き。大学の法学部と法科大学院での講義をもとに書籍化。

皇室財産の政治史-明治二〇年代の御料地「処分」と宮中・府中


皇室財産の政治史-明治二〇年代の御料地「処分」と宮中・府中
池田 さなえ

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治維新後、皇室財政を支えるための独自財源のひとつとして模索された、山林や鉱山などで形成される不動産「御料地」。明治20年代を舞台に、御料地の設置から払い下げ等の「処分」までを、一次史料をもとに分析・通覧する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ