さいたま市図書館新着情報(非公式)

さいたま市図書館の新着図書の情報をお知らせします

犀の教室

原子力時代における哲学(犀の教室 Liberal Arts Lab)


原子力時代における哲学(犀の教室 Liberal Arts Lab)
國分 功一郎
犀の教室

予約数: 2
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
原子力の本質的な危険性を早くから指摘していた哲学者マルティン・ハイデッガー。その洞察の秘密はどこにあったのか。知られざるテキスト「放下」を軸にした、壮大なスケールの技術と自然をめぐる連続講演の記録。

ふだんづかいの倫理学


ふだんづかいの倫理学
平尾 昌宏
犀の教室

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
社会も、経済も、政治も、科学も、倫理なしには成り立たない。人生の局面で判断を間違わないために、本当に使える学問とは何か。道徳的混乱に満ちた現代を生きるための倫理学入門。

自衛隊と憲法 -これからの改憲論議のために-


自衛隊と憲法 -これからの改憲論議のために-
木村 草太
犀の教室

予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
自衛隊は憲法に明記すべきなのか? 改憲の是非を論じるために知ってきたい憲法の条文やこれまでの議論、憲法と自衛隊の関係について整理し、憲法9条をはじめとする憲法改正の論点をわかりやすく解説する。

子どもの人権をまもるために


子どもの人権をまもるために
木村 草太 内田 良
犀の教室

Amazonでの評価:(1.0/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 2週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
虐待、貧困、指導死、保育不足…。さまざまな人権侵害から子どもをまもるために、大人にできることとは。憲法学者と現場のアクティビストが手を結び、子どもたちが直面する問題とその解決のために何ができるのかを考える。

儒教が支えた明治維新


儒教が支えた明治維新
小島 毅
犀の教室

Amazonでの評価:(4.5/5.0)
予約数: 1
予想待ち時間: 1か月程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
戊辰戦争の「官軍」を批判し、靖国神社は儒教を思想資源として設立された国家施設であることを主張してきた著者が、日本の歴史の中で儒教が果たしてきた役割を整理。東アジアの中の日本を俯瞰し、明治維新について論じる。

データで読む教育の論点


データで読む教育の論点
舞田 敏彦
犀の教室

Amazonでの評価:(2.3/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
年収と子どもの育ちの関連、職業別の生涯未婚率…。PISA、WVSなどの国際データや、総務省・文科省の調査など、国内外の統計データを解析し、日本の教育問題を「見える化」する。ブログ『データえっせい』を書籍化。

これからの地域再生


これからの地域再生
飯田 泰之 浅川 芳裕 新 雅史 木曽 崇 島原 万丈 広瀬 郁 藤野 英人
犀の教室

Amazonでの評価:(4.0/5.0)
予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
レビューを見る 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
都市経済の活性化を軸に地域再生を論じた書。中規模都市の経済活性化が日本の社会・経済両面にとって必須の課題であることを示し、中規模都市の現状とそれに至る歴史的経緯を整理した上で、活性化に向けた方法を説く。

日本の覚醒のために -内田樹講演集-


日本の覚醒のために -内田樹講演集-
内田 樹
犀の教室

予約数: 12
予想待ち時間: 6か月程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
グローバリズムに翳りがみえてきた資本主義末期に国民国家はどこへ向かうのか? 宗教が担う役割は? ことばの持つ力を子どもたちにどう伝えるか? 内田樹が日本をとりまく喫緊の課題について、情理を尽くして語った講演集。

「文明の衝突」はなぜ起きたのか -対立の煽動がテロの連鎖を生む-


「文明の衝突」はなぜ起きたのか -対立の煽動がテロの連鎖を生む-
薬師院 仁志
犀の教室

予約数: 0
予想待ち時間: 1週程度
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
起きているのはイスラム教圏とキリスト教圏の衝突ではない。格差との闘い、不平等の連鎖との闘いである! 闘争と葛藤が繰り返されてきたヨーロッパ・中東の歴史的経緯を振り返りつつ、世界の緊張を解くための処方箋をさぐる。

日本語とジャーナリズム


日本語とジャーナリズム
武田 徹
犀の教室

予約数: 0
予想待ち時間: なし
図書館で予約する 携帯から
Amazonを見る 携帯から
【内容紹介】
具体的な人間関係に縛られずには発話すら出来ない日本語は、公共的な批評や、ジャーナリズムの道具たりえるのか。ジャーナリズム論的な問題意識、危機感から日本語を省みる。WEB『スクラップブック』連載を書籍化。
記事検索
アクセスカウンター

    タグクラウド
    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ