さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

熊谷達也

我は景祐


我は景祐
熊谷 達也

予約数: 9
予想待ち時間: 4か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
国のため、主君のため、侍として、最後まで諦めなかった男-。実在した仙台藩士・若生文十郎景祐ら、奥羽越列藩同盟を導いた誇り高き東北人達の暗闘と、もうひとつの戊辰戦争を描いた時代巨編。『小説新潮』連載を書籍化。

エスケープ・トレイン


エスケープ・トレイン
熊谷 達也

予約数: 9
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
サイクルロードレーサーの小林が所属するエルソレイユ仙台に、世界のトップレベルで戦ってきたレジェンド、梶山が加入した。引退も囁かれていた梶山がなぜ? 梶山の加入でチームは、小林は…。『小説宝石』連載を書籍化。

ティーンズ・エッジ・ロックンロール


ティーンズ・エッジ・ロックンロール
熊谷 達也
実業之日本社文庫

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2010年、宮城県のある港町。高校の軽音楽部の扉を叩いた匠は、部長の美少女・遙と出会い、ライブハウスをつくるという目標を見出す。地元の縁を巻き込み、成長する少年たち。そして、3月11日-。

鮪立の海


鮪立の海
熊谷 達也

予約数: 18
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
三陸の入り江の港町、仙河海。この北の海から、遙か遠方へ。父や兄とともに漁に一生をかけ、その栄枯盛衰を見た男の一代記。気仙沼市をモデルとした架空の町「仙河海」サーガの集大成。『別册文藝春秋』連載を単行本化。

浜の甚兵衛


浜の甚兵衛
熊谷 達也

予約数: 4
予想待ち時間: 2か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
明治29年、三陸大津波が発生。菅原甚兵衛は、沖買船の商売のため洋上にいて難を逃れた。ある日、事故で船を失った甚兵衛は、北洋でのラッコ・オットセイ猟に賭けて出る。『小説現代』連載に加筆修正。

揺らぐ街


揺らぐ街
熊谷 達也

予約数: 5
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
震災以後書けなくなってしまった女流作家と女性編集者は、被災地である仙河海市に向かい…。東日本大震災を見つめ、描き続ける著者が、東京から見た3.11以後を描く。『小説宝石』連載を単行本化。

光降る丘


光降る丘
熊谷 達也
角川文庫

Amazonでの評価:(4.3/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
2008年6月14日。栗駒山中腹の共英地区は凄まじい揺れに呑み込まれた。行方不明になった祖父を捜索する智志を奮い立たせるのは、かつて祖父が話してくれた、戦後開拓時代の物語だった…。

希望の海 -仙河海叙景-


希望の海 -仙河海叙景-
熊谷 達也

予約数: 14
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東日本大震災により失われた日常と、得るべき希望。宮城県在住の直木賞作家が東北の港町に生きる人々の姿を通して描く、再生の物語全9編。「あの日」を描かない連作短編集。『小説すばる』等掲載を加筆・修正。

海峡の鎮魂歌(レクイエム)


海峡の鎮魂歌(レクイエム)
熊谷 達也
新潮文庫

Amazonでの評価:(3.5/5.0)
予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
大火災、空襲、連絡船沈没。函館を襲った三たびの惨劇に遭い、絶望の底から立ち直った不屈の男・泊敬介。運命はこの男を何度突き落とせば気が済むのか-。再生と矜持の感動巨編。

リアスの子


リアスの子
熊谷 達也
光文社文庫

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 3
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
東北の港町・仙河海市の中学校で、3年生の担任になった和也。転入生の希は、何かしら問題を抱えているようだった。和也は教え子たちに一役買ってもらおうとするが…。「七夕しぐれ」「モラトリアムな季節」の続編。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ