さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

災害・事故・防災

フクシマ -2011-2017-


フクシマ -2011-2017-
土田 ヒロミ

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
四季に移ろう風景から人々が退避しなくてはならなくなった福島。タラの芽の畑の春夏秋冬、放置された家庭菜園、耕地を埋め尽くす太陽光発電パネル…。放射能汚染地域の自然の変容を「定点観測」でとらえた写真集。

津波の霊たち -3・11死と生の物語-


津波の霊たち -3・11死と生の物語-
リチャード・ロイド・パリー 濱野 大道

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
在日20年の英国人ジャーナリストは、東日本大震災発生直後から被災地に通い続け、宮城県石巻市立大川小学校の事故の遺族たちと出会う。取材は相次ぐ「幽霊」の目撃情報と重なり-。「黒い迷宮」の著者による迫真のルポ。

山古志に学ぶ震災の復興


山古志に学ぶ震災の復興
長島 忠美 伊藤 玄二郎

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
復興副大臣として中越地震復興の先頭に立った長島忠美の遺言の書。故郷・山古志を直撃した新潟県中越地震を振り返りながら、震災からの復興や過疎地域の未来について語った生前の取材をまとめる。関係者からの追悼文も収録。

治療の聲 第13巻第1号


治療の聲 第13巻第1号

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から

空気中に浮遊する放射性物質の疑問25 -放射性エアロゾルとは-


空気中に浮遊する放射性物質の疑問25 -放射性エアロゾルとは-
日本エアロゾル学会 五十嵐 康人 長田 直之 福津 久美子
みんなが知りたいシリーズ

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
放射性と放射能は違うの? 身体に入った場合、測ることができる? 吸い込んだものは体のどこへ行くの? マスクで防げる? 放射性エアロゾルの25の疑問に専門家がわかりやすく答える。

原発震災と避難 -原子力政策の転換は可能か-


原発震災と避難 -原子力政策の転換は可能か-
長谷川 公一 山本 薫子
シリーズ被災地から未来を考える

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東日本大震災を生み出した社会的メカニズムを、社会学の現地調査をもとに解明するシリーズ。1は、被災者と被災自治体の苦悩を直視し、原子力政策転換の可能性を追求。実証に根ざして、社会変革に向けた課題を指摘する。

JAL123便墜落事故 -自衛隊&米軍陰謀説の真相-


JAL123便墜落事故 -自衛隊&米軍陰謀説の真相-
杉江 弘

Amazonでの評価:(3.9/5.0)
予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
ジャンボ機飛行時間1万4000時間の世界記録を誇る元・日本航空パイロットが、1985年に墜落したJAL123便のブラックボックスに残された記録をひもとき、巷に横行する陰謀説を粉砕。大惨事の真相に迫る。

復興の日本人論 -誰も書かなかった福島-


復興の日本人論 -誰も書かなかった福島-
川口マーン惠美

Amazonでの評価:(3.4/5.0)
予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
賠償金による住民の分断、事実とほど遠い風評、福島の不幸を喧伝するメディア、ドイツ再エネへの勘違い…。ドイツ在住の作家が“大切な祖国が没落しないために”取材を重ねて綴った、福島をめぐる「日本人論」。

次の震災について本当のことを話してみよう。


次の震災について本当のことを話してみよう。
福和 伸夫

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 6
予想待ち時間: 3か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
国民の半数が被災者になる可能性がある南海トラフ大地震。それは、必ず来る。都会の地盤やビルの危険性、次の大震災の光景を示し、防災対策も紹介。「敵=大震災」をしっかり捉えて、今できることをすぐに始めるための指南書。

東電原発裁判 -福島原発事故の責任を問う-


東電原発裁判 -福島原発事故の責任を問う-
添田 孝史
岩波新書 新赤版

Amazonでの評価:(5.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2017年春、福島原発事故における東京電力の刑事責任を問う初公判が開かれた。津波の予見は不可能とする被告の主張は真実なのか。裁判を通じて明らかにされたデータと証拠から、事故の原因をあらためて検証する。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    最新トラックバック
    • ライブドアブログ