さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

海外紀行・旅行記

アジアのある場所


アジアのある場所
下川 裕治


予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
スパイスの味、市場のにおい、ゆるくて温かい人々…僕を穏やかな気持ちにさせてくれる「アジアがある場所」は、僕のいる場所-。東南アジアから南アジア、シルクロードまで、様々な人物との出会いを通してアジアの旅を描く。

ぶらりユーラシア-列車を乗り継ぎ大陸横断、72歳ひとり旅


ぶらりユーラシア-列車を乗り継ぎ大陸横断、72歳ひとり旅
大木 茂


予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ルーズな列車運行、回りくどい値段交渉、手荷物の盗難…。シベリアの果てからシルクロードを抜けてポルトガルまで78日間、現地で見てきたリアルな姿を豊富なカラー写真とともに紹介する。テキストデータ請求券付き。

オリエント急行-究極の豪華寝台列車のすべて 見て楽しむ、読んで旅する


オリエント急行-究極の豪華寝台列車のすべて 見て楽しむ、読んで旅する
桜井 寛


予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
世界一の豪華列車オリエント急行。ヨーロッパ大陸を走る「VSOE」、イングランドをめぐる「プルマン」、マレー半島を縦断する「E&O」の旅を写真とともに紹介。日本で見学可能な「プルマンカー4158号」の写真も収録。

アメリカの<周縁>をあるく-旅する人類学


アメリカの<周縁>をあるく-旅する人類学
中村 寛 松尾 眞


予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
広大なアメリカ大陸の辺境の町で、文化人類学者と映像作家が行き当たりばったりの旅をしながら住民と語らうフィールドワークの記録。分断と社会的痛苦の痕跡を見てとったアメリカの現代社会を抉る。

「裏国境」突破東南アジア一周大作戦(朝日文庫 し19-18)


「裏国境」突破東南アジア一周大作戦(朝日文庫 し19-18)
下川 裕治
朝日文庫

予約数: 3
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
あの国境は越えられるか。タイを皮切りに、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマーへ。陸路でインドシナ半島一周をめざす、「マイナー国境」通過に挑んだ旅行記。変化する国事情を記したコラム付き。

チャールズ・バーニー音楽見聞録 フランス・イタリア篇


チャールズ・バーニー音楽見聞録 フランス・イタリア篇
Burney,Charles 今井 民子 森田 義之


予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
18世紀後半、音楽学者チャールズ・バーニーがヨーロッパの諸都市を巡った記録。各地の宮廷で活躍する音楽家たちをはじめ、ヨーロッパ大陸の様々な音楽の状況を詳細に伝える。フランス・イタリア篇はパリ、ミラノなどを収録。

シルクロード-仏の道をゆく


シルクロード-仏の道をゆく
安部 竜太郎


予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東アジア、特に中国の歴史を抜きにして、日本の歴史と文化は理解できない。西安、蘭州、敦煌、クチャ、カシュガル、パミール高原…。直木賞作家が仏教伝来の足跡から日本の源流を探った、延べ20日間にわたる取材紀行。

これからやってくる素晴らしい世界の話


これからやってくる素晴らしい世界の話
ひろ かずま


予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
人類全体としての課題、新しいお金のあり方、私たちの文明と先住民族の文明の融合点から見た新しい人類の姿…。世界中の秘境を巡った著者が、幸せな生き方と社会のデザインについて語る。

金子光晴を旅する(中公文庫 か18-16)


金子光晴を旅する(中公文庫 か18-16)
金子 光晴 森 三千代 開高 健 寺山 修司 松本 亮 秋山 清 永瀬 義郎 阿部 良雄 茨木 のり子 吉本 隆明 中西 悟堂 清岡 卓行 窪田 般弥 草野 心平 田村 隆一 奥本 大三郎 小林 紀晴 島尾 伸三 福田 和也 角田 光代 山崎 ナオコーラ 高野 秀行 沢木 耕太郎
中公文庫

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
上海、マレー半島、インドネシア、パリ。「マレー蘭印紀行」「どくろ杯」等に綴られた、詩人と妻の4年に及ぶ放浪の旅を、ふたりへのインタビュー、その旅に魅せられた21人のエッセイで辿る。単行本未収録作品も多数掲載。

「十五少年漂流記」への旅-幻の島を探して(新潮文庫 し-25-42)


「十五少年漂流記」への旅-幻の島を探して(新潮文庫 し-25-42)
椎名 誠
新潮文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
15人の子供たちが漂流した無人島チェアマン島のモデルは、本当にマゼラン海峡にあるのか? 冒険好きの作家が、南米、そしてニュージーランドへと、世界的ベストセラー小説の謎を追った大紀行。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    • ライブドアブログ